大盛りあがりGO 2019年11月25日
FC2ブログ

NHKが林鄭月娥氏の名を「蛾」に誤植、香港人に大ウケ

be774_759_a42c5048_ae1b0280.jpg
腹の「虫」が収まらない?(NHK『ニュースウオッチ9』より。マークは編集部で加工)

 政府への抗議活動で緊張が高まる香港では、香港理工大に立てこもった学生らと警察の間で激しい衝突が続いた。その緊迫のなかで学生たちを支持する香港市民の間で“喝采”を浴びた日本メディアがあった。NHK『ニュースウオッチ9』が、香港の抗議デモについて報じた映像だ。

 同番組は11月11日、香港の林鄭月娥(りんていげつが)・行政長官が、激化する反政府デモについて「香港を破壊しようとする暴徒たちに厳しく言いたい。あなたたちが政治的な要求を手に入れることは絶対にできない」と厳しい表情で語った会見を放送した。

 中国側の主張を報じた内容にもかかわらず、デモ支持派が注目した理由は「字幕」にあった。長官の名前が「林鄭月蛾」と誤表記されていたのだ。それも画面下部と右側の字幕の2か所で、かつて“鉄の女”と呼ばれた香港政府トップの行政長官を、「蛾」呼ばわりしてしまったのである。

 番組終盤で桑子真帆アナが謝罪したが、日本ではさほど話題にならなかったこの失態が、香港で意外な反響を呼んでいた。香港で日本語教師をしている香港人男性(40代)が言う。

「香港人の間では『女(偏)』を『虫』にしてしまった誤字が大ウケしているんです。ネットにはNHKの画像を使って、林鄭氏を蛾のように加工して、殺虫剤を噴きかけているようなコラージュ画像が出回っています。そもそも香港の抗議者たちが求めていた五大要求の一つが林鄭氏の辞任でした。林鄭氏が市民から反感を買っているなかだったので“日本の国営放送がよくやってくれた”と話題です」

 香港での反響についてNHKは、「原因は字幕を入力する際のミスで、こうしたミスが起きないよう再発防止に努めてまいります」(広報局)とのこと。

 国内の報道では“政権寄り”と揶揄されるNHKだが、香港では反政府側の信頼を得たようだ。

※週刊ポスト2019年12月6日号

NEWSポストセブン

https://news.livedoor.com/article/detail/17432972/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ローマ教皇、拉致早期解決を支持 安倍首相と会談

s_sankei-plt1911250019.jpg
会談に臨むローマ教皇(法王)フランシスコと安倍晋三首相(右)=25日午後、首相官邸(春名中撮影)

(産経新聞)

 安倍晋三首相は25日、ローマ教皇(法王)フランシスコと首相官邸で会談し、日本とバチカンの二国間関係を強化していくことを確認した。日本政府によると、首相は北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に向けて理解と支持を求め、教皇の支持を得た。

 会談で首相は「日本とバチカンは、平和、核なき世界の実現、貧困の撲滅、人権、環境などを重視するパートナーだ」と述べた。教皇は「核兵器のない世界」の実現に向けた日本の取り組みを支持した。

 首相と教皇の会談は、平成26年の首相のバチカン訪問時以来、5年ぶり2回目。このとき、首相が教皇の来日を要請していた。

 拉致問題解決に向けて教皇の支持を得た意義は大きい。教皇はキリスト教カトリック信徒約13億人のトップに立ち、約180カ国・地域と外交関係を持つバチカンの元首でもある。高い情報収集力と発信力を背景に、教皇の言動は国際社会に大きな影響力を持つ。教皇を通じて拉致問題を世界に訴え、解決への機運を高めることが期待できる。

 会談後、首相と教皇は官邸で要人や外交団との集いに出席した。首相はスピーチで「理由もないままとらわれの身となり、解放をまちわびる人々がいる。誰一人として、見捨ててはならない」と強調した。拉致問題が念頭にあるとみられる。教皇は講演で「民族間、国家間の紛争は、対話によってのみ有効な解決を見いだせる」と述べ、対話の重要性を強調した。

https://news.goo.ne.jp/article/sankei/
politics/sankei-plt1911250019.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

s_mainichi-20191125k0000m010312000c.jpg
安倍晋三首相の「桜を見る会」を巡る問題に関して、内閣府のシュレッダーを視察しようと同府の担当者たち(右)に詰め寄る野党合同の追及本部の議員たち(左)=東京都千代田区で2019年11月25日午後3時36分、川田雅浩撮影

(毎日新聞)

 立憲民主党などの野党議員は25日、内閣府を訪れ、「桜を見る会」を巡る疑惑の解明に向け、招待者名簿を処理したとされるシュレッダーを視察しようとした。だが、職員は「アポイントがない」などと拒否。共産党の小池晃書記局長は「隠蔽(いんぺい)体質極まれりだ。内閣府は伏魔殿か」と批判した。

 立憲や共産の衆参8議員が内閣府を訪れた。職員は「シュレッダーが稼働中だ」「責任者がいない」などと視察をさせなかった。野党側は「稼働していない執務時間外なら見られるだろう」と食い下がったが、約2時間の押し問答の末に「官房長の判断でだめと決まった」と押し切られた。

 招待者名簿は、共産党議員が会を巡る資料要求をした5月9日の同日にシュレッダーで処理されたとされる。内閣府は「シュレッダーが空いた日だった」と説明するが、野党は「40秒で1000枚を処理できる性能だ。何日間も空かないことはなく、資料要求を受けて慌てて廃棄したのではないか」と疑っている。

 視察した立憲の黒岩宇洋衆院議員は記者団に「痛いところを突かれると、物理的な抵抗まで始める。非常に残念だ」と批判した。

 一方、立憲、国民民主、共産、社民、れいわ新選組の野党5党は25日、「桜を見る会」の追及チームを格上げした「追及本部」の初会合を開いた。

 本部長に就いた立憲の福山哲郎幹事長は「次の通常国会に向けて、追及の手を緩めない」とあいさつ。本部長代行の共産党の小池氏も「『桜を見る会』を転じて『桜が散る会』にしていくために力を合わせよう」と述べ、安倍政権打倒を目指そうと呼びかけた。【浜中慎哉、東久保逸夫】

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics
/mainichi-20191125k0000m010312000c.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

戸田恵梨香『スカーレット』じわじわ“視聴者離れ”一番の原因は…

71808995.jpg
提供:週刊実話

 女優の戸田恵梨香が主演を務めるNHK連続テレビ小説『スカーレット』の第8週「心ゆれる夏」(11月18日~23日)の週間平均視聴率が、19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。前週の20.0%からダウンし、ここに来て下落傾向が強まっている。

 「10月12日に22.4%の最高視聴率を記録した『スカーレット』ですが、最近、徐々に“視聴者離れ”が進んでいるようです。第8週では20%を超えたのは月曜日だけ、その後はずっと19%台を維持していましたが、土曜日には何と17.9%まで落ちてしまいました。今までの最低視聴率は10月22日の13.9%でしたが、この日は『即位礼正殿の儀』のため、時間変更があったからでした。通常放送でこの数字は、朝ドラとしてはかなり危機的と言っていいかもしれません」(エンタメ誌記者)

 ネット上には、
《何か地味過ぎてちっとも引かれない》
《垢抜けないよなぁ。陶芸家がモデルのせいかもしれないな》
《関西ローカル臭がプンプンする。関東人としては朝からキツイんだよね》
《登場人物に変なクセがあり過ぎて感情移入できない。朝ドラは爽やかさがあればいいのでは?》
 など、厳しい意見が殺到している。

 「女性主人公が力強く生きるという、朝ドラとしては王道の展開が、メイン視聴者である主婦層には好評ですが、一方、男性や若年層はすっかり飽きてしまったようですね。ヒロインの戸田恵梨香は、さすがに演技もうまく、まとまりがいいのですが、いかんせん“華”がありません。陶芸家という役どころも地味に映るようです。おそらく今後は、新たなキャストの登場などで時たま20%を記録しながらも、常時、18~19%台を行き来する流れになるんじゃないでしょうか。大阪放送局制作ということで、芸人が多数出演しているのも、最近の吉本の不祥事などで敬遠される要因の1つになっているようです」(同・記者)

 第8週では主人公の喜美子(戸田)が絵付けの練習を始めたが、その後、“たった2分”で3年が経過するという展開に、驚いた視聴者も多かったようだ。

《一気に数年飛ばすのやめてくれ。はしょり過ぎ》
《だったら今までにもいらないパートあったよね。そもそも無理に時代を追う必要なくね?》
《3年間はなーんもなかったんだろうな。だったら、もっと劇的な展開も用意してくれ》
 などといった意見が上がっている。

 ネット上には、視聴しなくなった理由として、《Superflyの主題歌・フレアの突然の始まり方がイヤ!》という超個人的な意見も見られるが、言い換えれば、そんな声が出るくらい、ドラマとしては破綻もなくまとまっているとも言える。

 視聴者離れの一番の原因は、“まとまり過ぎていて、逆につまらない”ということなのかもしれない。

https://npn.co.jp/article/detail/71808995/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

戦略の効力が注目される沢尻エリカ容疑者の弁護団

86911196.jpg
沢尻エリカ

 合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優・沢尻エリカ容疑者が、約1か月前に周囲に「スペインの事務所を畳もうと思っている」と打ち明けていたことを、一部スポーツ紙が報じた。

 沢尻容疑者は2010年、当時拠点としていたスペインで個人事務所を設立したが、2011年に現在の事務所と契約。記事によると、現在、個人事務所はほとんど機能を果たしていないという。

 「スペインと言えば、“パリピの聖地”とされるイビサ島を頻繁に訪れ、前夫との離婚成立前、現地で大麻インストラクターの肩書を持つ男性との交際が報じられていた。薬物にどっぷりとハマることになった沢尻容疑者の“黒歴史”はスペインでの生活に詰まっていた」(芸能記者)

 記事によると、そんな地にある事務所を閉じることを決意した理由について、沢尻容疑者をよく知る友人は、薬物との関わりを断とうと決めたのでは、と推測しているというのだが…。

 「記事を報じたスポーツ紙は、唯一沢尻容疑者の弁護団が沢尻容疑者に接見した様子を掲載。沢尻容疑者が所持していたMDMAが彼氏のものだったことや、その彼氏により沢尻容疑者が薬物にハマったことも報じているが、沢尻容疑者の“印象操作”をしようとしているのが窺える。26日で勾留期限を迎えるが、行われている毛髪鑑定がシロだったら不起訴で保釈されることになりそうだが、弁護団の戦略がどの程度の効果があったのかが気になるところ。不起訴になれば弁護団にはたっぷりと成功報酬が支払われることになりそうだ」(同)

 25日の時点まで、沢尻容疑者は所属事務所からの契約を解除されていないが、不起訴になれば、そのまま契約を続行されるとみられている。

 大河ドラマやCMの降板などで、すでに巨額の違約金の支払いが発生してしまっているが、事務所が再起をバックアップすることになりそうだ。

https://npn.co.jp/article/detail/86911196/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ