チョコレートはイライラを解消してくれない!?

写真拡大

イライラしたときや疲れたときにチョコレートなどの甘い物が食べたくなりますよね。食べると気持ちも落ちつき元気になれる気がしますが、実はイライラしたときや疲れたときにチョコレートを食べてしまうと、余計にイライラを発展させることになるかも……? 気持ちや体と向き合って、上手に美味しいチョコレートを食べるのがお勧めです。

チョコレートが食べたくなるわけ

チョコレートのように、イライラ時に甘い物が食べたくなるわけは、一つに神経伝達物質でもあるセロトニン不足ということがあります。セロトニンの分泌が少なくなると、気持ちがモヤモヤしたり焦ったりと、内面がぐちゃぐちゃに。気持ちを落ち着かせるために、脳はセロトニンの分泌を施しますが足りない部分を補うために脳内でブドウ糖を必要とします。
もう一つはチョコレート依存かもしれません。チョコレートを食べると幸福感を味わえる、という実験結果があり、脳内では麻薬をとり入れたときと同じ働きをしているとも言われています。そのため、イライラ時の精神的不安定を取り除きたいがためにいつもチョコレートを食べることをしていると、チョコレート依存の可能性もあります。

セロトニンの材料

チョコレートに依存していたとしても、イライラを解消するためにはセロトニンの分泌が必要になります。しかしセロトニンの材料はチョコレートではないので、チョコレートを食べただけでは糖分や油分の過剰摂取により、余計に体内でイライラを発展させてしまいます。また依存していたならなおさらチョコレートを欲してしまうので、体が糖分と油分でむしばまれます。
セロトニンが必要な材料はトリプトファンというアミノ酸から作られた成分です。アミノ酸といえばタンパク質から体内で生成されるものです。そのためトリプトファンを作るためには、タンパク質である肉や魚、乳製品などが必要になります。それなのに勘違いして甘い物に走っていても、トリプトファンが足りなければセロトニンの材料がないためイライラの解消には役立ちません。

でもチョコレートも効果あり?

普段からタンパク質などに気をつけて食事をしている人にとって、チョコレートはイライラを解消してくれます。実際にイライラすると糖分を欲しがるのは、脳内にブドウ糖が足りていないから。しかも、脳内にトリプトファンを運ぶためにはブドウ糖が必要なので、どちらにせよ炭水化物が必要になってきます。夕方などだんだんと疲れが溜ってきたときなどにチョコレートを一口食べれば、体内でブドウ糖に変換され、脳にトリプトファンを運べる手助けをすることができ、セロトニン分泌を施すことができます。

チョコレートがどうしても食べたい時

疲れたときにどうしてもチョコレートが食べたくなったら、タンパク質の豊富なアーモンド入りのチョコレートがお勧めです。一時的に少量を食べる程度にしておけば、依存も避けることができますよね。ストレスが多い人はチョコレートはなるべく避けて、イライラした時にはアーモンドや、他にもチーズやヨーグルトなど、トリプトファンが多く生成される食品をとる方がお勧めです。