大盛りあがりGO 歯周病が治らないのは、歯科医の優しすぎる検査が原因か
FC2ブログ

歯周病が治らないのは、歯科医の優しすぎる検査が原因か

49d3d_759_09b5eb55_0f18782c.jpg
女性は特に歯周病に注意が必要(写真/アフロ)

 歯医者に何度通っても、虫歯は治るどころか再発し、挙げ句の果てには、「歯を全部抜いてしまいましょう」──密室の診療室で歯医者の言うことばかり聞いていたら、一生悔やむ事態になりかねない。100人以上の歯医者、歯科衛生士、歯科技工士に取材を重ね、今年6月に上梓した『やってはいけない歯科治療』(小学館新書)も話題となっている、ジャーナリストの岩澤倫彦氏が緊急レポートする。

 *
 東京・杉並区の成人歯科健診を担当してきた歯科医の岡田弥生氏は、女性は特に歯周病に注意が必要だと指摘する。

「出産時と更年期にホルモンバランスが崩れて、女性は歯周病のリスクが高まります。特に更年期は体調不良が続き、歯肉のケアが疎かになると炎症症状が出てきます。そうした女性特有の事情を理解している歯科医、歯科衛生士は決して多くありません」

 歯周病は、バイオフィルムと呼ばれる細菌の感染で歯肉(歯茎)に炎症が起き、歯を支えている骨が溶けてしまう病気だ。自覚症状がないため、気づいた時には抜歯せざるをえないケースも多い。それもあり、歯を失う原因としては虫歯を抜いて歯周病が1位だ。

 歯周病の基本診断は、目盛りがついた探針を、歯周ポケットに差し込んで、深さを測定する。深さ4mm以上が「歯周炎」とされる。

 その歯周ポケット検査では、痛みや出血を伴うことがあるのだが、日本歯周病学会の指導医・弘岡秀明氏はこう証言する。

「私が教える歯医者のセミナーで、こんな質問が出たことがあります。『歯周ポケット検査で出血すると患者が嫌がって、次から来なくなるのでは?』と。出血を恐れては的確な検査はできず、早期発見の機会も逃してしまいます」

 つまり、表面的には優しい検査をやっている歯科医院が、実際には歯周病の進行を見逃しているケースがあるのだ。

 また、歯周病の原因であるバイオフィルムの除去には、熟練の技術が必要だ。前出の岡田氏は、自身も歯周病になった経験があり、多くのクリニックを訪ねて確信したことがあると話す。

「しっかりとした歯周病治療をしているのは、1割程度しかありません。歯科医や歯科衛生士のレベル格差も大きいことを実感しました」

 これが専門的な視点で見た、日本の歯科医療の現実なのだ。

※女性セブン2018年8月23・30日号

NEWSポストセブン

http://news.livedoor.com/article/detail/15162539/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ