大盛りあがりGO 江戸時代「おもち」は高級品だった? 「鏡餅」の由来は? 意外と知らないおもちトリビア
FC2ブログ

江戸時代「おもち」は高級品だった? 「鏡餅」の由来は? 意外と知らないおもちトリビア

41231363.jpg
画像はイメージです

 お正月の定番食材といえばお餅だ。お雑煮、お汁粉、焼き餅とさまざまな食べ方がある。今はどこにでもある食材のひとつだが、かつては高級品として扱われていた。

 今でも丸い餅を「鏡餅」として神様の前にお供えする風習がある。この丸みは、三種の神器である八咫鏡(やたのかがみ)の丸い形、人間の心臓の形、人間関係の円満さなどがその由来だとされる。さらに長寿祝いに出される餅も「長持ち」と引っかけて、長寿を祈願する意味合いがある。このように、餅と日本の伝統文化には深い関わりがある。

 今は餅と言えばお正月のみに食べるものとされているが、当時は一年中食べられていた。特におめでたい「ハレの日」に口にする食べ物として知られた。新年もそのひとつであり、餅が用意されたのだ。

 昔は年末になると専門の職人が街に餅を売りに来て、庶民はそれを買った。餅を買うことで「今年も年を越すことができた」と安堵するのだ。年末の臨時収入を「餅代」と呼ぶのはこのなごりだ。一方で金持ちの場合は豪勢で、自宅に餅職人を呼び、その場でつきたての餅を食すこともあったようだ。

 さらに餅は主食として食べられるばかりではなく、和菓子の原料ともなった。今ならばどこでも売られているわらび餅は、植物のわらびを加工して取り出したでんぷんから作るもの。江戸時代は超高級食材だった。

 通常の餅であっても、庶民の誰もが口にできたわけではない。お正月の定番メニューである雑煮も、餅入りのものは高級品とされた。餅を買うお金のない人間は、里芋を入れて餅の代わりにしたという。現在、お雑煮の食材の定番となっている里芋であるが、あの粘り気で餅の代用品にもなっていたのだ。

 お餅ひとつ取っても、日本文化と日本人との深い関わりが見てとれるエピソードがたくさんあることが分かるだろう。

https://npn.co.jp/article/detail/41231363/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ