大盛りあがりGO 沈没船「財宝引き揚げ」10億円詐欺の狡猾手口!
FC2ブログ

沈没船「財宝引き揚げ」10億円詐欺の狡猾手口!

(1)インドネシア政府と契約済み
20161229c1st-250x250.jpg

 かつて多くの被害者を出して摘発された詐欺グループの残党が、ひそかに活動。さまざまな有名人の名前をかたって、新たな「事件」を起こしていた。会員からカネを集める際にはあろうことか、皇室との深い関係まで持ち出していたというのだから‥‥。

 長崎県の玄関口、長崎空港を有する人口9万人の街・長崎県大村市。大村湾を望む小高い丘にある民家に長崎県警の捜査員が「ガサ入れ」に入ったのは10月中旬のことだった。

「玄関前の通りに車が4、5台止まり、段ボールを持った人が出入りしていて。まさか、あれが家宅捜索やったとは」(近所の主婦)

 郵便受けに「ポーラースター」と記されたこの民家は、東京・渋谷区に本社を置く同社の九州営業所だった。登記簿によれば、同社は1975年設立。事業目的には〈美術品・骨董品等の売買に係る事業〉などのほか、〈沈没船・水中遺物・水中埋蔵物等の引揚げに係る事業〉と記されている。舞台となったのは、この「沈没船引き揚げ事業」だった。

 今年7月までに、ポーラースターから出資金をダマし取られたとして、複数の「被害者」が長崎県警大村署に告訴状を提出。県警と大村署による合同捜査が始まる。冒頭の九州営業所ほか、東京本社や関係各所への一斉家宅捜索が行われたのだ。捜査関係者によれば、

「現在、詐欺と出資法違反容疑の両面から捜査中で、関係各所から押収した証拠品を精査しているところです。年度末までの立件を視野に、捜査を進めています」

 まだ犯罪の事実が確定したわけではないにせよ、ガサ入れ、そして具体的な捜査がスタートした、れっきとした「事件」と言える。

 告訴状を出した佐賀県の会員女性・Aさん(60代)が、怒りもあらわに語る。

「私がポーラースターの代表を務める松田孝志という男を紹介されたのは、2012年の初頭。会社の応接室で、沈没船から財宝の積み荷を引き揚げるビデオ映像を見せられました。そして自社株を1株25万円で取得する形でこの事業に出資すれば、半年後には2倍になる、と持ちかけられました」

 松田氏は「すでに引き揚げられた財宝がインドネシアの倉庫に眠っている」として、Aさんに次のように説明を続けたという。

「そのあとも実際にインドネシア近海で引き揚げる船が決まっていて、3~10隻を予定している。引き揚げ作業のドキュメンタリー番組をドイツのテレビ局が制作し、世界中に配信する。その放映権もポーラースターが持つ。インドネシア政府との契約は済んでいて、財宝は中国政府の要人に太いパイプを持つ人物を通じ、名目上は中国への寄付という形で、実は中国側が買い取ることで話ができている。中国で美術館を造り財宝を展示すれば、20億円程度の金が入ることになる、と」

 そこでAさんは625万円で計25口を購入。ところが半年どころか、1年たっても1円の配当金もなく、

「松田は『相手は中国だから、なかなか予定どおりにいかない。必ず成功するからもう少し待ってくれ』と言う。そのあとも再三そんなやり取りがあり、結局、こちらが連絡しても電話に出なくなりました。そこで警察に相談し、告訴状を提出したのです」(前出・Aさん)

 ポーラースターの内情を知る関係者によれば、

「出資者は約1000人で、1人平均1000万円ぐらい。10億円は集めていると思います。現金2000万円を積んだ車をフェリーに乗せて長崎まで行った、熊本県の人もいました」

http://www.asagei.com/excerpt/72688

(2)鳥羽一郎や猪木との写真も

 現在50代後半の松田氏とは、どんな人物なのか。関係者が続けて明かす。

「沈没船引き揚げ事業をうたい、『預けた金が1年で2倍になる』として全国の投資家1万人から約500億円を集め、07年1月に代表が逮捕された『リッチランド』事件がありました。彼は九州地区の集金担当をしていた『残党』なのです」

 松田氏自身も会員を前に、リッチランドとの関係を認めたうえで、

「確かに自分はリッチランドにいた。でも、金に目がくらんだ悪い人間は全て捕まった。悪事に加担していたら、自分も当然、逮捕されていたはず。捕まらなかったことが潔白な証拠だ、と話していました」(長崎県の会員女性Bさん・60代)

 松田氏は一方で、演歌歌手という別の顔も持っていた。14年には「宝田大史」の名前で「夢追い旅人」なるシングルCDを発売している。Bさんによれば、

「事務所には沈没船から引き揚げたという埋蔵品が陳列され、その横に浅香光代さんや鳥羽一郎さん、アントニオ猪木さんらとのツーショット写真が飾られていた。自分のCDを配りながら、さも有名人と親しげな話をするんです。これにもダマされてしまいました」

 さらに松田氏は、自身の過去の話も臆することなく語っていたという。

「子供の頃に事情があって親元を離れ、東京の暴力団組長に育てられた。最初の結婚が10代後半で、間もなく離婚した。その後、フィリピン女性と再婚して、また離婚したということです」(Aさん)

 現在はフィリピンで暮らす3番目の妻がいるといい、

「携帯電話で『アイラブユー』を連発していました。娘を芸能界に入れるつもりで、現地の芸能学校に通わせている、と話していましたね」(前出・Aさん)

 妻子がフィリピンから日本に来るたび、大盤ぶるまいをしていたという松田氏について、前出・Bさんが語気を強める。

「前妻も子供を連れて会いに来ていたようで、そちらにもお金を渡していたらしいんです。『側近』の話では、松田は元妻や現妻のために車や家だけでなく、家族の生花店開店資金まで出してやったとか。私たちからダマし取ったお金がそんなことに使われていたと思うと、悔しくてたまりません」

 ちなみに、松田氏の「側近」とは、ポーラースターの取締役として名を連ね、告訴状にも名前がある内田マチ子という70代の女性。前出・Aさんが言う。

「簡単に言えば、松田の集金マシーン。松田は彼女を『姫』と呼んで、金を集めさせていた。彼女は松田にメロメロで、松田が大村に戻ってくる時には必ず長崎空港まで迎えに出て『よか男やろ、ほれぼれするわ~』とそれはうれしそうでした」

 13年になる頃にはあちこちから「金を返せ!」という声が湧き起こる。そんな中で登場したのが、ポーラースター元取締役である一瀬孝宏氏と水江洋一氏だった。一瀬氏は松田氏らとともに刑事告訴されている。

http://www.asagei.com/excerpt/72690

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

間違いなく松田と内田は確信犯です。
だいたい他国様の海から宝物引き揚げても、持って帰れない国連ルールがあると思うよ。

No title

被害者です、俺たちの金使ってやりたい放題やりやがった。一生ムショ暮らししてろ。

No title

私も大きな額ではありませんが、松田の被害者です。とんでもないデタラメ言って私や、近所の仲間からカネをふんだくって行きやがった。おかげで自分の親の葬式もできてない、墓も立てられない、警察は一体何をしとる。

No title

松田は国外逃亡中。5月15日ジャカルタから成田に帰国予定。

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ