大盛りあがりGO ネットで中傷した人を訴える場合、裁判は2度ある
FC2ブログ

ネットで中傷した人を訴える場合、裁判は2度ある

bengoshi_saiban_image.jpg
【ネット中傷をめぐる裁判は同じ内容が2度繰り返される】

 2014年から中国を拠点に仕事をしていた人気マンガ『中国嫁日記』作者の井上純一氏が、ひと回り以上年下の中国人妻・月(ゆえ)さんとともに日本へ戻ってきた。2015年秋に発覚した、フィギュア部門をまかせていた元ビジネスパートナーによるトラブルは回収できそうなのか。気になるその後と、新たにすすめているネットにおける名誉棄損裁判について、その進め方などについて井上氏にきいた。

 * * *
──中国を引き上げる決心をしたのは、何が原因だったのでしょうか?

井上純一(以下、井上):フィギュア部門から撤退することも理由の一つですが、最大の理由は、家賃が高くなったことです。一年半で家賃が2倍になったんですよ(苦笑)。

 僕たちが住んでいたのは双龍(シャンロン)という深センの地下鉄の終点駅そばでした。東京でいうと、新宿から慶應線に乗って終点近く、多摩センターくらいの感じだと思ってもらうと近いです。入居した当時は土地が安くて家賃も安かったんです。もう中心部では土地バブルが起きていたのですが、それがどんどん田舎へも広がっていき、とうとう僕らが住むところにもやってきた。

──2年もたたずに家賃をそんなにあげられるのですか?

井上:売れると思っているから強気です。5000万円以上で売るから出ていってくれといわれて引っ越しを決めたけれど、誰も買わないだろうと思っていました。土地の価格が上がるのを見込んで、売りたい人ばかりになっていましたから。結局、僕が住んでいたところも売れないままでした。

──とはいえ、中国だと不動産を買うといっても期限付き使用権ですね。

井上:その期限は永遠に伸びると思いますよ。なぜかというと、期限が過ぎた土地を国へ返却させると、土地の売買が滞るからです。経済を停滞させないために、土地使用権の期間を徐々に伸ばすと中国人は信じています。

──日本に拠点をもどしたということは、行方不明になっている会社の資金の回収がしやすくなるのでしょうか?

井上:謎を解明するのは難しい。何しろ、知っているはずの人間が海外に住んでいるので、裁判を起こすのも難しい。

──以前、お話をうかがったときは、生きているのか死んでいるのかもわからない。連絡がとれないと話されていましたが?

井上:生存の確認はできています。でも、裁判というのは、相手のいるところが確実でなければ、そもそも起こせないことになっているんです。ましてや、海外に住所があると、ほぼ不可能です。

──裁判をあきらめたのでしょうか?

井上:違います。まだあきらめていません。でも、諦めることになるかもしれない。逆に向こうが俺のことを訴えてくれれば相手の住所が確定するので、話がすすみそうなんですけどね。ひょっとしたら、向こうの住所かもしれない場所が少し前にわかったんですよ。

http://www.news-postseven.com
/archives/20170102_480416.html

──調査会社に頼んだんですか?

井上:いえ、SNSです。会社の金で買ったはずのおもちゃを日本へ送った送り状の写真を、交際相手がSNSにアップしちゃったんです。ところが、そこは裁判ができない住所だった。そこは、複数の反社会的な企業が使っていることで知られるレンタルオフィスの住所だったんです。そんなところに住むことはできないですよ。なんでそんな住所におもちゃを送ったのか、あまり詳しく知りたくないですね。闇金から、金を借りちゃったんですかね。

 まだ一緒に会社を運営していたころ、いまは行方知れずの元ビジネスパートナーが「知り合いがやっている金融会社だから特別に優遇してくれる。●●という商品が発売されればすぐに返せるから」と闇金から金を借りようとしたことがあったので、止めたんです。でも、勝手に個人で金を借りちゃっていたらしいんです。そのときに、ご縁ができちゃったんですかねえ。

──会社のお金を取りかえすのも、簡単にはいかないですね。裁判を起こすのがそんなに制約の多いものだったとは。

井上:その一方で、意外なことで裁判をすすめることになりました。ネットで好き勝手に書いても、見つからないし裁判になることなんてないと思っている人がいますが、そんなことはないですよ。

──ネット上の書き込みをめぐって裁判が進行中なのですか?

井上:そうです。僕に対する誹謗中傷を書いている人が数人いて、僕の会社の取引先の会社についても根拠がない中傷を書いていた。自分では放っておいたのですが、取引先から「会社の信用上困るので訴える」といわれました。そういわれると、当事者である自分が「訴えてくださいよ」とだけ言ってひとまかせにするわけにもいかない。「じゃあ、自分も訴えます」という流れで、いま裁判をしています。

──匿名で書き込んでいる誹謗中傷の場合、相手を特定するのが難しそうですね。

井上:ネットの名誉棄損における裁判は、同じ内容で2回、裁判をしなければならないのでお金も時間もかかります。でも、やって無駄はないと思います。

──2回の裁判というのは、どういうことでしょう?

井上:1回目の裁判は、誹謗中傷が書きこまれたページを持っているサーバーに対して行います。発信者情報の開示請求です。その裁判がおわると、初めてその人のIPアドレスがわかり、住所がわかり、そこで初めて、誹謗中傷した本人を相手に対する訴訟、2回目の裁判になるんです。

──確かに、同じ内容で2回の裁判をすることになりますね。

井上:相手にたどりつく前に同じ内容で一回、裁判に勝っているという言い方もできます。だから、その次の2回目の裁判で、書き込んだ本人を相手に負けることはほぼないんです。だいたい、1回目の裁判というのはプロバイダーやサーバーを運営している会社、大企業が多いのですが、そこの法務部がでてきて、会社の顧問弁護士が出てきてしっかり仕事をしている。それなのにこちらが勝てるということは、よっぽど旗色がはっきりしているからです。

──訴えられた側は、サーバー会社が負けた後、初めて自分が被告であると知るのでしょうか?

井上:もっと早くわかります。最初はプロバイダーから、「●●という人から、あなたが名誉棄損を行なっているので、あなたの情報を開示してくださいと命令書がきました。どうしますか」と通知がきます。それに「開示しないでください」と返事をすると、プロバイダーは「裁判をします」と連絡し、ここから1回目の裁判が始まります。

 そしてプロバイダー側が負けたあと「裁判に負けたので、あなたのIPは開示されました」という連絡がきます。そして、原告側弁護士から「訴えます」と連絡がくるんです。この時点で、普通は弁護士を雇い、裁判ではなく示談にしようとします。なぜならその裁判は、ほぼ同じ内容ですでに1回、裁判が行われていて負けているからです。そして2回目の裁判で争って負けると、賠償金だけでなく開示費用、裁判費用もすべて払わないとならないので損ばかりだからです。

http://www.news-postseven.com/
archives/20170102_480416.html?PAGE=2


──その口ぶりだと、井上さんが訴えている相手は示談ではなく裁判を選んだようですね。

井上:なぜ争うことを選んだのかわかりません。取引先が訴えた相手は別の人でしたが、その人はプロバイダーが負けたらすぐ、示談の申し込みをしました。それでも100万円以上の額を払ったと聞いています。ひょっとしたら、もし負けてもお金を払わず、該当の箇所を削除するだけでなんとかなると思っているのかもしれません。勝手な思い込みですよね。

 同じように勝手に思いこんで、これは合法なはずだと人の情報をネットで公開したのでしょう。でも、アナログなら簡単にわかる情報でも、用途が違うとプライバシーの侵害になります。有名な裁判の判例で、電話帳をスキャンしてネットにアップしたことがプライバシー侵害と認定されています。公衆電話に置きっぱなしになっている電話帳も、ネットにアップするとプライバシー侵害なんです。

──井上さんの絵にトレース疑惑をかけた人もいました。トレースについては、検証していたとしても、名誉棄損にあたりますか?

井上:検証したとしても名誉棄損になります。人の意見を参照しているのではなく、その人の言葉として「トレースだ」と言ってしまっているならアウトです。僕はトレースをしていないし、向こうは裁判でトレースをしていることを証明しないとならないけれど、線のないフィギュアの写真からトレースしたとか言いがかりがほとんどで、これをトレースの証明にするのは難しいでしょう。

──それでも、何かというと「トレパク(トレースしたパクり)だと言いたがる人はネットに多いですね。

井上:常に思うのですが、なんでトレースするのかわけがわかりません。何かを写すという行為は普通に描くのよりずっと遅くなるからです。見て描く写生ですら遅くなるのに、手本を下に敷いて描いたらもっと遅くなって不便きわまりないです。何もない白紙から、ゼロから絵を描く人ならすぐにわかる感覚で、実際に僕は何度もその様子の動画をネットにアップしています。

 きっと絵が描けないからわからないのでしょう。胸や腰など、描いていて一番、面白いところを、なぜトレースしなくちゃいけないのか。まったく理解できないです。

──ネット上の誹謗中傷や炎上をみていると、ものすごくたくさんのひとが大騒ぎしているようにみえるのですが、裁判をしてみると少数なんですね。

井上:僕の誹謗中傷をネットに書いている人は、人数にすると本当に少ない。片手で数えられるくらいです。実際、ネット炎上の研究によれば、ネット世論を形成するネット上の書き込みは、ネットに接続している全体のわずか0.5%にすぎないといいます。今年、まるで日本中が激怒しているかのような騒ぎになった五輪エンブレム事件のときは、実際にネットに書きこんでいたのは全体の0.4%しかないという調査もあります。

──ずいぶん少ないですね。

井上:その研究調査結果によれば、日本中が揺れたようにみえる五輪エンブレム事件も、中心人物は60人程度が暴走した結果ではないかと推測されています。だからもう、ネット炎上は意味がないことが常識になる日も近いんじゃないでしょうか。そして、ネット炎上を起こしても、損をするばかりで得をしないと世間に知れ渡るようになるでしょう。


●井上純一(いのうえじゅんいち)/1970年生まれ。宮崎県出身。漫画家、イラストレーター、ゲームデザイナー、株式会社銀十字社代表取締役社長。多摩美術大学中退。ひと回り以上年下の中国人妻・月(ゆえ)との日常を描いた人気ブログ『中国嫁日記』を書籍化しシリーズで累計80万部を超えるベストセラーに。2014年から広東省深セン在住だったが、2016年に日本に戻った。著書に『月とにほんご 中国嫁日本語学校日記』(監修・矢澤真人/KADOKAWA アスキー・メディアワークス)など。最新刊『中国嫁日記』6巻(KADOKAWA エンターブレイン)が発売中。
http://www.news-postseven.com/
archives/20170102_480416.html?PAGE=3

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ