大盛りあがりGO 2020年09月20日
FC2ブログ

ここが変だよウイルス除菌剤

a22893-01.jpg
ウイルス除菌剤

なんか違和感があるなあ

だってウイルスは菌じゃないよね
なのになぜ除菌なのか
って思う

ウイルス除去なら、まだ分かるけどね

ちなみに厚生労働省もコロナウイルス対策として消毒・除菌という言葉を使ってますけどね

テレビを見ていても
こんな発言がありました

ウイルス保菌者

無症状のコロナウイルス感染者がマスク無しで無自覚にをばらまく

…いや、だからウイルスであって菌じゃないから(笑

ばい菌っていう言い方してる人もいたな

ウイルスって菌じゃないし…
そもそも生き物ともいえないんだけどね

ウイルスの場合、感染したら
保菌者といわずキャリアって言うんじゃないかな

案外、ウイルスと細菌の違いを知らない人も多いんじゃないかな
ウイルスを除去するのに適当な言葉がないから
あえて除菌としたのかもしれないけど
この表現だとウイルスを菌の1種と誤解する人もいるかもしれないと感じてます

www_iph_pref.jpg

上記の通り
ウイルスは細胞壁をもたないので
人や動物の細胞の中に入り増殖するしかないんだ

以前、ウイルスバスターズっていう記事を書いたときに
ウイルスと細菌の違いについて
チラッと触れていたんだけどね

ちょっと調べたら細菌とウイルスの違いは分かるかと思います

たぶん高校で生物とか履修していたら
ウイルスのことも習っていると思うけどね

TVとかで
ウイルス保菌者とか
そういった発言は、細かいことだけど、ちゃんと訂正した方がいいと思うんだけどね

個人的には
「コロナに感染したからって、ばい菌扱いしないでほしい」
みたいな言い方には
なんか違和感があるんだよ
(言わんとすることや気持ちは分かるけどね)

こんなこと個人のブログで言っても
なんてことはない
あくまで個人の主観なんだけどね

そういう言い方が個人的に気になるってことなんです

それと話は変わるけど
世の中にはTVのワイドショーでこう言ってたとか
そういうTVに出る知識人や文化人の言うことなら
信じる人も案外多いわけじゃない?

個人的に思うのは
感染症の専門家でもない人や研究者でもない人
まして高校生物の基礎すら分かってないであろう人が
勝手な憶測や思い込みで
コロナはただの風邪とか
無責任な発言をしているんじゃないかってこと

以前も(今でも)
アビガンを特効薬みたいに思い込んでる人たちがネット上で
アビガンを早期に承認しろ
とか書いてたけど

いったい何の根拠があるのか
って思った

そもそも薬の承認には一定の期間、年数が必要
ってことすら知らないのかもしれない

まあ言論の自由があるから
何を言っても本人の自由だろうけど
果たして
そういった発言に責任が持てるのかって思う

未知のウイルス故に
まだ分からないことは多々あるのだ

軽症でも重篤な後遺症が出る可能性もあるかもしれないし
それは、まだ、はっきり分からないけど

実際に最近は後遺症についても
マスコミが取り上げてるからね
やっぱ、ただの風邪とはいえないように思うんだ

なんでもそうだけど
ある程度の知識を有していないと
TVやマスコミ、ネットの流言や妄言に振り回されてしまうんだろうなって思う

でも、それが
一般大衆なんだろうなって思いもある

みんな流されやすいんだよね…

それが良い方向に行けばいいけど
ひとつ間違うと
とんでもないことになる可能性もあるよね

だいたい人って嘘でも
インパクトがあれば
つい信じやすいから
関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

夜の街の「接待を伴う飲食店」から「堕ちる」女性たちの事情

cc946_759_d0f12d0f_5f2a5002.jpg
キャバクラやガールズバーで生計を立てていた女性たちにとって苦難の日々は続く

 第2次世界大戦後の大ベストセラー小説で、何度も映像化された『肉体の門』は、敗戦と貧困のため身を売りながら、たくましく生きた女性たちの物語だ。それから約70年後のいま、新型コロナウイルスの感染拡大によって、同じように困窮から身の振り方を変えた女性が続出している。キャバクラやガールズバーで働いていた女性たちは、それを「堕ちる」と呼んでいるらしい。ライターの宮添優氏が、様々な事情で「堕ちて」きた女性たちについてレポートする。
 * * *
「コロナになって、金が出せないから求人広告は全部引き上げた。でも、面接は増えたんだよね。要は『そういうこと』なんだよ」

 東京・豊島区内の風俗店経営・横尾真一さん(仮名・50代)は、新型コロナウイルス感染拡大による東京都の緊急事態宣言発令を知り、店が潰れないよう出来るだけ手元にお金を残すため、広告業者全てとの契約を打ち切った。広告は、男性客向けのもの、女性向けの求人広告と二種類があったが、どちらも引き上げたという。緊急事態宣言中は客がゼロ、と言う日も珍しくなく、女性従業員の半数以上が店を辞めた。

「あの時、女の子がたくさん辞めたけど、客も来ないからあんまり影響はなかったね」(横尾さん)

 異変が起きたのは緊急事態宣言が明け少し経った六月ごろ。男性客は、長年の勘から「いずれ戻る」と思っていたが、それよりも先に店の門戸を叩いたのは多くの女性だった。

「学生だけど学校もないしバイトもできない、といってお金に困ったって女子大生でしょ、あとは、契約社員だったけど仕事切られて食べるため、家賃の為に仕方なく、って子もいたね。でも一番多かったのは、キャバクラとかセクシーパブとか、風俗ではないけどその手前の業界で仕事をしていた子たち。女の子の間では『堕ちる』なんて言われてるらしいけどね」(横尾さん)

 キャバクラなど、いわゆる「接待を伴う飲食店」は、実際にクラスターが発生したことなどから、新型コロナウイルス感染の温床、悪の象徴のように言われてきた。繁華街のこうした店からは一気に客が消え、休業や廃業に追い込まれた店も少なくない。だからこそ女性たちは、客がゼロの店で働くよりもマシだと、少しは客が見込める横尾さんの店にやってきたのだろうと推測する。

「うちのような店は、おそらく雨が降ろうが風が吹こうが、来る客は来る(笑)。生理現象だからね。反対に、接待を伴う飲食店に行きたくてしょうがない、悶々して耐えられない、ってことある? その違いがあるよね」(横尾さん)

 横尾さんの店に「堕ちた」と自嘲気味に話すのは、元ガールズバー従業員・まりもさん(仮名・24才)。

「こう言う店だけはイヤ、と思ってガールズバーで働いていたけど、お店が潰れてどうにもならなかったです。でも、このお店で働いても、お客さんはあんまり来ない。ここだけで働いても生活できないから、店長に言って、他の系列店でも働いています。女の子は毎日たくさん出勤してるのに、呼んでくれないから、ずっと待機部屋で携帯いじってるだけ」(まりもさん)

 実はまりもさん、昨年末より就職活動をはじめ、一月には旅行添乗員の派遣会社に採用が決まっていた。得意の語学力を生かし、日本にやってきた外国人旅行客を案内する仕事であり、それはまりもさんの長年の夢でもあった。だが、採用は直前に白紙になり、派遣会社はすでに潰れてしまった。

「こんな状況でも来てくれるお客さんを大事にしようって、本当は有料のサービスを無料にしたり、制限時間を無料で延長したりしているんです。私は最近、仕事を始めたばかりだからこんなものかと思ってやっているけれど、以前からいる従業員たちは、ただでさえギリギリでやってきたのにと、不満の声を上げています」(まりもさん)

 こうした現状について、横尾さんも苦々しい表情を隠さない。

「大変な仕事なのは理解してますが、客がゼロになったらもっと辛い。女の子たちにはそう言って働いてもらっていますが、コロナ前は普通だったのに、コロナ以降、精神的におかしくなってしまう子は本当に増えました。理由は様々だとは思いますが……。コロナが続く限り、この仕事を続けなければならないのかと、泣きながら相談されたこともありました」

 芸人・ナインティナインの岡村隆史が、自らのラジオにて、風俗従事者の女性について差別的な発言をし大騒動になった。しかし今、その岡村発言が残念ながら、現実に起きていることをほぼ言い当てていたと認めざるを得ない。あの時、岡村が責められるばかりでなく、そうした不幸な境遇に会う人を一人でも減らせるようにという議論があれば、何かが変わったのだろうか。

NEWSポストセブン

https://news.livedoor.com/article/detail/18928762/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

知事公認の“吉村マスク”が通販で3万枚秒殺完売 10月初旬から店舗で販売、大阪みやげの目玉に

9ce8a_1717_bab76001_bf858c05.jpg
ついに誕生した“吉村マスク”

用意した約3万枚が秒殺で完売
大阪府内の工場で製造し、吉村洋文知事(45)がパッケージに描かれた「大阪マスク―吉村知事バージョン―」(30枚入り2000円、税別)が通販サイトを通じて販売され、約3万枚が秒殺で完売した。10月初旬からは府内の店舗にも並ぶ予定。すでに7月から「大阪マスク」を販売していた販売会社は、今回投入した「吉村知事バージョン・マスク」に、新たな大阪名物として大きな期待を寄せている。

一時はマスク不足で日本中が混乱したが、いまや安定供給されている。そんなマスクが、大阪ではおみやげアイテムになった。大阪で絶大な人気を誇る吉村知事。すでにTシャツやマグカップ、缶バッジなどアイドル並みの豊富な品揃えで、グッズが店頭に並んでいるが、マスクは初めて。18日から“吉村マスク”を売り出したトータルベネフィットの担当者は「用意していた1000箱がすぐに売り切れました」と、“吉村効果”に驚いていた。

同社は主に、パチンコホールの集客イベントを企画・運営する広告代理店。取引のある業者を通じてホール向けにマスクを納品していたが、業者が大阪府豊中市内に製造工場を稼働させた。大阪のためにひと肌脱ごうと、マスクの“地産地消”を企画。7月に大阪の街をマスクで救う「大阪マスクプロジェクト」を立ち上げた。

無償での使用許可を得て、前代未聞の公認グッズが誕生
府内で生産したマスクを「たこやきの匂いも防げる?ノーズワイヤー」「豚まんよりもふんわりやわらか?」「お好み焼きみたいな?3層構造」が売りの大阪マスクとして販売開始。府内の店舗で委託販売し、手数料を支払うことでコロナ禍にあえぐ店舗を支援する計画だ。

販売価格の10%は、医療従事者を支援する府の「新型コロナウイルス助け合い基金」に寄付。8月末時点で約92万円が集まり、府から感謝状が贈られた。同社の担当者は「大阪で生まれた会社なので何か恩返しをしたかった。大阪の経済を回さないといけないし、医療関係者も支援したい」と、プロジェクト立ち上げのいきさつを語った。

「大阪マスク」はパッケージで大阪みやげをうたい、道頓堀などの土産物店でも販売。順調な売り上げを見せていたが、土産物店で目玉になっていた吉村グッズに目をつけた。大阪を代表するデザインとして、知事の顔写真やマンガのキャラに仕立てたパッケージデザインを吉村知事の事務所に打診。無償での使用許可を得て、前代未聞の公認グッズが誕生した。

秒殺完売で早くも増産が決定。今月にも府のコロナ助け合い基金への寄付金総額が100万円を突破する見込みだ。同社ではプロジェクトに参加する委託販売店を募っており、観光地や駅売店への販路拡大も呼びかける。「利益は正直ありませんが、コロナがなくなって、もうマスクいらねぇよ…となるまで続けていきたい」と担当者。“吉村マスク”が大阪名物として、おみやげコーナーに並び始める。

(まいどなニュース/デイリースポーツ・杉田 康人)

まいどなニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/18929576/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ