大盛りあがりGO ブリーフ裁判官 法曹界では擁護の声が断然多い
FC2ブログ

ブリーフ裁判官 法曹界では擁護の声が断然多い

bliefs_fotoco.jpg
【法曹界ではブリーフ裁判官を擁護の声が多数】

 ブリーフ一丁の姿や縛られている姿など、自身の際どい写真をツイッターに投稿していた、東京高裁の現役裁判官・岡口基一氏(50才)が口頭で厳重注意を受けた。ネット上ではファンも多かった岡口氏に対しては擁護する意見もあるが、やはり批判も多い。

 いずれにしろ、裁判官とは思えない姿を晒してきた岡口氏。気になるのは、その経歴だ。

 1990年東京大学法学部を卒業後、1991年に司法試験に合格。1994年に任官し、浦和地方裁判所をはじめ水戸地裁や大阪高裁などを経て、2015年4月から東京高裁の裁判官を務めている。東京高裁は1都10県を管轄、控訴審を多く担当し、任官できるのは超トップエリートとされる。

 彼を知るひとり、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などに出演し、『ブラック彼氏』の著者でもある弁護士の堀井亜生さんが言う。

「一度岡口さんが裁判の担当になったことがあります。訴訟指揮はシンプルかつ明確。ここ最近、大事な証拠を取りこぼして誤った事実認定をする能力不足の裁判官が増えているなかで、岡口さんは、しっかりと論理立てて判決を下せる。敗訴した場合でも、納得せざるをえない良い判決を下すのです。それに民事に関する著書も多く、法曹関係者なら必ず持っている大ベストセラー書『要件事実マニュアル』の著者としても有名です」

 裁判官がSNSをしてはいけないなどという法律はもちろんない。しかし法曹としてのルールはある。

「私たち弁護士や裁判官は“品位を失う行為はしてはいけない”というルールがあります。では“品位とは何か”という問題はありますが、資格を与えられている以上は、法曹として国民の信頼を失わせないようにする必要があります。

 数年前に岡口さんがツイッターを始めたころから、法曹関係者の間では彼の投稿は有名でした。そしていつ注意されるか注目していました。裁判所が数年も放置していて、このタイミングの注意、公表に踏み切ったのは、一般のかたから、岡口さんの投稿に対して多数の問い合わせがあったからかもしれません。裁判所が“品位”を重視するのであれば、もっと前に注意すべきだったのではないでしょうか」(堀井さん)

 法曹界の人たちがさぞかし呆れ、怒っているのでは…と思いきや、そうではなかった。実は擁護の声が断然多い。弁護士の三輪記子さんはこう話す。

「法曹界に彼の擁護派が多いのは、やっていいこと、いけないことは、法に則って合理的に峻別するべきだと学んできているから」

 6月30日放送の『白熱ライブビビット』(TBS系)では、自身がグラビアに登場して批判された経験に触れ、岡口裁判官を擁護していた。

「不快に思う人がいたとしても、犯罪ではない限り、個人の自由の領域に、“そんなことするな”と、他人がいちいち言うことではないと私は思っています」

 そうきっぱり言う三輪さんは、今回の岡口裁判官の行動を、「裁判官はこんなことしない」という世間のイメージや思い込みに一石を投じたのではないかと見ている。

http://www.news-postseven.com/
archives/20160715_430338.html

「例えば芸人はOKで、裁判官がやってはダメな理由はどこにあるのか。“裁判官だから”というのは、答えになっていないですよね。合理的に考えるべきことと、感情的に反応してしまいがちなところを、混同してはいけないと思うんです。それに、私たちの自由を守ってくれる最後の砦は裁判所なんです。多数決ではなく、法に基づいて、何が正しいか判断していく場所。そういった意味で、彼の行動はアンチテーゼになったと思います」(三輪さん)

 前出・堀井さんも続ける。

「彼は裁判官として確固たる地位と能力があり、そのうえで、ギリギリどこまでやれるのかを攻めていますよね。裁判官像を破壊したいのかなと感じました」

 気持ち悪い、なんか嫌…そんな感情的な言葉で正邪を判断し、人を裁くことが「不謹慎狩り」を生み、社会に閉塞感をもたらしている状況は、本誌で何度も取り上げてきた。このブリーフ問題もまた同じなのか。

◆炎上を気にしない!? ポジティブ父子

 自由奔放に見える岡口裁判官だが、妻も子供もいる。反対派からは「妻子もいるのに、なぜこんなことをしたのか」などの意見もあったが、この父にしてこの子あり! かもしれない。

 今、新たに注目を集めているのが、岡口裁判官の次男だ。現在医大生の彼は、父親のニュースを受けて、自身のツイッターにこんな胸中を明かした。

《いつか載るとは思ってたが流石だなー! これからもいろんな意味で頑張って欲しい》

 あまりの超ポジティブツイートに、フォロワーが急増。さらにその増えたフォロワーに向け、高校時代に作ったという楽曲のミュージックビデオを宣伝。なんとブリーフ姿で登場するといった、たくましさなのだ。

 そして当の岡口裁判官もブリーフ姿の背景画面はそのままに、挑戦的なツイートを続けている。

《『男らしさ』といふことの価値には、一種の露出症的なものがあり、他人の賞賛が必要なのである》という三島由紀夫の一節や、ファンからの《とにかく明るい岡口》という発言をリツイートするなど、世間の騒動はどこ吹く風なのだ。

 さらには海外で報じられた自身の記事もツイッターにアップ。「日本の裁判官が裁判所に怒られた」という記事を引用しながら「Fit To Be Tied(怒られる)」という英語表現は「tied(縛られる)」を使うことで「縛った写真を出したら怒られて、裁判所が縛るのにちょうどいい人になってしまった」というニュアンスも含まれると解説。大学受験英語のポイントを教える余裕を見せている。

※女性セブン2016年7月28日号

http://www.news-postseven.com/
archives/20160715_430338.html?PAGE=2

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ