大盛りあがりGO 2020年03月23日
FC2ブログ

東京都、都立大生に「転入自粛」要請 上京予定の新入生は不安に...大学広報「対応を検討中」

facc7_80_8c3c7961_2468d1bc.jpg
小池都知事(19年撮影)

東京都は2020年3月23日、首都大学東京(4月に「東京都立大学」に名称変更)に対し、入学生の都内への転入自粛を求めたと発表した。

入学を控え、引っ越しを予定していた地方の学生には「大学側から何のアナウンスもなく混乱しています」「引越しはキャンセルがききそうにない」と混乱が広がっている。

都市封鎖防ぐためにも...
小池百合子東京都知事は23日、新型コロナウイルス対策に関する記者会見で、感染の爆発的な増加(オーバーシュート)を防ぐため、イベント自粛などの協力を呼びかけた。

特に「感染しても症状が出ない若い方々が無自覚のうちにウイルスを拡散させてしまう懸念がある」とし、都市の封鎖(ロックダウン)を避けるためにも若年層の協力が不可欠だと訴えた。

この日の都の染症対策本部会議では、首都大(本部:東京都八王子市)へ自粛要請を行ったことも明かされた。同大は、時の石原慎太郎都知事の主導で、2005年に旧東京都立大学など4校を統合、新設された。

要請内容は(1)ゴールデンウィーク終了まで休講(2)キャンパスへの立ち入り禁止(3)サークル活動の自粛要請(4)留学生・地方からの入学生の東京への転入自粛要請――の4項目で、都の総務局長は「4つの項目について、実施のための学内手続きに入ったところでございます。感染拡大の観点から、事業者の方々におきましても、都の取り組みを参考に対応を行っていただきたい」と説明する。

大学の見解は?
要請を受け、首都大の学生には混乱が広がっている。中でも「留学生・地方からの入学生の東京への転入自粛要請」は、上京組にとって"死活問題"だ。

大阪市在住で、4月6日に上京予定だった女性は「大学側から何のアナウンスもなく、ツイッターで先ほど知ったので混乱しています」と戸惑う。引っ越しは予定通りするものの、授業が始まるまでは地元に残るという。

石川県在住の男性は、3月31日に上京するはずだったが、「引越しはキャンセルがききそうにないので取りやめることができそうになく、1か月東京に1人でいなければならないかもしれないのでとても不安です」と漏らす。一般入試の後期日程で合格し、物件探しが遅れため、「焦りながら即決せざるを得ない状況でしたので、早めに発表してくれたらよかったなと本当に思っています」。北海道在住の男性(28日引っ越し予定)も「私のような地方在住者が混乱することになるので、もう少しだけ発表が早ければ良かったなと思います」と口をそろえる。

別の北海道在住の男性は、3月31日に大学の寮に入る予定だった。入寮期間が決まっているため、それに合わせて運送業者に手配していたという。大学から正式に転入自粛の要請があれば従うつもりだとするも、引っ越しのキャンセル料が発生した場合、負担するのは「納得できません」と話す。

大学側はどう受け止めるか。企画広報課は23日、J-CASTニュースの取材に、「都から要請は受けましたが、大学としては対応を検討中」と答えるにとどめた。

J-CASTニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/18009046/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

新型コロナ「自分だけは大丈夫!」の超危険

img_08471cbdfecb918c7114345527993767122001.jpg
(クリックで画像拡大)

 もう“自分だけは大丈夫”という時ではないはずだ。スペインから20日に帰国した沖縄県の10代女性が新型コロナウイルスに感染していたケースが物議を醸している。女性は20日に成田空港に着きPCR検査を受け、検疫所から結果が出るまで待機してほしいという要請があったのにもかかわらず、同行の家族らと沖縄へ帰ってしまっていた。信じがたいことだが、世界中が混乱する状況でも危機意識の低い人はいるという。

 10代女性は休校期間を利用し、家族や親戚計4人とともに13日にスペイン・マドリードへ。20日に帰国して成田空港の検疫所で検査を受け、待機要請がありながらも同日中に沖縄に戻り、翌21日に感染が判明した。ほかの家族や濃厚接触者は陰性だった。

 スペインといえば14日に政府が非常事態宣言を出しているほど感染が拡大している国。外出は禁止でホテルやレストランも閉鎖しているという。現在、スペイン国内の感染者が2万人を超え、日本政府は同国の一部地域について感染症危険情報を渡航中止勧告を表すレベル3にしたほど。これは16日のことだが、女性が出発する以前からスペインでは感染者や死者が増えていた。行くのがためらわれるのはもちろんのこと、無事に帰国できるかどうかも不安な場所だ。

 1月下旬に中国・武漢からチャーター機で邦人が帰国した際に一部が検査を拒否して帰宅したことに多くのバッシングが寄せられたが、今回も同じ。ネット上では「危機感も責任感もゼロ」「強制力のない要請に意味はあるのか」「コロナにかかりにいったとしか思えない」と怒りを通り越して、あきれる声がいっぱい。

 中国から始まったコロナパニックだが、今では欧州や米国の感染者が急増。中国では21日に明らかになった46人の感染者のうち45人が英国やスペインなど海外を訪れたことのある人たちだったという。

 こうした事情を反映して、日本でも海外から帰国して感染が発覚するケースが相次いでいる。神奈川県藤沢市の20代男性もスペインから帰国後の21日に感染が判明。奈良県ではメキシコから帰国した40代女性が感染。ほかに英国、フランス、イタリアなど欧州各国、フィリピンなどアジアからの帰国者にも感染例が出ている。

 日本では東京都が花見の自粛を呼び掛けているが、海外ではイタリアやフランスなど外出そのものが制限されている地域もある。トルコは外出自粛どころか、65歳以上や慢性肺疾患などの持病がある人の外出を22日から禁止した。20日に外出禁止令が出たアルゼンチンでは、バイクで大陸縦断の旅をしていた日本人の60代男性が逮捕されてしまうほど徹底している。

 こういう状況にもかかわらず、あたかも“自分は大丈夫”と言わんばかりに行動してしまう人が後を絶たない。

 ある風俗嬢は「東南アジア帰りというサラリーマンが来たんです。大丈夫なのかなと慎重に話してみたら、その人は『家族にも近づかないでと言われてる』って言うんですよ。友達も相手にしてくれないから寂しいって言ってたけど、それで風俗に行こうっていう神経が分からない」と暴露。その場で風俗嬢の方からキャンセルしたという。

 災害が起きたときに「自分は大丈夫」と過小評価してしまうことを「正常性バイアス」というが、まさにそんな感じだ。いくら自分自身が感染に気を付けていても、危機感の低すぎる人間が周囲にいたら対策も水の泡になりかねない。

東スポWeb

https://news.livedoor.com/article/detail/18007726/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ウイルス感染拡大のなか、東京の若者たちはあまりにも天真爛漫だった=中国メディア

c4e97_620_beefd604_6c5ea60c.jpg
中国メディアは、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、大規模なイベントの中止や全国規模の休校措置が取られている日本で、マスクをせずに街に繰り出している若者たちが「敬服する」ほど楽観的であると報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は21日、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、大規模なイベントの中止や全国規模の休校措置が取られている日本で、マスクをせずに街に繰り出している若者たちが「敬服する」ほど楽観的であると報じた。

 記事は、3月に入って中国国内のウイルス感染抑制が大きな成果を収める一方、海外では感染が拡大し始めているとした。そして、これまでに国内で1000人以上の感染者が確認されている日本では、多くの若者が新型ウイルスにを「ちょっと重いインフルエンザ」程度と考えており、普段はマスクが大好きなはずの日本人がマスク不足もあってマスクを着用せずに外出する様子をしばしば見かけると紹介。また、街に繰り出している若者にマスクをしない理由を尋ねると「驚きの理由の数々」が聞こえてきたと伝えている。

 まず、東京を代表する繁華街の渋谷にいた大学生が「若者はかからないから大丈夫」と答え、別の若い女性も至ってまじめな表情で「手洗いうがいをちゃんとやっていれば問題ない」と語ったことを紹介した。

 また、街に遊びに来ていた高校生からも「自分は健康だから感染しない」「学校が休みになって、急に遊びに出たのでマスクをしていない。卒業式ではちゃんとマスクをしたから大丈夫」など、根拠のない「大丈夫」、「心配ない」という声が多く聞かれたことを伝えた。

 記事はそのうえで「新型ウイルスに対して恐れを知らないのは、彼らがわれわれのように厳しい経験をしていないからかもしれない。だから、われわれのように慎重な態度を見せないのだが、実際はこの慎重さがウイルス抑制に顕著な成果をもたらしたのだ」と評している。

 春の彼岸の3連休を迎えた週末、依然として大規模なイベントやスポーツの試合などの中止や延期が続いているが、感染者があまり出ていない地域では商業施設などに多くの人が出かけており、ウイルス対策への緊張感が緩み始めている印象も覚える。急激に増えてはいないが、確実に感染者数が増え続けているなか、危機感を持ち続けるのは難しいのかもしれない。

 記事の作者曰く今回のウイルス騒動で「厳しい経験」をした中国の人たちが現在の日本国内の様子を見たら、腰を抜かすだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
サーチナ

https://news.livedoor.com/article/detail/18004055/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

筧美和子 水着・グラビア画像72

筧美和子 水着・グラビア画像72 (2)
筧美和子 水着・グラビア画像72 (1)
筧美和子 水着・グラビア画像72 (3)
筧美和子 水着・グラビア画像72 (4)
筧美和子 水着・グラビア画像72 (5)
筧美和子 水着・グラビア画像72 (10)
筧美和子 水着・グラビア画像72 (8)
ffds5ugig.jpg
FRIDAYデジタル写真集 筧美和子「挑発するヴィーナス」 Kindle版

筧美和子 水着・グラビア画像72の続きを読む

続きを読む

関連記事

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

これぞ究極!極撰競馬投資法~私が競馬で安定して稼ぎ続けている方法

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ