大盛りあがりGO 2020年01月02日
FC2ブログ

初詣

omairi1_boy.jpg
一月一日、午前1時過ぎに家を出て、電車で初詣に行く。
私の人生の中で、電車で初詣に行くのは初めての事。

ここ数年、いつも近所の神社で済ませてきたが、
今年は電車で十数分の有名な神社へ。

正月は終日電車が運行しているんですね。

まあ、そもそも初詣という風習自体が、
電鉄会社の仕掛けたもんだから、当然か。

とは、言っても、日中のように頻繁に電車が来るわけもなく、
当然のように、本数も少ないから、
電車に乗ったらめっちゃ混んでました。

人混みで混雑する駅の改札を通り、
人混みに紛れ目的の神社へと歩く。
神社の鳥居を潜り抜け参道を通り、
本殿でお参りを済ませたら、そそくさと家路に。

おみくじや、正月の縁起物のところの長蛇の列には並ばなかった。

駅から神社までの道中では、
屋台が数店あり、また近隣の飲食店も臨時営業していたり。

ベビーカステラなんかは長蛇の列ができてました。
正月早々、酒飲んでテンションあがりまくりの若い男女グループや、
家族などの数名で混みあう道中、
履きなれない靴の痛みをこらえつつ、駅まで。

いい靴なんだけど、買ってまだひと月。

20200102_205358.jpg
まだ、革が固くて足に馴染んでないんだなあ。

ダウンロード (1)
大晦日は、朝から近所の銭湯に行ったけど、
年末だからか結構、混んでましたね。

銭湯と言っても、一応、温泉ですよ。
天然温泉の源泉かけ流し。
加温とかしてなくて、42度から43度ぐらいかな。

それがなんと430円という銭湯並みの入浴料なんです。

しかもサウナがあって、サウナ使用料は
220円。
ダウンロード

入浴料+サウナでも650円。
リーズナブルでしょ?

まず、洗い場で頭、身体を洗い、
ヒゲを剃り、
それから天然湯に数分。
そして、ジェットバス、
それからサウナに5~6分、水風呂に5分というローテーションを5回ほど。

最後に、天然湯に数分入って、あがる。
下着は上下とも洗い立ての白に着替え、
髪はドライヤーで乾かし、銭湯を出ました。

そうして、家の掃除、蛍光灯を交換。

それからはテレビでガキ使を見ながら、ブログ更新。

そうして大晦日を迎え、新年になって1時間後には家を出て、
新年の誓いを立て、神社にて祈願してきたわけです。

いたって普通の日常ですよね。
まあ、年末だからと買い出しに行ったりとかはしてないし、
掃除も軽く1時間ちょいで終わらせましたね。

いちばん時間がかかったのは、
気に入ってる靴を数足磨くことでしたね。

ということで、今年もよろしくお願いいたします。
関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

日本人が知らない「初詣」の秘密 実は“新しい風習”だった

cf456_759_8399e722_7977a441.jpg
すっかり年中行事と化しているが…(時事通信フォト)

 新年を迎え、一年の健康や願い事成就を祈念して神社やお寺に参詣する。初詣は古くから続く日本の良き伝統文化──と思いきや、実はそうではなかった。歴史作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 とある深夜番組を見ていたところ、花柳界に詳しい作家で、國學院大學客員教授でもある岩下尚史氏が、初詣について語る内容に興味を引かれた。曰く、正月三が日の初詣は明治中期の鉄道会社が集客のために発案した「創られた伝統」で、一年の穢れを落として新年を迎えるためには年末にこそ参拝すべき、というのである。

 気になってネットで調べたところ、同様の主張が多数見られたが、よく見ると出典はどれも同じ。観光史と日本近代史を専門とする九州産業大学准教授・平山昇氏の著作『初詣の社会史 鉄道と娯楽が生んだナショナリズム』(東京大学出版会)か『鉄道が変えた社寺参詣』(交通新聞社新書)に拠っていた。

 初詣が明治時代の“発明”なら、それ以前の日本人は正月をどのように過ごしていたのか。彼らにとって、神社や寺は現代よりずっと身近な存在だったはずだ。平山氏の著作に加え、さまざまな関連書籍をあたり調べると、「年籠もり」「二年参り」「恵方参り」などがキーワードとして浮かんできた。

「年籠もり」は一家の主人が氏神の社に籠もり、大晦日の夜を眠らずに過ごすことを言う。一年に一度、あの世からやってくる年神(としがみ)をきちんと迎えなければ失礼に当たるという俗信に由来するもので、地方により禁を破った者は白髪が増えるとか皺が増えると言われていた。

 年神を迎えるのではなく、自分から神仏のもとへ挨拶に出向くかたちになったものが、地方によって「二年参り」、もしくは「年越し参り」などと呼ばれるものだ。除夜の鐘のうち107回は大晦日に、最後の一回だけは日付が変わって元旦になってから鳴らされ、それを聞き終えたら参拝をして家路につく。

 また、元旦の夜明け前、占いなどでその年の縁起のよい方角を調べ、その方角にある寺社へ参拝に赴くことは「恵方参り」と呼ばれた。地方によって名称に相違があるようだが、共通するのは家を出てから参拝を済ますまでの道すがら、顔見知りと会っても言葉を交わしてはいけないということ。理由は定かでないが、その禁を犯せば、ご利益が無に帰すると言われていた。

 少なくとも明治の初めまではこのような風習が受け継がれていた。先に紹介した平山氏の著作によれば、元旦の日中や三が日に徒歩圏外の寺社まで初詣に出かけるようになったのは1872年に新橋~横浜間の鉄道が開通して以降、それも寺社と鉄道会社が“タイアップ”して、「初詣」という言葉を創案した明治中期以降のこと。まさしく「創られた伝統」で、商業主義の産物と言ってしまえば実も蓋もないが、大切なのは形式ではなく真摯な心と思えば、何も問題はないだろう。

 細かいことを言い出せば、初詣は今の暦ではなく、旧暦に従うべきでは……との疑問から解いていかねばならないのだ。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。

NEWSポストセブン

https://news.livedoor.com/article/detail/17609811/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

“3泊”する虎党も…タイガース福袋に600人行列

s_sponichi-spngoo-20200102-0052.jpg
<阪神百貨店・初売り>福袋を求める買い物客で混み合うタイガースショップの店内(撮影・亀井 直樹)

(スポニチアネックス)

 大阪市北区の阪神百貨店梅田本店で2日、年明け恒例の初売りが行われた。8階のタイガースショップでは目玉となる「2020阪神タイガース福袋」(税込3993円)を800個限定(WEB販売で200個の計1000個)を販売。福袋には復刻メッシュジャージ、梅野選手など選手のイラストが描かれたマンガキーホルダーなど8点が詰まっている。

 一番乗りの男性は昨年12月30日の午後8時50分から並んでいたという熱の入れよう。開店前には用意された整理券600枚が配られ、開店時間も30分前倒しとなる午前9時30分に変更された。先頭集団で福袋をゲットした宝塚市の会社員・西村涼汰さん(22)は2日の午前1時から並んでいたといい「4年連続で買いに来てます。今年は優勝して欲しい。江越選手にスタメンで出て欲しい」と笑顔。本店広報部担当者も「今年は断トツで優勝していただいて優勝セールができるように。従業員一同願っている」と期待した。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/region
/sponichi-spngoo-20200102-0052.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

契約解除されたセブン、営業再開 商品売り切り休業も、大阪

s_kyodo_nor-2020010201000560.jpg
独自に営業を再開したセブン―イレブン東大阪南上小阪店元オーナーの松本実敏さん=2日午前7時11分、大阪府東大阪市

(共同通信)

 人手不足から自主的に時短営業を始め、別の理由で本部からフランチャイズ契約を解除されたセブン―イレブン東大阪南上小阪店(大阪府東大阪市)の元オーナー、松本実敏さん(58)が2日、同じ店で独自に営業を再開した。本部から仕入れができないため賞味期限が近い商品を売り切った後は再び休業を検討する。

 午前7時の開店後、近隣住民らが訪れた。本部の商品発注などのシステムが利用できなくなったため独自に用意したレジは現金のみに対応。弁当やおにぎりの棚は空きが目立った。セブン―イレブンの看板が引き続き設置され外観は契約解除前と変わらなかった。

https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/
business/kyodo_nor-2020010201000560.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

トルコ警察、ゴーン被告出国でパイロットら7人拘束=地元TV

s_reuters-20200102014.jpg
1月2日、トルコのテレビ報道によると、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(写真・右)が昨年末に日本を出国しレバノンに入国した問題で、警察当局がパイロット4人を含む7人の身柄を拘束した。写真は東京で昨年4月に撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

(ロイター)

[イスタンブール 2日 ロイター] - トルコのテレビ報道によると、日産自動車<7201.T>前会長のカルロス・ゴーン被告が昨年末に日本を出国しレバノンに入国した問題で、警察当局がパイロット4人を含む7人の身柄を拘束した。

ゴーン被告は、プライベートジェット機でトルコのイスタンブールを経由してレバノンのベイルートに入ったとされる。これを受けトルコ内務省が調査に乗り出していた。

https://news.goo.ne.jp/article/reuters
/world/reuters-20200102014.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ