大盛りあがりGO セントルイス・ブルース Saint Louis Blues
FC2ブログ

セントルイス・ブルース Saint Louis Blues

プレイズ・W.C.ハンディプレイズ・W.C.ハンディ
(2013/09/11)
ルイ・アームストロング

商品詳細を見る


日曜日の夕方、TVで「笑点」を見ていたら、
林家木久扇が「いやんばか~ん」と歌っていたので、
つい、セントルイス・ブルースが浮かんだwwww

セントルイス・ブルースは
「ブルースの父」といわれた
W.C.ハンディの曲ですが、
もっとも有名な演奏が
ルイ・アームストロングが
アルバム「プレイズ・W.C.ハンディ」で演奏したものだろう。

言わずもがな、ルイ・アームストロングは
サッチモの愛称で知られる
ジャズ・トランぺッターの重鎮ですね。

彼が特徴的なダミ声で歌う
「この素晴らしき世界 What a Wonderful World」は
誰しもが知ってるスタンダードで、
いろんな人がカバーしています。

それはともかく、このサッチモの
セントルイス・ブルースは、
アルバムの冒頭を飾る9分近くの名演です。
サッチモのペットに始まり、
女性ヴォーカルのヴェルマ・ミドルトンの歌、
サッチモの歌、
クラリネットのソロ、
サッチモとヴェルマの歌の掛け合い、
トロンボーンのソロから、
バンドの合奏でエンディングに…
というのが、大まかな流れですが、
演奏自体は時代を感じるものの、
(1954年)
名演には違いありません。

こういう昔のモノラル録音を聴いて
現代のデジタル化された音に
慣れ親しんだ耳の人には
古臭いとしか感じられないかもしれません。

俺は決して、そうとは思わないんですけどね。
音楽は古いとか新しいじゃなくて
良いか悪いか、ってことです。
もちろん個人の好き嫌いもありますが、
こういった古いジャズも
決して悪くはないと思う次第です。

ところで林家木久扇(初代・木久蔵)さんの
「いやんばか~ん…」なんですが、
クレジットを見たら、作曲者は
William Christopher Handy
ちゃんと、W.C.ハンディさんの名前が
クレジットされていました。

セントルイス・ブルースをパクったと
思ってたんですがwwww
ちゃんとした?替え歌だったんですねwwwww


関連記事

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ