大盛りあがりGO 和歌山県民の5人に3人は冷凍みかん“経験なし”
FC2ブログ

和歌山県民の5人に3人は冷凍みかん“経験なし”

178eb_1615_0b05fff60317303c7295b79434acc154.jpg
スーパーなどの店頭では、みかんが並ぶ季節になってきました。皮を剥いてそのまま食べるのはもちろんですが、冷凍して食べる「冷凍みかん」も美味しいですよね。ウェザーニュースでは、2019年11月6~7日に冷凍みかんに関する調査を実施。9006人の回答を集計した結果、全国の85%が食べたことがあるということが分かりました。子どもの頃に給食で食べてた、電車の中で食べたという方が多いようです。

食べた経験のある和歌山県民は40%

51865_1615_5e486e1f4a6a6b74aaac8a1a7cc0d19b.jpg
都道府県ごとに見ると、関東を中心とした東北南部から中国地方の都府県では、80%以上が「食べたことがある」と回答。一方、北海道や九州など関東から離れた地域では、食べたことある人がやや少ないという傾向が見られました。中でも、みかんの出荷量(平成30年産)が日本で最も多い和歌山県では、冷凍みかんを食べたことがあるのは40%と半数以下という結果となりました。この理由は、冷凍みかんの発祥に関係があるようです。

小田原駅で初めて発売された

6d0dd_1615_4ba6d44696f6d77454f11a615d450a15.jpg
冷凍みかんが初めて発売されたのは1956(昭和31)年夏、東海道本線小田原駅の鉄道弘済会売店(後のキヨスク)でした。製造したのは地元・小田原市国府津の株式会社井上(井上直也社長)です。鈴木正広常務によると、同社はもともと網袋入りのみかんを弘済会に卸していました。先々代の井上仙蔵社長が「夏場に売れる商品はないか」と話すうち、みかんを冷凍することを思いついたそうです。仙蔵氏はマグロなどの冷凍技術に長けた大洋漁業(現・マルハニチロ水産)に相談して冷凍みかんを開発。試しに小田原駅で販売してみたところ「これが爆発的に売れた」といいます。弘済会はすぐに販売範囲を広げ、小田原から北は青森まで、東日本地域の主要駅で販売されるようになりました。

このため、小田原に近い地域ほど、冷凍みかんが流通し、多くの方が食べていたのかもしれませんね。秋の行楽シーズンで電車などを使ってお出かけする機会が増える時期。旅の途中で見かけたら、久々に食べてみるのはいかがでしょうか。

ウェザーニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/17378567/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ