大盛りあがりGO さだまさしが明かす「今でも旅の歌が書けない」という理由
FC2ブログ

さだまさしが明かす「今でも旅の歌が書けない」という理由

sada_masashi.jpg
【作詞家・小説家としても評価の高いさだまさし】

ei_rokusuke.jpg
さだまさしがその功績を大絶賛する作詞家こそ、永六輔さん

 米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したことで、日本でにわかに注目を集めているのが、さだまさし。同じシンガー・ソングライターとして、ネット上では「ボブ・ディランがとったんだから、さだまさしワンチャンある」「ボブ・ディランの受賞に、さだまさしが続きますように」といった書き込みに同調する声が広がり、中にはさだを“和製ボブ・ディラン”と評する声もある。
 
 さだは自身の曲の詞だけでなく、小説家としても『精霊流し』『解夏』『眉山』などのベストセラーを世に送り出している多才な人。だが、その彼が新著の中で「カバン持ちしてでも一緒にいたい」「表現の豊かさ、面白さにいつも驚いていた」と、その功績を大絶賛する作詞家がいた。出版関係者が語る。
 
「それは今年7月に亡くなった永六輔さんです。永さんは『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』『こんにちは赤ちゃん』など、数々の歴史的名曲の作詞を手掛けていますが、さださんは『僕の歌曲のひな形のような作品をたくさん作られた人』と、その影響を認めています」
 
 さだは永六輔さんとの対談などをまとめた新著『笑って、泣いて、考えて。永六輔の尽きない話』の中で、永さんの作詞について「歌はいわば生鮮食品で、特に『言葉』は傷むのが早い。ところが、永さんの歌詞は全然古びない。今の世に新曲として出しても十分、通用する」と評している。
 
 中でも評価しているのは『遠くへ行きたい』で、さだは「これほど見事な旅の歌はいまだなく、今後も出ないかもしれない。この歌があるためか、僕は今でも旅の歌が書けません」と語っている。一方、永さんは「みんなが歌える歌」にこだわって作ったことや、惜しまれながらも作詞を辞めた“本当の理由”などを明かしている。

◆さだまさし:1952年、長崎県生まれ。1973年、フォークデュオ・グレープとしてデビュー。1976年にソロとなり、『関白宣言』『防人の詩』『たいせつなひと』など、数々のヒット曲を生み出す。2001年に小説家として『精霊流し』を発表、その後も『解夏』『眉山』など数々のベストセラーを生み続ける。デビューから精力的に続けているコンサート活動は、2013年7月に前人未到の4000回(ソロコンサート)を達成。最新刊は、永六輔との“最初で最後の対談”を収載した『笑って、泣いて、考えて。永六輔の尽きない話』。

http://www.news-postseven.com
/archives/20161115_465337.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ