大盛りあがりGO モアイ像が物語るイースター島の知られざる歴史、新説発表
FC2ブログ

モアイ像が物語るイースター島の知られざる歴史、新説発表

Moai_Rano_raraku.jpg

(CNN) 巨大石像「モアイ像」で知られる最果ての島、イースター島。かつてこの島に住んでいた先住民は、内部の抗争や天然資源の枯渇によって自らの社会を自滅させたというのが長年の定説だった。

しかしその定説とは全く異なる説が、13日の学術誌に発表された。石像の製作に使われた石器を調べた結果、同島の先住民は高度かつ協調的な社会を形成していたことが分かったとしている。

論文の筆頭筆者でオーストラリア・クインズランド大学の研究者デール・シンプソン氏は、「イースター島の競争と崩壊に関する説は誇張だった可能性がある」と述べ、「石像彫刻産業は、家庭や工芸団体の間の協力関係を裏付ける確固たる証拠」だと指摘する。

イースター島は南米のチリから約3700キロの距離にある。ポリネシア系の先住民は、900年ほど前に現地の言葉でラパ・ヌイと呼ばれるこの島にたどり着いた。

やがて島の人口は数千人に膨れ上がり、ラパ・ヌイの重要な祖先を表すモアイ像を建造した。像は1000体近く存在していたが、多くは時の経過とともに地中に埋まった。像の高さは最も大きいもので20メートルを超す。

その大きさや数の多さは、複雑で高度な社会が形成されていた証しだとシンプソン氏は解説。「古代のラパ・ヌイには首長や聖職者、漁業や農業、モアイ製造のギルドがあった。1000体近い像をつくるためには一定レベルの高度な組織が必要だった」と指摘する。

研究チームは近年発掘された像4体と、像の製作に使われた火山岩の玄武岩石器について詳しく調べた。発掘作業では1600個ほどの石器が見つかり、このうち17個の断片については化学分析や質量分析を行った。

その結果、ほとんどの石器が1カ所の採石場から採取した石でつくられていたことが分かった。「誰もが1種類のみの石を使うためには協力しなければならない。これほど大きな成功の理由は、彼らが協力して働いたことにあった」とシンプソン氏は語る。

この説は、住民が天然資源を使い果たし、互いの抗争によって滅びたというこれまでの説とは矛盾する。

「遠く離れたイースター島は、多くの謎に満ちている。しかし島には昔も今も、多大な交流が存在する」「ラパ・ヌイには今も数千人の人たちがいる。その社会は滅びていない」とシンプソン氏は話している。

CNN.co.jp

http://news.livedoor.com/article/detail/15157004/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ