大盛りあがりGO 胡散臭い人体の不思議展
FC2ブログ

胡散臭い人体の不思議展

さて、つい先日、人体の不思議展という記事を書いたが、
少し興味があって、事の成り行きなどを、ネットで調べていた。
(その分、ブログ更新が遅くなったけど…)

ほんの少し調べただけでも、かなり胡散臭いことが、
出てくるわ、出てくるわ…
グロイ画像や、遺体の粗末な扱いに、吐き気さえした。

まず、この「人体の不思議展」なる催しの成り行きから
胡散臭い経緯がある。長くなるがWikiから引用する。


人体の不思議展 Wiki

人体の不思議展(じんたいのふしぎてん)とは
人間の死体の実物に樹脂加工をほどこし
スライスしたものや
さまざまなポーズをとらせたものなどが
多数展示された展示会のこと。

概要
このような展示会はグンター・フォン・ハーゲンスが開発し
数カ国で特許を取得しているプラスティネーション
という技術によって可能になった。

従来は死体の実物の標本といえば、
ホルマリン液漬けになっているものや剥製のようなものであった。
それがプラスティネーション技術をもちいて
組織液を合成樹脂に置き換えることにより、
臓器を腐らない状態でしかも生々しい外見で
長期間展示できるようになったのである。


ハーゲンスはプラスティネーション協会Institute for Plastination(IfP)なる団体を設立、
そして1995年より「Body worlds」という名称の
プラスティネーションによって加工した死体を見せる展示会を世界各地で行うようになった。
ハーゲンスは中国の大連でVon Hagens Dalian Plastination Ltdを設立・所有、
同地で死体加工工場を経営し大量の死体標本を制作している。

この展示会は一時期は画期的とみなされ(当初から一部の批判はあったものの)
概して高く評価する声が多かったが、
その後は深刻な人権侵害を引き起こしていると指摘され問題視されるようになってきている

(日本では日本医師会や高久史麿日本医学会会長から死体解剖保存法違反と指摘がされ始めている)。

フランスでは2009年、裁判所が展示会の中止を命ずる判決を下した。

経緯
日本では1996年から1998年ころまで各地で「人体の不思議展」が開催され、
人間の死体をスライス(輪切り)にしたものや、
(他の臓器は取り除き)血管網だけを選択的に残した標本、
胎児を子宮に入れた状態の女性(妊婦)の死体の実物の標本、
(皮膚を剥がされた)筋肉や内臓だけの死体の実物標本が
スポーツをしているポーズをとっているもの、

あるいは動物の死体のプラスティネーション標本 
等々等々、従来一般には見られなかったような死体標本が数々展示され、
人々の関心を集め、マスコミでもさかんに宣伝され、多くの人々が来場した。
1996-1998年の日本の「人体の不思議展」は、
ハーゲンスのプラスティネーション協会と日本の主催者とが提携して行われたものであった。

ハーゲンス(プラスティネーション協会)は、
「人体の不思議展」のような世界各地での展示会へ標本を貸し出すことによって、
かなりの金額の利益を上げているとされる。
1998年から1999年ころに
日本側の主催者とグンター・フォン・ハーゲンスとの間で契約内容で揉めて、
プラスティネーション協会と共同での開催はとり止めとなり、
展示に使われていた多数の標本も
プラスティネーション協会に返却され、
人体の不思議展は一旦は終了することになった。

だが、その後に主催団体の構成が変わり、
ハーゲンスのプラスティネーション協会とは別の団体
(ハーゲンスの団体のやりかたを模倣した中国人の団体)
によって中国の地で新たに加工された死体標本を用いて、
2002年から「新・人体の不思議展」と銘打って再び開催されるようになった。

(「新」という文字は後に取り除かれ、結局再び「人体の不思議展」という名称になった)。
中国人による団体というのは、
ハーゲンスの死体加工場で勤務した中国人らが
ハーゲンスのプラスティネーションの技術やノウハウをそっくり真似し、
彼ら自身で加工するようになったもの、
と指摘されている。
そこで用いられている死体加工の技術は「プラストミック」と表示されてはいるが、
実質的にはハーゲンスのプラスティネーションと同一のものだろうと指摘されている。

展示されている人体は、主として中国において人間の死体を加工、標本化したものである。
そしてその死体が非人道的なやり方で調達され標本にされている、と指摘されている。


中国政府は、政府の思い通りにならない人々を
大量に死刑にすることによって
殺害していると言われるが、

そうして殺した人々の人体を
本人の事前承諾も家族の承諾も無く勝手に加工して売買している
という疑惑がもちあがっている。

こうして非人道的なやり方で作られ売買された死体が
「人体の不思議展」に展示されている
可能性が高いと指摘されているのである(瀬戸弘幸)。

中国政府は、死体を勝手に売買し、死体を見せ物にすることで
死者の尊厳を奪っているとも批判されている。

「人体の不思議展」の主催者側(人体の不思議展実行委員会)は
「死体の提供は同意を得ている」
となどと表示したりしている。

だが、それに関する証拠は提示されていない。
主催者側は、疑念を抱いた人々やグループから
死体標本の献体証明書の開示を求められても拒否するばかりで開示していない。


「人体の不思議展」の人体標本は当初、
協力施設として南京大学が表示されており、
報道でも南京大学の研究施設から貸与などと報じられていたが、
南京大学はこれを否定して抗議を行っている。

フランスでは、2009年4月21日に裁判所が、
パリで開かれている人体展の中止を命ずる判決を出した。

山口県で開催されることになった際には、
山口県保険医協会は2010年3月5日に
財団法人山口県国際総合センターに対して
『法と社会通念にそぐわない「人体の不思議展」の中止を求める要請』
という文書を提出した。

新潟で2010年夏に「人体の不思議展」が行われる予定となり、
2010年4月20日新潟県保険医会は
「人体の不思議展」開催中止を求める声明を発表した。
5月17日には同保険医会から新潟県弁護士会に対して
「人体の不思議展」の開催中止への協力を要請する文書が送られた。
だが、結局同年夏に「人体の不思議展」は新潟で開催された。
5万人以上が来場したという。

2011年1月、「人体の不思議展」で展示されてる標本は
法律上の遺体であるとして、
死体解剖保存法違反の疑いで京都府警が捜査を開始した。
また、標本が中国から日本に持ち込まれた経緯に不透明な部分があるなどとして、
京都府保険医協会などが刑事告発を行っていることが報道された。
厚生労働省医政局は、展示されている標本について、
基本的には遺体であり、
死体解剖保存法に抵触する可能性については、
最終的に司法の判断になるとの見解を示した。



なるほど…

当初はプラスチネーションと名乗っていた技術が、
途中からプラストミックと変わったのは、
日本側の主催者が開発者のマッド・サイエンティストと
袂を分かち、模倣した中国側についたからなんですね。


納得。


ところで、この開発者の
マッド・サイエンティスト、ハーゲンスなんですが、
一昨年の秋ごろ、
遺体を加工してSEXのポーズを取らせて展示しようとしていたのを知ってますか?

「Dr.Death」プラスティネーションの第一人者、ハーゲンスに対し、アウクスブルグの裁判所が遺体の展示を違法と判断

「プラスティネーション」とよばれる技術を用いて
防腐処理を施した200体の男女の遺体をつかって、
死とセックスをテーマに
人体標本展を催していたドイツの解剖学者、
グンター・フォン・ハーゲンス(64歳)に対し、
アウクスブルクの裁判所が
これを人間の尊厳を侵犯したとして違法と判断。
これを受けてハーゲンスは
展示物である200の遺体の切断をはじめました。

ポーランド出身、後、西ドイツに亡命したハーゲンスは、
1977年、「プラスティネーション」とよばれる人体標本製作を開発し、
世界各国で「Body World(最初の開催国は日本。
「人体の不思議展」と銘打たれて催されました。
この後世界各国50の都市で催され、
現在までに2800万人以上の人々が観覧したといわれています)」

を開催して物議をまきおこしていました。

ところが200の遺体を用いた今回のテーマは「死とセックス」。
文字通り、夫婦の営みを露わにした展示に怒ったのが
バイエルン州アウクスブルグの市職員ら。
人間の尊厳を冒涜するものとして、訴えを起こしていました。

地元の教会などからも展示遺体に覆いをかけるよう求められていましたが、ハーゲンスは抵抗。
男女の遺体が性行為をおこなう姿などを露わに展示していましたが、
このたび裁判所で違法と判断されたため、
鋸をつかってハーゲンス自ら遺体を取り壊す作業をはじめたということです。

(画像はクリックして拡大しますが、グロ注意)
grotesqueness.jpg
Remains cutting

鋸を使って解体とか、完全にモノ扱いだな。
死者に対する尊厳もなにもない。

しかもこんなSEXポーズ取らせるとか、
そんなの生前に誰が許可したり同意するんだよ…

この男女は死後にまで
自分の遺体が背面騎乗位でHしてるポーズで、
衆目に晒されるとは思わなかっただろうな。

明らかに遺体を粗末に扱ってますね。
無理にこんなポーズ取らせたり、
スポーツしてる格好させたりすると、
どうなるか分かるでしょう?
へたすりゃ筋肉の繊維がちぎれたりするでしょう?

これは学術的価値などなにもない、
単なる死体で遊びまショーじゃねえかよ。

こんなマッド・サイエンティストから派生した団体が
主催する「人体の不思議展」が、どういうものかは
推して知るべし…でしょうよ。
関連記事

テーマ : こんなん見つけましたvv
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ