大盛りあがりGO 逮捕されても治療を受けても 薬物をやめられない理由
FC2ブログ

逮捕されても治療を受けても 薬物をやめられない理由

61j9miTkx1L.jpg
脱法ドラッグの罠 (イースト新書)

nighttown_image.jpg
【薬物をやめられない本当の理由とは】

 成宮寛貴の突然の引退発表は薬物疑惑報道が発端だった。また、尿から覚せい剤の陽性反応が出たため、歌手のASKAが2016年11月25日に逮捕された。2014年に続き、今回が2度目だということで、ネット上では薬物犯罪を繰り返す有名人を「●年ぶり●回目」というフレーズでまとめた書き込みが人気を集める。『脱法ドラッグの罠』著者で、薬物常用者の実態に詳しいライターの森鷹久氏が、逮捕されても治療を受けても、彼らが薬物をやめられない実態をリポートする。

 * * *
 危険ドラッグ関係の取材を続けていると、その使用者は大麻や覚せい剤などほかの薬物も経験していることが多く、逮捕されてもやめられない人がほとんどである。そのため、2014年に覚せい剤取締法違反で逮捕された歌手のASKAこと宮崎重明容疑者が、また覚せい剤を理由に逮捕されたと聞き「やっぱりか」としか思えなかったのが正直なところだ。

 筆者は、2000年後半頃から危険ドラッグ(当時は合法ドラッグなどとも呼ばれていた)の取材を続けてきた。危険ドラッグは「大麻を吸った時と同じような感覚になる」事から、元々は大麻常用者だという危険ドラッグ常用者が多く存在していた。

 危険ドラッグは、この世に登場してしばらくの間は、大麻によく似た特徴を持っていた。ところが、法律によってその成分が規制される度に合法化させるため新たな薬理作用を持つ化学物質が加えられ、使用者によれば「覚せい剤に近いもの」に変わっていったという。そのため、自分自身は危険ドラッグの取材をしているつもりだったのが、気がつくと覚せい剤をめぐる様々な事情を抱える人たちも数多く取材することになった。

 筆者が取材した中の一人で、元々は大麻常習者だった主婦は、大麻から危険ドラッグ、そして覚せい剤へと常用する薬物を変えていた。

「十代の頃、クラブ仲間からクサ(大麻)をもらって吸ったのがドラッグとの出会いです。大麻は1グラム5000円から7000円程度でしたが、私の場合は一週間で1グラムを消費していました。合ドラ(危険ドラッグ)は3グラムで同じ価格、しかもキマリ方もクサに近い。ちょうどクサの仕入先に困っていた時期で、合ドラにどっぷりハマってしまいました」

 そして、彼女は大麻と危険ドラッグには大きな違いがあると気づき、常用する薬物を覚せい剤へ変えた。

「クサを吸っても性衝動は起きませんでしたが、合ドラをやっていたある時に、体がものすごく敏感になっている事に気がつきました。クサとは真反対の感覚です。以前はほとんどやった事のなかった一人での行為も合ドラをキメていれば、ものすごく気持ちがよかったんです。合ドラが規制されて入手が難しくなり、また大麻に戻った時期もありましたが、あの感覚が忘れられず、今度は覚せい剤に手を出しました」

http://www.news-postseven.com/
archives/20161210_473615.html

 彼女が覚せい剤にハマってしまたのは、よく言われるような過労の身体をごまかすためでも、ぼんやりとした多幸感を味わうためでもなく、異性との快楽から逃れられなくなったからだった。その結果、家庭は崩壊。来年からは小学生だという子を持つ一児の母親なので、当然このままではいけないという危機感も持っていると涙を流しながら言うのだが、一度知ってしまった快楽から逃れられないとも訴える。

「覚せい剤を使って男性と関係をもちたいあまりに、覚せい剤をくれる人であれば相手は誰でもいいと思うようになりました。旦那とは離婚し、子供は実家に預けて、現在は風俗の仕事をしています。覚せい剤、止められるものならやめたいのですが、生活費や子どもの教育費を考えると治療のために私が施設に入るわけにもいかず、どうしていいかわからない」

 彼女は、久々に子供と過ごしたある日にでさえも、覚せい剤をくれるという男性から連絡があり、寝かせつけた子供の真横で行為に及んだ。終わったときはあまりの情けなさからパニックに陥ったが、数日後には再び快楽を求めてその男性に再会した。

 もちろん、その気持ちよさにハマるのは女性だけではない。男性も同じだ。いわゆる「半グレ」であり、広域指定暴力団とも近しい男性(33)は、自身は「シャブ(覚せい剤)なんて絶対にやらない」と前置きした上で、覚せい剤の恐ろしい「有効活用」の方法を解説する。

「以前、金銭で揉めたサラリーマンの男をさらってきて、金を返すように締め上げたんですが、ないものは返せないといわれて困っていたんです。男を漬物(覚せい剤中毒)にすれば、金になるシノギ(仕事)をさせられるんじゃないか、ということで、男に致死量に近いシャブを打って自慰をさせた。それからはシャブ欲しさに、こっちが指示するがままに犯罪でもなんでもやるようになりました。

 ニセのパチンコ景品を換金するという危ないシノギもガンガンこなして、借金返済後も、シャブを買うためにすすんで盗みや詐欺を繰り返した」

 覚せい剤の所持と使用で2年前に検挙されたキャバクラ嬢の女性(29)は、覚せい剤の恐ろしさをしりつつ、機会があればまた是非とも使用したいといってはばからない。

「体の関係があった太客(金持ちの客)と経験してハマりました。当時働いていたお店の同僚の女の子が警察にタレ込んだらしく、警察に所持品検査され捕まりました。矯正施設にも通い、売人含め、当時付き合いのあった人たちとは全て関係を切らせられました。でも、施設で知り合った女性と密かに連絡先を交換しているから、クスリはすぐ手に入る状態。今は執行猶予中だからやんないけど、猶予期間が終わったらすぐにでも買っちゃうと思う。覚せい剤を使わない性行為では何も感じなくなってしまったんで……」

 薬物で逮捕された人間はたいてい、警察の取り調べで「家族がいなくなって寂しかった」「仕事がうまくいかずストレスだった」などと理由を述べる。そして、それを事件として報じるニュースでは、彼らの表向きの供述がそのまま報じられる。しかし直接、薬物常用者に会い本音をさぐると、ほぼ全員が性的な快楽が病みつきになったためと打ち明けるのだ。

 警察の取り調べでも正直に言いづらいような理由で覚せい剤を辞められない人たちが、完全にクスリを辞められる日はくるのか。自らも覚せい剤の所持や使用、密売などで何度も逮捕された経験を持つ、元暴力団関係者の男性(56)は断言する。

「ASKAみたいに金も時間も名声もある男が、一回でもやればそりゃハマって当然なんですよ。シャブ使えば性行為はとんでもなく変態的になる。シャブで意識が飛ぶなんてことはないので、その変態的な自分を思い出しただけで興奮するようになる。だからシャブ買う金がなくなれば、犯罪でもなんでもするでしょう。

 シャブから足を洗ったという連中のうち、果たして何人が本当にシャブ断ちできてるか。生活とか仕事があるからやってないだけで、本当は今すぐにでもやりたいに決まっている。防ぐ方法なんて、まあ、最初の一回をやんないことでしょう」

 これまで取材したなかで「危険ドラッグなら大丈夫。いつでもやめられる」と言っていた常用者は多くいた。しかし、そのうちの少なくない人が覚せい剤を使うようになり、繰り返し逮捕され、治療のための病院やリハビリ施設に入ってもやめられずにいる。一度やったらやめられない、という言葉の重みを、今一度考えてみたい。

http://www.news-postseven.com/
archives/20161210_473615.html?PAGE=2

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ