大盛りあがりGO 本物の神戸ビーフはどこに 格安店続々出現の裏側
FC2ブログ

本物の神戸ビーフはどこに 格安店続々出現の裏側

d7f11_368_56a81b7b559a1e74d73cb5937f84b093.jpg
 高級和牛ブランド「神戸ビーフ」をめぐり、地元の関係者がブランド管理に苦慮している。

 外国人観光客(インバウンド)の増加に伴い、需要が急激に増えて価格が高騰。食肉の生産者や流通業者らでつくる認定団体「神戸肉流通推進協議会」(神戸市)は神戸ビーフの提供を保証する登録店の利用を促しているが、神戸の繁華街・三宮地区を中心に次々と現れる格安な「神戸ビーフの店」の勢いに押されている。こうした店の実態は不明だが、人気ブランドには必ずといっていいほどニセモノが現れる。本物の定義が消費者に浸透していない現状が混乱を招いているといえ、協議会は調査や発進力強化に力を入れる。知名度の高さゆえに加速を続ける「神戸ビーフ狂想曲」の裏側とは。(西山瑞穂)

正直者が「泣き」を見る

 昨冬、協議会の担当者らが神戸市内で人気の老舗ステーキ店を訪れ、聞き取り調査した。この店は2種類のステーキを提供し、それぞれ「神戸牛」「特選神戸牛」と表記。しかし、協議会に「神戸ビーフにしては安い」との情報提供があり、調査に踏み切った。

 聞き取りに対し、店側は「メニュー表記は昔からずっと同じように続けていたが、神戸ビーフではない和牛を使っている」と回答。協議会側は「協議会が認定していないものについて、神戸ビーフなどの紛らわしい表記をしないように」と指導した。

 ある業界関係者は「老舗店の中には『神戸で提供するおいしい肉が神戸ビーフ』との考え方もある。ブランドの価値を高めるにはルールを守ることが前提で、ルール内で営業している店が泣きをみるのは問題だ」と危機感を募らせるが、協議会側は「一つ一つ調べるには人手が足りない」と打ち明ける。

ホンモノには兵庫県花の紋章

 この問題には神戸ビーフのブランド化の歴史が関係している。

 神戸開港とともに食肉文化が広まった明治時代以降、兵庫県内で農家の作業用に飼育されていた但馬牛の味が外国人に評価されたことから、但馬牛は「神戸ビーフ」として世界に知られるようになった。県北部にルーツを持つ但馬牛は地域柄、ほかの牛との交配がほとんどなかったといい、品質を維持するために血統を保った品種改良の取り組みが始まった。今では県が人工授精のための厳選した雄牛を管理している。

 しかし、「どのような牛肉を神戸ビーフと呼ぶか」は正式に決まっていなかったため、昭和58年に神戸ビーフを定義・認定し、管理するために協議会が結成された。

 協議会は、血統が保証された但馬牛の中でも、飼育環境や肉質などの厳しい条件を満たして出荷された牛肉を「但馬牛(但馬ビーフ)」と定義。さらに、その中から、霜降りなどの肉質について特別な基準を満たす牛肉のみを「神戸肉(神戸ビーフ)」と認定した。認定の証しとして1頭ごとに「神戸肉之証」を交付し、肉には県花「ノジギク」の紋章を押している。

 そのため生きている「神戸牛」は存在しないことになり、神戸牛という名称自体がいわば俗称だが、「神戸肉」「神戸ビーフ」「神戸牛」はいずれも協議会が権利を持つ地域団体商標に登録されている。平成27年12月からは、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する政府の「地理的表示(GI)保護制度」でも守られている。

 さらに、協議会が目指しているのは神戸ビーフを提供する飲食店の登録制だ。

 協議会は登録店にはブロンズ像などを配布して神戸ビーフの取扱店として保証しており、国内外の登録店は10年間で31店から212店に増えた。協議会は「登録店ならば安心して神戸ビーフを味わえる」と太鼓判を押し、ホームページなどでもPRする。

東京五輪の特需見込む?

 一見すると協議会の取り組みは順調そのものだが、協議会は「本物の神戸ビーフを知ってもらうための発信がまだまだ十分ではない」とする。「ブランドが一人歩きしており、神戸ビーフの意味が一般客にまで浸透していない」という。

 協議会が懸念するのが、外国人観光客(インバウンド)からの人気にあやかろうと、三宮地区を中心に「神戸ビーフ」の看板を掲げる店が急増している状況だ。

 インバウンドの増加を背景に、神戸ビーフ関係者が「異常」と口をそろえるほど価格が高騰。今年の1キロあたりの枝肉相場は4700円程度で、10年前の約1・8倍。昨年からだけでも千円以上値上がりし、1頭200万円を超えるケースも珍しくない。卸売業者によると、最近では関東からの購買要望が強いといい、「東京五輪前の需要を見込んで、一部の業者が神戸ビーフを買い占めて冷凍している」という噂もまことしやかにささやかれる。

 価格高騰を受け、協議会に登録するステーキ店などは値上げを余儀なくされているが、一方で新たな店が破格の値段で「神戸ビーフ」を提供している場合もあり、登録店の不満に拍車がかかっているという。

 事態を重くみた協議会は、年内にも卸売業者などと協力し、各飲食店の神戸ビーフ取扱量を調査することを決めた。神戸ビーフと偽って販売や提供をしている店があれば、指導や通報を行うことを検討する。

 また、来年3月ごろには山陽新幹線の新神戸駅近くで県などが発信拠点の「神戸ビーフ館」(仮称)を整備することが決まっており、協議会も期待を寄せている。

「神戸ビーフ」を注文

 記者は今年5月、協議会から昨冬に聞き取り調査を受けた前記の老舗ステーキ店へ食事に訪れた。メニューに「神戸ビーフ」と書かれていることを確認し、店員からは「高い方のステーキは神戸ビーフ」と説明を受けた。1頭ごとに割り振られている個体識別番号についても、手書きのメモを受け取った。

 その上で今月、店への取材を行ったところ…

 --協議会の指導を受けた後の対応は

 「過大表記はやめておこうということで、指導を受けた後は神戸肉という表記は一切行っていない」

 --ステーキメニューは2種類あるが、どこの牛を使っているのか

 「どちらも県内の和牛。高い方は以前は神戸ビーフを使っていたが、もう手に入りにくいので使っていない。指導を受けた時点でも、入荷できたときには使っていることもあった」

 --先日食事にうかがったときには、神戸ビーフとメニュー表記があった

 「そんな表記はないと思う。今は一切ない」

 --協議会に登録していないのはなぜか

 「そういったものに惑わされずに、お客さまにおいしいものを食べていただく。ブランドとかは抜きに、自分たちで確かめておいしい肉を提供しようというのがうちのやり方。登録するつもりは一切ない」

 店舗それぞれの考え方を協議会がしばることができるわけではない。売り方はさまざまだが、神戸が一丸となって「ブランド肉」を発信できるようになるには、まだまだ困難が待ち受けていそうだ。

産経新聞

http://news.livedoor.com/article/detail/15521311/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ