大盛りあがりGO 2019年10月25日
FC2ブログ

祇園で「無許可撮影は1万円」 花見小路周辺の私道、地元協議会

91dfb_1675_66bf33074d3d611aa36693da0dcc134a.jpg
京都市東山区の「花見小路」周辺に掲げられた、私道での写真撮影を禁止するとした高札=25日夜

 京都市東山区の祇園町南側地区の「花見小路」周辺で外国人観光客のマナーが問題になっていることを受け、地元住民らでつくる協議会は25日、私道での写真撮影を禁止するとした高札を掲げた。日本語に加え、英語と中国語で「許可のない撮影は1万円申し受けます」と記載した。

 一帯は、お茶屋や飲食店など伝統的な家屋が立ち並び、観光客の人気が高いエリア。近年、芸舞妓の無断撮影や、私有地への立ち入りなど、マナー違反が相次いでいる。

 撮影禁止に法的拘束力はないが、協議会は「これまでも市と協力しマナー啓発をしてきたが、意識の変化は見られなかった。改善につながってほしい」としている。

共同通信

https://news.livedoor.com/article/detail/17286502/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

キー局落選組が大活躍 局アナの時代は終わっている

s_dot-2019102100069.jpg
川田裕美(左上)、新井恵理那(右上)、皆藤愛子(右下)、ホラン千秋(左下)朝日新聞社

(AERA dot.)

 元TBSの宇垣美里に吉田明世、元テレビ朝日の宇賀なつみなど、最近ではキー局アナのフリー転身が目立つ。しかし、満を持して羽ばたいたはずが、看板番組の視聴率が振るわずに苦戦しているケースも多い。そんな中、いま活躍が著しいアナウンサーやキャスターに目を向けると、キー局のアナウンサー試験に落ちた過去のある顔ぶれが並んでいるのだ。



例えば、2017年4月から「Nスタ」(TBS)のサブMCを任され、今やすっかり夕方の顔となったホラン千秋(31)。元フジテレビのカトパンこと加藤綾子がメインMCを務める「Live News it!」(フジテレビ)に視聴率で勝つことも多く、業界内でもその実力が高く評価されているという。

「ホランさんは青山学院大卒で、オレゴン州立大に留学をした経験があります。また、アイルランド人の父を持ち、くっきりとした顔立ちも印象的。まさに才色兼備なのですが、実は民放キー局すべてのアナウンサー試験を受けるも全敗してしまったそうなんです。売れない時代はスーパーでレジ打ちのアルバイトをしていたこともあったそうで、ときに見せる庶民派な一面やモテないキャラが主婦層からも支持を集めています。しかし、庶民派と言いつつも、18年度に最も稼いだ女性フリーアナと報じられ、その記事によれば2億5500万円を稼ぎ出したようです」(女性週刊誌の芸能担当記者)

一方、出演本数の多さで首位に立ったフリーアナウンサーの新井恵理那(29)もキー局落選組のひとりだ。「2019上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)の女性キャラクター部門で見事1位に輝いた新井の出演番組は実に幅広く、平日朝の生放送「グッド!モーニング」(テレビ朝日)などのニュース番組から、バラエティー番組「所さんお届けモノです!」(TBS)でのMCアシスタントまでを器用にこなしている。

「新井さんは在学中にミス青山学院大グランプリに選出された美貌の持ち主。フジテレビの最終選考まで残ったそうですがダメで、お台場の商業施設のトイレで号泣したとさまざまな媒体で明かしています。9月に発売された自著内ではフリーアナウンサーとして固定給ゼロからスタートしたことやオーディションと降板を繰り返した修行の5年間などについても語っています」(同)

■地方から這い上がった川田裕美

地方で実力を磨き、フリーランスとして東京で花を咲かせた者もいる。その筆頭といえるのが川田裕美(36)だろう。受験したキー局は全滅したものの、読売テレビに合格し入社。「情報ライブ ミヤネ屋」のアシスタント時代は、メイン司会の宮根誠司のアドリブへの対応力や天真爛漫な明るさが話題となり、その名が東京にまで広まった。

「2015年にフリーとなり、東京に拠点を移してから川田さんの快進撃が始まります。ギコチないスキップを披露したり、アンコ好きや線香好きをアピールしたりと、特異なキャラでイジられることも多いですが、そこが視聴者に親近感を与えているようです。民放だけでなくNHKにも出演するなど好感度の高さがうかがえます。番組進行が上手なうえ、女性芸人のような立ち居振る舞いもできる“二刀流”として『女子アナ界の大谷翔平』と報道されたこともある。実力十分な川田さんの活躍はしばらく安泰といえるでしょう」(同)

ほかにも“政治家の妻”となった滝川クリステルや、お天気キャスター出身でマルチな活躍を見せる皆藤愛子もフジテレビの入社試験に落ちた経験の持ち主だ。TVウォッチャーの中村裕一氏は、キー局で不採用となった彼女たちの活躍ぶりについてこう分析する。

「80年代から90年代にかけて『女子アナ』はまだ希少価値が高く、社会的なステータスも高かったと言えるかもしれません。しかし、一時期のフジテレビや日本テレビのようにユニットを組んでCDデビューさせるなど、まるでタレントのように売り出した結果、今やかつてのような威光はほとんどなくなった。とはいえ、アナウンサー試験は今でも非常に狭き門であるため、当然、多くの人が涙をのむ結果になります。したがって、試験に落ちた過去を持つフリーアナが出てくるのも自然な流れだと思います。また、アナウンサーを目指す女性たちも、キー局のアナウンサー、いわゆる『局アナ』になることに必ずしも固執していないのではないでしょうか。なまじテレビ局の正社員となって長時間の収録で拘束されたり、異動の対象になってしまったりするほうが、かえってキツい場合もあります。むしろ局アナの採用試験に落ちたことをバネにしたり自分のセールスポイントに変えたりして、自由な生き方のできるフリーアナを選ぶ人はこれからも増えていくと思います」

 最近、週刊誌で発表された「好きな女子アナ20」(「週刊ポスト」10月7日発売号)では、かつてアイドルアナを生んできたフジテレビからは19位の山崎夕貴アナのみがランクインするというなんとも寂しい結果に。世間が求める女子アナ像の変化や多くのフリーアナウンサーを抱える事務所、セント・フォースの台頭などにより、「キー局に入れば安泰」は過去のものとなりそうだ。今後も令和の女子アナ勢力図は大きく書き換えられる可能性があり、目が離せない。(高梨歩)

https://news.goo.ne.jp/article/dot/enter
tainment/dot-2019102100069.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

IOC、札幌開催案譲らず 小池都知事と会談も「意思決定している」/マラソン

s_sanspo-ath1910250003.jpg
IOCのジョン・コーツ調整委員長(右)と会談した小池百合子東京都知事。左はIOCのギラディ調整副委員長=東京都庁(撮影・桐山弘太)

(サンケイスポーツ)

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長が25日、東京都の小池百合子知事と東京都庁で会談し、マラソンと競歩の札幌開催案について「東京が主張したらどうではなく、意思決定している。IOCはこの決定をする権限をもっている」と主張した。

 コーツ委員長は、10月上旬までドーハで行われた陸上・世界選手権の男女のマラソンと競歩の気象条件や記録をまとめた資料を持参し、酷暑が影響して自己記録を更新した選手が1人しかいなかったことなどを指摘。「ドーハと同じようなイメージを東京の人々にも与えたくない」と述べた。

 札幌開催が実現した場合、大会最終日に行われる男子マラソンのメダル授与式は、新国立競技場での閉会式で実施する意向を示した。女子マラソンと男女の競歩についても東京で行うつもりという。追加でかかる費用に関しては「マイナスの影響があればIOCに伝えてもらいたい。対応する義務はある」と話した。

 小池知事は「マラソンと競歩を東京でやりたい気持ちに変わりはない」と反発しており、30日からのIOC調整委員会で東京開催の優位性を主張する方針を貫いた。

https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/
sports/sanspo-ath1910250003.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

徳井さん、追徴課税1億円超えていた 昨年末納付済ます

f1308_1509_45b2ccff_08637e54.jpg
出演料などをめぐる国税指摘の構図

 お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さん(44)が設立した会社が東京国税局から申告漏れなどを指摘された問題で、同社が法人税約3700万円のほかに、消費税と源泉所得税計約6500万円の追徴課税も受けていたことがわかった。

 同社は総額1億円を超える追徴課税の納付を昨年12月に済ませたという。

 吉本興業や関係者によると、徳井さんが設立した株式会社「チューリップ」(東京都世田谷区)は、昨年の税務調査で2018年3月期までの7年間に消費税の申告漏れや無申告を指摘され、約2100万円を追徴された。また事業者が個人に報酬を支払うときなどに徴収(天引き)して税務署に納付する源泉所得税についても、同じ期間に不納付加算税などを含め約4400万円を追徴されたという。

 チューリップ社は15年3月期までは税務署に促されてから期限後申告し、その後18年3月期までは申告を怠っていて、税務調査を受けた。15年3月期までの4年間は旅行代や洋服代など約2千万円の個人的な支出を会社の経費として計上し、所得隠しと判断された。会社への税務調査では、法人税と消費税、源泉所得税を同時に調べることが多い。

朝日新聞デジタル

https://news.livedoor.com/article/detail/17285708/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

台風19号復旧、国が代行 大規模復興法適用、2例目

s_kyodo_nor-2019102501002233.jpg
首相官邸で開かれた、台風19号の非常災害対策本部会議。左から3人目はあいさつする安倍首相=25日午後

(共同通信)

 政府は25日、台風19号を大規模災害復興法に基づく「非常災害」に指定し、甚大な被害が出た自治体管理の道路の復旧を国が直轄事業として代行することを決めた。同法適用は2016年の熊本地震以来2例目となる。26日で台風上陸から2週間。道路などのインフラ復旧が急がれる一方、被害規模が大きく高度な技術が必要なため、自治体だけでは対応が困難と判断した。

 安倍晋三首相は非常災害対策本部会議で「被災自治体から道路の災害復旧について代行要請が来ている」と述べ、長野県内など6カ所の道路を対象とする方針を明らかにした。

https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/
politics/kyodo_nor-2019102501002233.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ