【AFP=時事】エジプト・ルクソール(Luxor)近郊の「王家の谷(Valley of the Kings)」にある古代エジプトの王ツタンカーメン(Tutankhamun)の墓に、「2つの隠し部屋」が存在する可能性があることが、レーダースキャンによる調査で分かった。同国のマムドゥフ・ダマティ(Mamdouh Damati)考古相が17日、述べた。同氏によると確率は90%だという。

 ツタンカーメン王の義母で、伝説的な美女として知られるネフェルティテイ(Nefertiti)王妃のミイラは、これまで発見されていない。今回の専門家らによる調査は、英国の著名な考古学者、ニコラス・リーブス(Nicholas Reeves)氏がツタンカーメン王の墓と隣接した隠し部屋にネフェルティテイ王妃の墓があるとの研究を発表したことを受けたものだ。

 ダマティ考古相は記者団に対し、スキャンによる調査でツタンカーメン王の墓の「玄室の裏に2つの隠し部屋」があることが分かったと語った。同氏は英語で「空洞があった。完全に空洞ではなく、なんらかの有機物と金属の物体が含まれている」と述べ、確信度について問われると「90%」と返答した。

 ネフェルティティ王妃は、太陽神アテン(Aton)のみを崇拝の対象とする一神教を命じた夫の古代エジプト王、アメンホテプ4世(Amenhotep IV、別名:アクエンアテン、Akhenaten)を熱心に支えたとされる。アメンホテプ4世の息子がツタンカーメン王だ。
【翻訳編集】AFPBB News