大盛りあがりGO ロシアがキリスト教国なのは酒に寛容な宗教だったから
FC2ブログ

ロシアがキリスト教国なのは酒に寛容な宗教だったから

02696082.jpg
提供:週刊実話

 ロシアは世界でも有数の飲酒大国だ。ロシア人とアルコールは、切っても切り離せない関係。今日のロシアがあるのも、実は酒のおかげなのだ。アルコールなくして、ロシアという国家は生まれなかったといっても過言ではない。ということで“ロシア誕生物語”の始まり始まり~。

 現在のロシアのもとになったキエフ公国が誕生したのは、9世紀のこと。10世紀に入るとウラジミール大公は、キエフ公国をより強靭な国家にするため、宗教を導入することにした。当時の世界は、宗教を基軸に回っていた。戦争も、国と国の協定も、宗教を判断基準に取り決められていたのである。「では、キエフ公国の国教は何にしよう」と考えたウラジミール大公が、候補に挙げたのがイスラム教とキリスト教だった。

「地理的にイスラム教の方が得策」と考えたウラジミール大公だったが、ある戒律を知って断念する。それが“飲酒厳禁”だったのである。何度も言うが、ロシア人はアルコールが大好きだ。それはキエフ公国の時代も同じで、とにかく酒がないと生きていけない人々が住む国だった。そんな国で“飲酒厳禁”などと言ったものなら、国民の反抗を招くことは目に見えている。ゆえにウラジミール大公は、アルコールに寛容なキリスト教を国教にすることに決めたのである。

 もしロシア人が酒好きでなければ、イスラム教を信仰していた可能性が高く、その後の世界情勢は大きく異なっていたことだろう。ああ、“おそロシアおそロシア”。

https://npn.co.jp/article/detail/02696082/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ