大盛りあがりGO スポーツ
FC2ブログ

珍事!涼しい東京ドームで高校野球の決勝戦を

29644719.jpg
画像はイメージです

 高校野球の試合が“冷暖房付きの東京ドーム”で行われるかもしれない。
 2020年東京五輪・パラリンピックの開催期間前後に神宮球場が「使用中止」となる。メインスタジアムの新国立競技場と隣接しているため、大会期間中は関係者や来賓の待機所、資材置き場として使われる。現時点では“予定”だが、五輪組織委員会は取り消していない。神宮球場を本拠地とするヤクルト球団も代替球場の確保に奔走しているが、五輪期間中、同球場を使用しているのはプロ野球だけではない。高校野球の東京都大会、大学野球なども奔走しており、その一環で、「東京ドームで高校野球の東京都予選を」の提案がされたのである。

「東京都の高野連は今年に入ってすぐ、関係各位に打診していました」(都内高校野球指導者)
 一時期、こんなウワサもあった。東西東京都予選の一部を近郊の千葉、神奈川、埼玉で行う案もある、と――。
 その真偽はともかく、ヤクルト球団でさえ代替球場をいまだ確保できていないのだから、高野連もそれくらい困っているのだろう。そこで急浮上してきたのが東京ドーム使用案である。都高野連の武井克時理事長は東京五輪組織委員会にも出向き、「1回戦から東京ドームを使用できないか」と申し入れた。今年5月、高野連と朝日新聞社による「功労者表彰」に選出されたときも、同理事長は「決勝戦をやる場所がない。大会期間中、東京ドームを借り切ってほしいと大会組織委には伝えている」と話している。
 その都度、言葉を変えているが、東京ドームで高校野球の決勝戦が行われれば、史上初。「炎天下=高校野球」のイメージも変えてしまうかもしれない。

「7月の東京ドームは社会人・都市対抗野球の会場となるので、都高野連の要望通りにはならない可能性のほうが高い。社会人、高校野球、プロ野球で話し合い、棲み分けることになりそう」(アマチュア球界要人)
 巨人も例年以上の地方遠征を強いられそうだ。同じ東京の球団である以上、ヤクルトと東京ドームを棲み分けなければならない。ドーム球場は天候に左右されないので、社会人、高校野球がSOSを出してきたのは当然のことかもしれない。

「ヤクルトは札幌ドームにも打診を入れたみたいですが、日本ハムとの棲み分け、さらに五輪サッカーの会場にもなるため、札幌市は短期間しか貸せないとの返答をしました。12球団は五輪野球のため、主力選手も派遣しなければなりません。主力を失い、球場も確保できない、そのうえ、高校野球にも配慮しなければならないのですから、五輪期間はかなり苦労させられそうです」(前出・スポーツ紙記者)
 高校野球といえば、吹奏楽部、チアガールなどによる華やかな応援でも有名だ。しかし、ドーム球場では大音量となってしまう。そうなると、試合中の選手間の声掛けにも影響する。こうした球場の特徴を考え、規制が加えられる可能性もあり、「高校野球らしくない」と思うファンも出るだろう。

 もっとも、オトナの偏見かもしれないが、炎天下で熱中症を気にしながらやるよりも、快適なドーム球場のほうが好プレーも期待できるのではないだろうか。2020年、高校野球に新しい歴史が刻まれ、東京ドームはフル稼働となりそうだ。(スポーツライター・飯山満)

https://npn.co.jp/article/detail/29644719/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

誤審続きの甲子園に批判殺到! 高野連がそれでもビデオ判定を導入しない理由とは?

74607727.jpg
画像はイメージです

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会で、審判員による誤審が勝敗に大きく影響するケースが相次いでいる。

 甲子園大会初日の中越高校対慶應義塾高校戦では、同点で迎えた8回、1アウト1塁3塁で中越がスクイズを敢行するも、空振り。サードランナーは慌ててサードに帰塁するが、捕手からのボールが三塁へ転送される。

 アウトのタイミングではあったが、サードランナーがヘッドスライディングをしたため、三塁手はタッチができず、「空タッチ」に。慶應義塾の三塁手がそれでもなぜかタッチをアピールすると、なんとアウトの判定。VTRに映し出されるプレーの様子は、明らかにタッチしておらずセーフだった。

 結局この回、中越は勝ち越すことができず、慶應義塾が9回の裏にサヨナラ勝ち。仮にこのプレーがセーフだった場合、中越が勝ち越しそのまま勝利していた可能性もあった。

 また、翌日の佐久長聖高校対旭川大学高校戦でも、佐久長聖1点ビハインドの8回、ツーアウトから打者の打った落下ギリギリのフライをレフトがスライディングキャッチ。誰の目から見ても、ボールはレフトのグローブに収められていた。

 ところが三塁塁審は、何を思ったかワンバウンドの判定。一度「チェンジ」と思った投手は気持ちの切り替えができず、次打者にフォアボールを与える。さらに、次の打者のフライを動揺したレフトがグローブに当て落球。2点が入り、逆転となった。

 この後、旭川大学高校が追いつき延長に入り、大会史上初のタイブレークになるのだが、その裏には重大な「誤審」があった。この件については、現在も北海道を中心に怒りの声が上がっており、「ふざけるな」「やり直すべきだ」「謝罪しろ」など批判の声が現在も上がっている。

 当然、プロ野球のようにビデオ判定を導入しろという声も多い。しかし、高野連はそのような動きを全く見せず。たとえ間違っていたとしても、「審判は絶対」と考えているようだ。

 なぜ、ビデオ判定に消極的なのか。野球関係者はこう話す。

 「先進的なことを一切導入したくないのでしょう。それこそ軍隊のように、年齢が上である審判員に対し、高校生は『絶対服従』を強いたいのだろうなと。非常に、古い考え方がはびこっている世界なので。

 高校野球の審判は、ほぼボランティアで、酷暑のなかベンチに入れずグラウンドに立っているわけですから、気分が悪くなるケースや、判断力が鈍ることは容易に想像できます。誤審はある種仕方のない部分もある。

 ビデオ確認ではしっかりと検証できるわけですから、審判員にとっても負担が減るので、制度で導入すべきだと思います。しかし、高野連は誤審を無くすことよりも審判の名誉優先ということなのでしょう。

 これはあくまでも噂ですが、人気高校になると収益を考えて審判が贔屓して勝たせるということもあるようです。今年地方大会で大阪桐蔭が履正社に9回2アウトから4四球で逆転しましたが、あの件について懐疑的な視線を向ける人も少なくありません」

 熱中症対策に無頓着であるなど、時代に追いつかないことが多い高野連。野球に限らずサッカー・ラグビーなど、誤審の防止を目的としたVTR検証は世界的な「流れ」なのだが、高校野球は間違った判定も審判がすれば、たとえ間違っていたとしても正解ということのようだ。

取材・文・櫻井哲夫

https://npn.co.jp/article/detail/60650258/

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

中高生、熱中症死の25.3%が野球部員 根強い「根性論」の指導法を指摘する声も

74607727.jpg
中高生、熱中症死の25.3%が野球部員 根強い「根性論」の指導法を指摘する声も

 9日、日本スポーツ振興センター(JSC)が高校や中学のクラブ活動中に熱中症で死亡した学生のクラブ別人数を公開。その結果、野球部が全体の25.3%を占めていることが判明し、驚きの声が広がっている。

 JSCは学校が管理する活動中に発生した災害について、医療費や見舞金を支給する「災害共済給付制度」の死亡見舞金の支給データを基に、熱中症で死亡した中高生の人数を調査。

 その結果、昭和50年から平成29年の間で、クラブ活動中に熱中症で亡くなった146人のうち、野球部が37人と突出して多く、2位のラグビー部17人を大きく上回る数字となった事が判明。JSCはこの原因について、競技人口の多さと練習時間の長さが原因ではないかと分析している。

 また、平成2年から24年の間に熱中症で亡くなった野球部部員18人のうち、実に高校1年生が11人と突出して多いことも判明。これについては、初心者や肥満気味の部員が練習終了間際に倒れている傾向があるとJSCは指摘した。

 異常なほど野球部員が熱中症で亡くなっているというデータに、ネットユーザーからは「野球は危険すぎる」「暑いなかでダラダラ練習しているのだから当然」など、納得する声が。一方で「競技人口が多いことが原因」「人口を考えるとラグビーのほうが異常」と指摘するネットユーザーもいた。

 元高校球児のAさんはこう指摘する。

 「野球部の指導者は基本的に考え方が古いことが多いです。最近は水分補給をさせないチームはなくなりましたが、昔は『水を飲むとバテるのが早くなるから飲むな』と指導し、選手が倒れることはザラでした。

 また、学生野球の場合、練習時間が長いことが正しいと考える傾向があり、炎天下で無駄にグラウンドを走らせる、素振りを延々とやらせるなどが多い。特に1年生は、体力作りと称して基礎練習をやらされた上、上級生に無茶な注文をつけられることがあり、体力も心もすり減らしてしまう。

 私も真夏にグラウンド30周、50メートルダッシュ30本やらされ、もちろん水分補給はなし。その後フリーバッティングやシートノックで球拾いをやらされ、グラウンドに立ちっぱなし。なんとかトイレに行くふりをして水を飲みました。

 そんな経験をしている指導者が多いので、『俺たちの頃は水など飲めなかった』『暑さに耐えて猛練習を積むことが正義』と思ってしまうんでしょう。もちろん、これは野球だけではなく、他のスポーツにも言えることです。根性主義や苦難に耐えることがスポーツではなく、競技を楽しみ結果が出る喜びを味わうことが本来の目的だと思います」

 「根性主義」が未だ色濃い日本のスポーツ界。中でも高校野球は酷暑に耐えることを強いており異常と言わざるを得ない。このままで本当に良いのか、考え直す必要があるのではないだろうか。

https://npn.co.jp/article/detail/74607727/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

阪神・ナバーロが来日初の猛打賞 打線爆発12安打8得点で3連勝

m_20180811133.jpg
9回、右前打を放つ阪神・ナバーロ

(デイリースポーツ)

 「DeNA3−8阪神」(11日、横浜スタジアム)

 阪神が12安打8得点と打線爆発で今季7度目の3連勝。

 試合は終始、阪神のペースで進んだ。二回、鳥谷の右前適時打で先制し、梅野の5号2ランでこの回3点を先制。さらに続く三回にはロサリオの左前適時打で4点目を奪った。四回にDeNA・大和に右前適時打を浴び、2点を失ったが打線が先発・小野を援護する。

 六回だ。先頭の梅野が左翼線を破る二塁打でチャンスメークすると、無死一、三塁から糸原が三塁線を破る適時二塁打。北條の中犠飛を挟み、ロサリオ、ナバーロの適時打でこの回4点を奪って、一気にリードを広げた。ナバーロは3安打で来日初の猛打賞。

 先発の小野は5点リードの八回、2死満塁のピンチを招き、藤川に救援を仰いだが、大和を1球で遊ゴロに打ち取って無失点。最後は岩崎が締めた。小野は自己最長の7回2/3を投げて、8安打3失点。自己最多タイの9奪三振で6勝目(3敗)を手にした。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20180811133.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

「リクエスト」で判定覆った審判はレッドカードで退場処分!

170d5_759_ddcff808_06ba1111.jpg
通算201勝の平松氏(共同通信社)

 プロ野球で今季から導入された「申告敬遠」「リクエスト」の2つのルール改正は賛否両論を巻き起こしている。“カミソリシュート”を武器に通算201勝を挙げ、野球殿堂入りを果たした平松政次氏(70)は、「野球の醍醐味が変わってしまう」と危惧する。

 * * *
 1965年のドラフト制度以降、DH(指名打者)にFA制度と、メジャーに倣ってルールが改正されてきたが、近年は納得いかないものが多い。「申告敬遠」がまさにそうだよね。

 球審に敬遠の意思を伝えれば投げなくて済むのだから、ピッチャーにとっては楽でしょう。ただ、たった4球が数々のドラマを生んできたのも事実。元阪神の小林繁が、開幕戦の9回2死一、三塁から敬遠球を暴投してサヨナラ負けした試合(1982年)や、新庄剛志(当時阪神)が敬遠球をサヨナラヒットしたこともあった(1999年)。客席からもヤジが飛び、全力で投げなかった4球が次の打者への投球に影響したものだ。

 一昨年から導入されているコリジョン(衝突)ルールだって、野球の醍醐味がなくなってしまうよ。外野からの返球が逸れるのは当たり前。ランナーはキャッチャーをかい潜ってホームにタッチするのが見どころであって、その迫力が半減したと感じるのは私だけではないと思う。

 一番首を傾げたくなるのは「リクエスト制」だね。そもそもメジャーでは、「チャレンジ」として導入されていて、スタジオにいる分析官が一括して判定を下す仕組み。対して日本の「リクエスト」は、判定した審判本人が自分で映像を確認して判定を覆す。

 これは「私の眼は節穴です」と認めているようなもので、審判にとっては屈辱的なことのはず。昔は“俺がルールブックだ”と、三原(脩)監督の抗議を退けた審判・二出川延明さんのように、「審判の判定は絶対」が野球の基本だったんだけどな。

 驚いたのは、今年の前半戦で判定が覆ったケースは全体の35%にものぼるということ。私には、際どい判定の時、審判に「どうせリクエストになるだろう」という気持ちが働いて、判定に真剣さが足りないのではないか、と思えてならない。

 選手同様、審判にとっても「プレーは1回きり」の真剣勝負。この「リクエスト制」が今後も続くなら、得点や勝敗に直接かかわるような誤審をした審判にはレッドカードを出したらどうか。ミスジャッジしても点数に絡まなければイエローカードで厳重注意。先日(6月22日)のオリックス対ソフトバンク戦のようなとんでもないケース(※)は無期限出場停止にする。そうすれば、真剣に判定するんじゃないか。

【※一度はファウルと判定された打球が「リクエスト」の結果本塁打となったが、試合後の再検証でファウルだったと審判団が“誤審”を認めた】

※週刊ポスト2018年8月17・24日号

NEWSポストセブン

http://news.livedoor.com/article/detail/15145873/

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ