大盛りあがりGO 私は生後20日で捨てられた 高3が語った「感謝の心」
FC2ブログ

私は生後20日で捨てられた 高3が語った「感謝の心」

f5aea_1509_32b1a1cd_d21ffce3.jpg
東日本大震災の体験を地元の高校生から聞くビラン・アンドレさん(右)=宮城県東松島市

 「今まで何度も私は産んだ母を恨みました」

 第41回全国高校総合文化祭「みやぎ総文」の弁論部門が3日まで、宮城県東松島市であった。準優勝の岡山県浅口市、ビラン・アンドレさん(18)=おかやま山陽高3年=は、壮絶な体験を語った。

 フィリピンで生まれたビランさんは生後20日で、薬物中毒の母に捨てられた。救ってくれたのが、教会でボランティア活動をしていた日本人女性だ。女性はいつかビランさんを引き取りたいと話し、現地の女性に世話を頼んで帰国した。

 だが、資金とビザの壁で日本に来ることは長くかなわず、10歳でやっと岡山県へ。その日本人女性が今は「お母さん」だ。

 産みの母がミルク代で薬物を買っていたこと、日本に来て言葉の壁が大きかったこと。そして、「育ての母」が日本語教室に連れていってくれたこと。流暢(りゅうちょう)な日本語で語っていく。自らの経験を通して社会問題にどう切り込むかが問われるこの部門。「私のように見捨てられた子どもが世界には約1億5千万以上いると言われています」。ストリートチルドレンなどを例に「自分だけが異常ではない」とも訴えた。

 タイトルは「感謝の心で」。今は、産んでくれた母もその対象だ。「産みの母を憎しみ続けてきたけれど、僕の人生を語ることで何を伝えたいだろうと思った時、当たり前ではない今の幸せへの感謝を込めたかった」と話す。弁論は、詩人・河野進の詩「一日」の次の一節で締めくくった。

 不平の百日より感謝の一日を 憎しみの百日より愛の一日を 失望の百日より希望の一日を

 会場がある東松島市は、東日本大震災で1千人以上が亡くなった。弁論後に開かれた交流会で、「震災体験は持っているだけなら嫌な思い出、伝えることで人の命を救う価値を持つ」という地元高校生の言葉にビランさんは共感した。「心の傷を話すことで、その背景を考えてもらうことが伝えるということなのかもしれない。世界の困っている人を少しでも減らしたいです」(江戸川夏樹)

http://news.livedoor.com/article/detail/13427166/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ