大盛りあがりGO サン・ハウス Son House
FC2ブログ

サン・ハウス Son House

ファーザー・オブ・ザ・デルタ・ブルースファーザー・オブ・ザ・デルタ・ブルース
(1992/09/21)
サン・ハウス

商品詳細を見る

【略歴】
(1902~1988)
ミシシッピ州クラークスデイル近郊のリオン生まれ。
牧師の息子として生まれる。
本名Eddie James House Jr。

ブルースを始めたのは25歳と遅く、
キッカケは、
クラークスデイル近郊マトソンにいた
ウィリー・ウィルソン
というミュージシャンの
ボトルネックギターを聴いたことからだという。

その後、ブルースの世界に入ったサン・ハウスは、
1928年頃に酒場で演奏中に、
暴れ出した客から暴行を受け
自己防衛のため射殺。
殺人の罪で懲役15年の刑を受け
刑務所に入れられるが
模範囚として僅か1年で出獄。

1930年頃にチャーリー・パットン、
ウィリー・ブラウンに出会い、
共にレコーディングをする。

この頃、ロバート・ジョンスンにも
ギターを教えたとも言われている。

その後も42年に
国会図書館向けの録音などを残すが、
突然姿を消す。

ニューヨークで
鉄道ポーターの仕事などをしていたらしいが、

1964年に白人のブルース研究家に
発見され、
1965年に録音。

その後、フォーク・リバイバル・ブームに乗り
表舞台に立ち、
数々のステージをこなす。

1988年に老衰により死去。



【個人的感想】
サン・ハウスは戦後も「再発見」され、
表舞台に立ったことで、
数多くの映像や音源が残された
希少なミシシッピ・デルタ・ブルーズマン。
若き日の国会図書館向けの録音や、
パットン、ウィリー・ブラウンらと
共に残した録音の力強さも捨て難いが、
戦後の録音も歳を重ねた円熟味が素晴らしい。

オープン・チューニングで、
時折スライドを交えながら
突っかかるようなデルタ特有のビートをかき鳴らす
サン・ハウスの映像には
鬼気迫るものがある。

ハウスの演奏にはパットン、
ウィリー・ブラウン、
ロバート・ジョンスンの
片鱗が伺えて興味深い。

私の1枚

Complete Library of Congress Sessions 1941-1942Complete Library of Congress Sessions 1941-1942
(1996/01/16)
Son House

商品詳細を見る

国会図書館向けに
(要するに記録用ってことね。アメリカの音楽史の為の)
1941~42年に録音されたもの

ライブ録音での即興演奏はまさに
デルタ・ブルース
歌声の後ろで汽車の音が聞こえるのも
フィールド録音ならでは

デス・レター(死の手紙)を歌うサン・ハウス

朝起きたら…という
ブルースの常套句的な歌詞から始まる
朝起きたら手紙が届いた
急げよ急げよ
お前の女が死んだんだ

みたいなことを歌ってますね

歌の最後の決め台詞がカッコイイ

こいつがブルースさ!

関連記事

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ