5af72_1292_8f615163_83e01f05-m.jpg  

●炊きたてごはんにはやっぱり卵!

 新米の季節になりました。炊きたての新米ごはんはふっくらしていて、本当においしいですよね。ごはんのおともと言えば、やっぱり卵。熱々のごはんと、ねっとり濃厚な卵のコンビネーションは最高です!

 卵ごはんといえば、生卵をごはんに落としてしょうゆを垂らすのが王道ですが、今回はご自宅にある材料で作れる卵ごはんアレンジを紹介します。

●生卵、温泉卵、揚げ卵…いろいろ楽しめる卵の持ち味

 ところで卵はどのように食べるのがお好きですか?ねっとりと濃厚な生卵はもちろん、ぷるぷる食感の温泉卵もおいしいですよね。タイなどでよく食べられる揚げ卵も、カリッと香ばしくておすすめです。

 今回ご紹介するのは、それらの調理法を使った3種類の卵ごはんです。

 【卵黄+のりの佃煮+ゆずこしょう】は、濃厚な生の卵黄に、2種の薬味が絶妙にマッチ。【温泉卵+わさびじょうゆ】は、ぷるぷるの温泉卵とピリッと辛いわさびの香りが最高!【揚げ卵+ナンプラー】は、お好みでピーナッツをちらすと、タイ料理感が倍増しますよ。

 新米と卵の黄金コンビで、おいしい秋を満喫してくださいね。


●卵黄+のりの佃煮+ゆずこしょう

 炊きたてのごはん1杯分を茶碗に盛り、市販ののりの佃煮、ゆずこしょう各適量、卵黄1個分をごはんにのせる。


●温泉卵+わさびじょうゆ

 炊きたてのごはん1杯分を茶碗に盛り、温泉卵1個をのせ、わさびじょうゆ適量をかける。


●揚げ卵+ナンプラー

1.小さなフライパンに揚げ油適量を入れ(揚げ油は多めのほうがよい)、200℃くらいまで温度を上げる。
2.卵1個分を静かに割り入れ、卵白で卵黄を包み込むように形を整え、お好みの揚げ加減で取り出し、油をきる。
3.炊きたてのごはん1杯分を茶碗に盛り、2をごはんにのせて、香菜適量を飾り、ナンプラー少々をかける。
(文=食の蔵からレシピニュース編集部)