大盛りあがりGO インターネット関連(ブログ、掲示板、SNS)
FC2ブログ

ヤフー・LINE統合審査、個人情報集積も考慮 公取委

s_ASMCN55SLMCNULFA02T.jpg
ヤフーとLINEのスマートフォンアプリのロゴ

(朝日新聞)

 インターネット検索などのポータルサイト「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)とメッセージアプリLINE(ライン)の経営統合に関する審査について、公正取引委員会の山田昭典事務総長は20日の記者会見で、統合によるデータの集積についても考慮に入れる方針を明らかにした。

 公取委は昨年から、巨大IT企業を念頭に、企業結合ガイドラインの改正作業を進めている。ガイドラインの改正案では、買収や合併による企業結合を審査する際、個人データなどがどの程度集積するかも考慮することになっている。膨大な会員を抱えるIT大手によるネット市場の寡占を防ぐねらいがある。

 ヤフーとLINEの統合について、山田氏は「一般論」と前置きした上で、「改正案についても、これまでの運用事例を踏まえて明確化するのが基本的な趣旨。(ガイドラインの)改正前後にかかわらず、お示ししている考えをベースに判断していくことになる」と述べ、新しいガイドラインに沿って審査する方針を示した。

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/
business/ASMCN55SLMCNULFA02T.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ネット銀行で不正送金被害急増 偽サイトに誘導する手口

s_ASMBZ4HC1MBZUTIL02M.jpg
銀行を装って送られてきたSMS=日本サイバー犯罪対策センター提供(画像を一部加工しています)

(朝日新聞)

 インターネットバンキングの口座から預金が不正送金される被害が9月から急増している。警察庁によると、月別で過去最多の436件、被害総額が過去2番目に多い約4億2600万円を記録した。10月以降も被害が続いているという。

 手口は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で利用者を偽の銀行サイトに誘導して個人情報を入力させ、それを悪用するというもの。これまでの被害件数のピークは2014年の年間1876件(被害総額は約29億1千万円)だった。その後、金融機関が1回の送金に限って有効な「ワンタイムパスワード」を導入するなど対策が強化されて減少。昨年は322件、約4億6100万円、今年も上半期は183件、約1億6600万円と減少傾向が続いていた。

 ところが、8月下旬に被害が増え始めた。大手の銀行を装うSMSが不特定多数の人に送り付けられた。「お客さまの口座は不正利用の可能性があります」「第三者からの不正なアクセスを検知しました」「暗証番号が失効しました」などと不安をあおり、記載したURL(インターネットサイトのアドレス)へ接続して手続きを求める内容だ。電子メールでも送られている。

 リンク先のサイトは各行の本物そっくりの偽サイトで、利用者が要求されるまま契約者番号やワンタイムパスワードを入力すると、直後に犯人側の口座への不正送金がなされ、コンビニや銀行のATMで現金を引き出された。警察庁は、犯人側が偽サイトで利用者から情報をだまし取りながら、同時に正規サイトで利用者を装って送金手続きをしているとみている。

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/life
/ASMBZ4HC1MBZUTIL02M.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

元巨人・上原氏も被害 サインを断り「死ね」と暴言を吐かれた選手も、プロ野球選手・OBを悩ます転売問題

90294945.jpg
上原浩治氏(写真は現役時代)

 元プロ野球選手の上原浩治氏(元巨人他)が、14日に自身のツイッターを更新。大手フリマサイト上に、自身の直筆サイン入りスパイクが出品されていることを当該サイトのスクリーンショット付きで報告した。

 「残念な投稿です」と切り出した上原氏は、「このようなことをされると、もうプレゼント企画とかをしたくなくなるので、止めていただきたいです」、「誰とか、人探しをしたくないので、皆さんの良心でお願いします」と悲痛な心境を吐露している。

 上原氏のサイン入りスパイクを当該サイト上で検索すると、15日午後6時時点で検索結果には表示されず。そのため、今回出品されていたサイン入りスパイクは、上原氏がツイートした14日午後11時31分から15日午後6時までの間に出品が取り下げられたと思われる。

 今回の上原氏に限らず、プロ野球選手・OBが自身のサイン・グッズを巡り、転売やトラブルに巻き込まれてしまう事例は今年もいくつか発生している。

 元プロ野球選手の中村紀洋氏(元近鉄他)は、今年1月29日に更新した自身のツイッターの中で「サインのご要望にもお応えしてきましたが、ここ数年のデータより同じ人が住所を変え また、必要以上な枚数の増加に加え、この度サイン入りカードや、サインした物が販売されている事の報告を受けました」と転売被害に遭っていることを告白。

 その上で、「純粋に応援して下さっている方々には大変申し訳ない気持ちでいっぱいですし、心が痛む思いですが、残念ながら今後一切 送付されてきたサイン依頼につきまして差控えさせて頂くことになりました事、お詫び申し上げます」と今後のサイン対応を取りやめると表明している。

 また、今年1月20日には宮崎祐樹(当時オリックス)が自身のインスタで、共に自主トレを行っていた宮崎敏郎(DeNA)がサインを断られたファンの一部から「死ね」と暴言を吐かれたことや、当該ファンが宮崎敏のカードをビリビリに破いてその場に投げ捨てたことなどを告発。同時に、「もうこんな事しないで欲しい。みんなが来れなくなる。やめて欲しい」と強い憤りを表明している。

 今年も複数の事例が頻発していることを考えると、サイン・グッズ転売の今すぐの撲滅は難しいというのが現状なのかもしれない。

文 / 柴田雅人


記事内の引用について
上原浩治氏の公式ツイッターより
https://twitter.com/TeamUehara
中村紀洋氏の公式ツイッターより
https://twitter.com/Nori_official99
宮崎祐樹の公式インスタグラムより
https://www.instagram.com/miyazaki.yuki.1

https://npn.co.jp/article/detail/90294945/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

学生限定SNS「ひま部」でなりすまし 未成年の性犯罪被害が多発

s_kobe-20191114013.jpg
「学生限定」と銘打った会員制交流サイト「ひま部」の画面。世代や趣味でつながり、電話やメッセージの交換ができる

(神戸新聞)

 「学生限定」と銘打った会員制交流サイト(SNS)「ひま部」を利用して、未成年が犯罪に遭う被害が増えている。昨年、被害者は214人で、兵庫県内でも今年に入り10月末までに10人が性犯罪に遭った。対策が取れず運営会社は年内でのサービス終了を発表。しかし、「なりすまし」で接点を持てるSNSの特性から、警察は「スマートフォンの数だけ犯罪に巻き込まれる恐れがある」とほかのサイトでも注意を促している。

 10月5日、宝塚市の少女(17)に三重県内でみだらな行為をしたとして、同県青少年健全育成条例違反の疑いで住所不定、無職の男(20)が兵庫県警宝塚署に逮捕された(不起訴処分)。同署によると、男はひま部を通じて少女と出会い、無料通信アプリ「LINE(ライン)」でやりとりした後、同県や東京都を連れ回した。

 ひま部は、利用者全体または「中2だけ」「○○好き」などのグループごとに個人の投稿や、不特定多数での通話、メッセージのやりとりができる。利用者数は約800万人。

 登録する肩書は、中高生や大学生、ニートなど。一定の年齢差があると投稿が見られないが、肩書を詐称して登録することもでき、大人が容易に見ず知らずの子どもと接触できる。

 宝塚署の事件では、男は15歳の高校1年になりすまし、少女の「大阪で遊べる人」を求める投稿にコメントした。数回やりとりした後、グループ電話に切り替えてラインのIDを伝え合っていたという。少女は「実際は20歳と聞いて怖くなった」と交番に駆け込んだ。捜査関係者によると、男は別の少女(15)ともひま部を通じて出会い、同様の容疑で警視庁に逮捕されていた。

 ひま部を運営する「nanameue(ナナメウエ)」の石浜嵩博社長は「監視や制限をしているが、ユーザー数が多く抜け穴がある」とし、10月30日に公式ブログで「悪意を持った人たちに悪用され、悲しみを生んでいった」と記し、サービス終了を発表した。

 子どものSNSの利用に詳しい兵庫県立大環境人間学部の竹内和雄准教授(生活指導論)は「『学生限定』だと油断してしまう。実効性のある年齢認証など完全な安全管理システムがない限り、不特定多数の交流サイトは子どもに使わせるべきではない」と指摘している。

     ◇     ◇

■投稿1日600万回警察監視も限界

 会員制交流サイト(SNS)を介した未成年の犯罪被害はここ5年で急激に増えている。本来、接点のない大人と子どもが直接つながることが犯罪の温床になっているが、大量に投稿され、監視にも限界がある。

 「ひま部」はSNSの被害では、ツイッターに次いで2番目に多い。しかし、同じ性被害でも、ツイッターがきっかけになった事件は、年上の男性と疑似デートをして現金やプレゼントを受け取る「パパ活」での被害がほとんど。一方、ひま部は、大人が未成年になりすまして被害者と距離を縮めて出会うことが多いという。

 警察は被害を防ぐため、サイバーパトロールを強化しているが、ひま部での1日の投稿数は600万回を超え、全てのやりとりを監視できない。兵庫県警少年課の担当者は「顔の見えない相手を信用しないで。自分の恥ずかしい写真を送るなど、相手に弱みを握られないよう気を付けてほしい」と訴える。

https://news.goo.ne.jp/article/
kobe/life/kobe-20191114013.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「一般女性I氏に関するトピック」削除へ 嵐・二宮結婚で掲示板「ガールズちゃんねる」が発表

moho.jpg
※イメージ画像

アイドルグループ・嵐の二宮和也さんの結婚を受けて、女性向け掲示板サイト「ガールズちゃんねる」の運営会社は、結婚相手に関するトピック(スレッド)を削除すると発表した。

今後、実名などを書き込んだ場合は「ユーザーが不利益を被る可能性もございます」として、控えるよう呼びかける。

「タイトルに本名が含まれるトピック」を削除
掲示板内で2019年11月14日までに、運営名義の声明が掲載された。

「トピックタイトルに一般女性I氏の本名が含まれるトピック」を対象として、「嵐・二宮和也氏の結婚相手である一般女性I氏に関するトピック」を15日をもってすべて削除し、さらには今後、

「実名」
「顔写真」
「いわゆる『匂わせ行為』をおこなっていたとする指摘」
「その他、同氏のプライバシー権および名誉権を侵害する内容」
などの投稿をした場合、「法的に不利益を被る可能性」があるとして、「お控えいただきますよう運営として告知いたします」と注意喚起している。

文末には「完了ボタン」が設置され、クリックしないと前の画面に戻れないようになっている。

J-CASTニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/17380381/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ