大盛りあがりGO 入れ歯危機到来か、若い歯科技工士の労働環境過酷で離職8割
FC2ブログ

入れ歯危機到来か、若い歯科技工士の労働環境過酷で離職8割

152c.jpg
入れ歯クライシスの到来か(撮影/岩澤倫彦)

 素材や価格、技術にも格差のある「入れ歯」だが、入れ歯先進国のドイツでは、高い技術をもつ歯科技工士に国家がマイスターの称号を与える。

 日本人第1号となったのが、大畠一成氏(デンタルラボア・グロース代表)。歯が何本か残っている場合、大畠氏が勧める入れ歯は、ドイツ式“テレスコープクローネ”だ。

「残っている歯に冠(金属の土台)をつけて、それにぴったりと合った筒を人工歯側に組みます。そうすると茶筒缶のように、垂直方向にしか外れない入れ歯になります。外から金具が見えないし、口蓋部分もないので“取り外しの利くブリッジ”とも呼ばれています」

 歯科技工士の身分が保証されているドイツと違い、日本の歯科技工士は、安い診療報酬の犠牲となっている。保険医協会のアンケートに寄せられた入れ歯作りの実態は凄まじい。

「毎日午前3時、4時まで仕事をして、30代で脳溢血で亡くなった技工士がいる」

「とんでもない低料金で、人間性を無視した納期で作らなければならない」

 こうして技工士が、極端な長時間労働・低賃金に追い込まれ、入れ歯の品質自体にも影響が出ている。耐えられずに離職していく若い技工士は、8割を超えた。

 このままでは、完全に技工士不足となり、入れ歯は数年待ち、もしくは作りたくても作れないという状況は避けられない。

 ヨロヨロと杖をついていた高齢者が、入れ歯をつけると背筋が伸びてスタスタと歩いた、というケースは珍しくない。認知症の人が、入れ歯で劇的に改善したこともある。

 このように生活全般や、命さえも左右する「入れ歯」は、歯科技工士の存在が鍵を握っていることを、ぜひ知っていただきたい。

●取材・文/岩澤倫彦(ジャーナリスト・『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2018年10月5日号

NEWSポストセブン

http://news.livedoor.com/article/detail/15377136/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ