大盛りあがりGO 裕次郎を脇に回したことも!名和宏、“バイプレーヤー”でくくれない多彩実力
FC2ブログ

裕次郎を脇に回したことも!名和宏、“バイプレーヤー”でくくれない多彩実力

20180702_asagei_nawa-250x250.jpg
 俳優の名和宏さんが、急性腎不全のため都内の病院で死去したのは6月26日午前7時32分のこと。享年85。様々なニュースなどでは、テレビ・映画・時代劇などで悪役を数多くこなしたバイプレーヤーとして紹介され、代表作として「仁義なき戦い」が大きく取り上げられていた。

「名和さんは、シリーズ1作目で菅原文太演じる広能に射殺される親分・土居役、そして第2作『広島死闘篇』では北大路欣也さん演じる青年やくざ・山中が憧れる親分・村岡常夫役を演じました。確かにタイトルとしては、『仁義』は大きいとは思いますが、鈴木則文監督の成人向け作品なども、コミカルな味を出していて、非常に印象深いですね」(映画ライター)

 例えば、「温泉スッポン芸者」などといった、笑いと艶っぽさがないまぜとなった70年代の東映が推し進めた路線でも色豪役を演じ、強烈な印象を残した名和さん。しかし、それは単なる汚れ役ではなかった。

「名和さんは実家が能の金春流で、自身も能楽を学んでいました。そのためだと思いますが、いわゆるカラミの場面もどこか品のあるムードを漂わせていました。それから、どうしてもバイプレーヤーとして語られがちですが、デビュー時に所属していた日活時代には、主演作もあったんですよ」(映画ライター)

 日活時代は二枚目スターとして活躍し、「地底の歌」(1956年)では、デビュー直後の石原裕次郎を脇に置いて、堂々の主演を演じている。石原慎太郎は著書「弟」で、裕次郎が日活オーディションを落とされたのは、当時似たタイプの名和さんを押し出していたからだ、と記している。バイプレーヤーという言葉だけではなく、ひとりの“役者”として、改めて名和さんに追悼の意を表したい。

https://www.asagei.com/excerpt/107573

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ