大盛りあがりGO 間宮林蔵 滞在の資料発見…「北海道全域を測量」後押し
FC2ブログ

間宮林蔵 滞在の資料発見…「北海道全域を測量」後押し

新装版 間宮林蔵 (講談社文庫)新装版 間宮林蔵 (講談社文庫)
(2011/10/14)
吉村 昭

商品詳細を見る

<間宮林蔵>滞在の資料発見…「北海道全域を測量」後押し

m_mainichi-20141022k0000m040125000c.jpg
「吉岡郷土誌」に記された、間宮林蔵が宮歌村に来たことに関する記述=北海道福島町で2014年10月21日午後1時36分、鈴木勝一撮影

毎日新聞2014年10月21日(火)22:12

 江戸後期の探検家・間宮林蔵(まみや・りんぞう、1780~1844年)が1813(文化10)年、測量のため北海道吉岡村(現福島町)を訪れていたことを示す資料が、福島町で見つかった。間宮の師匠・伊能忠敬(いのう・ただたか、1745~1818年)が作製した蝦夷(えぞ)地(現北海道)図は、間宮が測量したデータを基に作られたとの新説を裏付ける資料として注目される。

 見つかった資料は1913(大正2)年に吉岡村教育会が編さんした「吉岡郷土誌」。吉岡村に合併する前の旧宮歌村に関する出来事の欄に「文化十年四月 間宮林蔵道路測量ノタメ来村」との記述があり、備考欄に「草分日記」からの引用とあった。

 福島町史研究会の米塚誠さん(66)と中塚徹朗さん(56)が、町福祉センター内の郷土史資料の中から見つけた。

 これまでの定説では、伊能の蝦夷地図は、北海道南岸(松前町から厚岸町までの太平洋側)が伊能、北岸が間宮の測量データを使った合作とされてきた。しかし、民間の「伊能忠敬研究会」(東京)は今年8月、第1次測量図と最終版で測量線がずれていることを確認し「伊能が測量した地域を間宮が測量し直して完成版を作製した」との研究結果を発表した。

 今回資料が見つかった福島町は松前町より太平洋側にあり、定説では伊能が測量したとされる地域に含まれる。伊能忠敬研究会にも所属する中塚さんは「資料は、北海道全域を間宮が測量したとする新説を後押しする」と話す。

 ただ、出典元の草分日記は見つかっていない。米塚さんは「『草分日記』は、宮歌村で起きた大事なことを記した備忘録のようなものではないか。それが見つかれば間宮の行動がさらに詳しく裏付けられるかもしれない」と期待している。

 間宮林蔵は現在の茨城県つくばみらい市に生まれた。江戸幕府の命を受けて1799年から20年以上、北海道や樺太(サハリン)、千島列島の測量調査に当たり1809年、間宮海峡を発見した。【鈴木勝一】


http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/
mainichi-20141022k0000m040125000c.html

関連記事

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ