大盛りあがりGO 2019年10月20日
FC2ブログ

日本、南アに敗れ快進撃に幕…自国開催で歴史的8強入り 世界を魅了した“魂のラグビー”

s_sponichi-spngoo-20191020-0241.jpg
<日本・南アフリカ>前半、松島のプレー(撮影・吉田 剛)

(スポニチアネックス)

 ◇ラグビーW杯2019 準々決勝 日本3―26南アフリカ(2019年10月20日 味スタ)

 ラグビーW杯日本大会は20日、準々決勝が行われ、世界ランキング6位の日本代表が同4位の南アフリカと対戦し、3―26で敗戦。史上初の4強進出はならなかった。

 ブレイブ・ブロッサムズの歴史を塗り替えた戦いが終わった。

 4年前のW杯。15年9月19日、イングランド大会初戦で南アフリカに勝利。「ブライトンの奇跡」「世紀の番狂わせ」と称賛された一戦を経験した日本ラグビーは、この4年間でさらなる成長を見せた。

 指揮官やメンバーが替わったが“世界と戦う”という目標達成へ、チームスローガンの通り「ONE TEAM」となった。今大会は1次リーグ4試合を破竹の4連勝で1位通過。アイルランド戦での劇的な逆転勝利や、因縁スコットランドとの死闘を制しての進撃。大会中もチームとして進化し続けた。

 戦術の幅の広さも日本の強みとなった。福岡、松島の“Wフェラーリ”を中心としたスピード攻撃やワイド攻撃、決死のオフロードパス、フィジカル自慢のFW陣の総力戦など、あらゆる選択肢から最善の策をチョイスできる変幻自在の戦術は、国内だけでなく海外のファンも魅了した。

 史上初の決勝トーナメント進出。大一番となったこの日の南アフリカ戦ではラインアウトで制空権をほとんど奪われ、フィジカル勝負でも屈した。4年前の番狂わせ再現はならず、新たな課題も見つかったが、日本ラグビーの進化を世界にアピールしたW杯となった。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/
sports/sponichi-spngoo-20191020-0241.html

関連記事

テーマ : ラグビーW杯
ジャンル : スポーツ

「卵」と「玉子」の違い、ご存知ですか?

[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2019年10月7日放送の「仰天コロンブス」のコーナーでは、「卵」と「玉子」の違いについて調べていました。

両方とも「たまご」の漢字ですが、違いは何なのでしょうか?

ce016_1460_65b7a8d67a615f5234cfc8e429faad28.jpg
これは卵?玉子?

「卵焼き」か「玉子焼き」か
石川県の宝達志水町で、卵や卵製品を販売している「エッグステーション」では、すべての商品を「たまご」とひらがな表記にしていました。

お客さんにわかりやすいようにと親しみを込めて平仮名にしているそうです。

しかし、「卵」と「玉子」には、区別があるそうです。

大まかに「卵」は調理前、「玉子」は調理後を指します。そして「卵」は全ての生き物の卵で、ふ化する前提のものを表すのに対して、「玉子」は鳥類限定の食品を表します。

そして、生の状態に近いもの、形が生に近いものは「卵」という漢字をつかっているそうです。

こうした説明に従うと、「ゆで卵」「玉子焼き」「玉子丼」「卵かけご飯」となるのでしょうか?

しかし、迷ったときは「卵」のほうを使うとよいそうです。

(ライター:りえ160)

Jタウンネット

https://news.livedoor.com/article/detail/17259110/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

後を絶たない台風のときに「川を見に行く人」にはどんな心理が働いているのか?

s_dot-2019101900015.jpg
相馬市を流れる宇多川の増水で道路がえぐられた(13日撮影) (c)朝日新聞社

(AERA dot.)

 甚大な被害をもたらした台風19号。死者77人(警察庁発表、18日15時現在)、行方不明者13人(消防庁発表、18日15時現在)、堤防の決壊は7県71河川128か所(国土交通省発表、18日15時現在)にのぼっており、被害の全容はまだわかっていない。まさに未曽有の災害といえるが、だからこそ、今回の台風報道の端々でも触れられたあるキーワードに関心が集まっている。
* * *
「外の様子を見に行く」「川の様子を見に行く」「田んぼの様子を見に行く」――。今回に限らず、台風のたびにこうした言葉を残して亡くなったり、被害にあったりする人が後を絶たない。

 茨城県常陸大宮市では、71歳の男性が12日夜、近くの沢の様子を見に行ったまま行方不明になった。特に今回の台風の場合、上陸前から盛んに注意喚起がなされていたにも関わらず、こうした悲劇が起きてしまうのは何故なのか、本人や周囲の人間はどのような心構えを持つべきなのか、兵庫県立大学で災害時の人間心理や行動を研究する木村玲欧教授に話を聞いた。

■「これまでの常識は通用しない」

「外(や川、田んぼ)の様子を見に行く」といっても大きくふたつのパターンが存在する、と木村教授は語る。「ひとつは単純にどのような被害がでているか知りたくなり、出かけてしまうケース。もうひとつは仕事として外出せざるを得ないケースです」

 前者の行動をとる人の心理には「少しだけなら大丈夫だろう」「自分は大丈夫なはずだ」「ニュースで言われていることが自分に起こるはずはない」という楽観がある。これは専門用語で「正常性バイアス(正常化の偏見)」と呼ばれ、自然災害や事件など、自分にも被害が予想される状況に直面しても、それを普段の生活の延長として捉え、リスクを過小評価してしまう。実のところ、正常性バイアスがあることで、人はちょっとやそっとの環境変化にも耐えることができ、様々な自然環境・社会環境に適応することができる場合もあるのだが、災害時には被害に巻き込まれたり、逃げ遅れたりする原因にもなる。

 木村教授が強調するのは、地球温暖化の影響で近年の台風は非常に強力になっており、今回のような台風がこれからも頻繁に襲来する可能性が高いこと、ゆえに経験則からの「自分は大丈夫だろう」という思い込みは持つべきではないということだ。

「これまでの常識は通用しない、という意識を強く持ってください。『自然環境は変わった』と認識し、自分たちの行動を変えていかなければなりません。台風後、被災地に赴いた際、『50年に一度の大雨といわれている。ならば今後の50年は大丈夫なのではないか』という地元の人々の声をたびたび耳にしました。しかし今の時代、毎年のように今回のような台風が来てもおかしくはないのです」

 こうした正常性バイアスは人間の本能のようなもので、自分でそれを認識して、行動を改めるのは簡単なことではない。だからこそ、家族や町内会など、周囲の人々で声を掛け合う体制や習慣を築いていくのが重要になるという。台風の際に外出するという人を見かけたら、決して楽観せず、強く制止してほしい。

■災害を「わがこと(我が事)」化する大切さ

 もうひとつの「仕事として外出せざるを得ないケース」はむずかしい問題だ。

 台風19号が上陸した10月中旬は農作物の収穫を控えた地域も多かった。田んぼの水量の調整や防風ネットの様子を見るために外出した農業関係者は少なからず存在しただろう。

 茨城県つくば市の農家の男性(44)は「居てもたってもいられなくて大雨のなか田んぼを見に行った。危険であることも、行っても何も変わらないことも承知していたが、体が動いてしまった」とAERA dot.の取材に答えた。

 木村教授は語る。「多くの場合、そうした方々は使命感に駆られて行動しています。使命感を抱いていると身の安全について正常な判断がしづらいほか、周囲の人々も止めづらい。しかし、命の方が大事であることを改めて思い出してください」

 外の様子が気になる、被害が心配である、という心情を責めることはできない。ひとつの代替案はウェブカメラを活用することだ。多くの河川敷にはカメラが設置され、河川の状況をライブで公開している。田んぼや農地などの私的な土地であっても現在では安価に取り付け、自宅で監視することができる。事実、木村教授が行った聞き取りでも、こうしたライブ映像を見ることで外出をあきらめることができた、という声が聞かれたという。

 災害から命を守るためには、災害の「わがこと(我が事)」化が肝要といわれる。報じられる被害が自分にいつ降りかかってもおかしくないという認識をもつことだ。そのためには大手メディアだけでなく、SNSや気象庁のサイト、都道府県などが提供するアプリ等、さまざまなソースから情報を取得する習慣を、住民一人ひとりがもつことだという。

 大手メディアが提供する情報は最大公約数的なものになりがちで、どうしても自分の住む地域単位で実際に何が起こっているのか、それが自分たちのどのような被害や影響をもたらすのかという「わがこと意識」が生じづらい。多角的に情報を集めることが正確な現状把握につながり、そこからわがこと意識が育まれる。そうすれば台風の際、「様子を見に行きたい」と思っても、リスクを正しく見つめなおす余地が生まれるはずだ。(小神野真弘)

○木村玲欧(きむら・れお)/兵庫県立大学環境人間学部・大学院環境人間学研究科教授。防災心理学を専門とし、災害時の人間心理・行動、防災教育・地域防災力向上手法などを研究。『災害・防災の心理学−教訓を未来につなぐ防災教育の最前線』(北樹出版)など著書多数。

https://news.goo.ne.jp/article/
dot/life/dot-2019101900015.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

カニを丸ごと挟んだバーガーが「バカ売れ」 ドムドムハンバーガーの“ユニーク商品”はどのように生まれるのか

s_oricon-2146851.jpg
これが噂の「丸ごと!! カニバーガー」。揚げられても旗を持つカニがシュールだ

(ORICON NEWS)

 日本初のハンバーガーチェーン、ドムドムハンバーガーで、驚きの商品が誕生した。その名も「丸ごと!! カニバーガー」(税別900円)で、脱皮したての殻がやわらかいカニ「ソフトシェルクラブ」を、まるまる一匹挟んだハンバーガーだ。見た目のインパクトが大きいが、SNSでは「カニそんなに好きでもないけどこれはおいしかった」「殻ごとバリバリ食べられるの感動」「尖ってるけど、味もきちんとしてる」など、多種多様な高評価が相次ぐ。メニュー開発の経緯を、ドムドムハンバーガーを運営する(株)ドムドムフードサービスの営業企画部商品課長 浅田裕介さんに聞いた。

■「全メニュー」の中で一番人気

――「丸ごと!! カニバーガー」がSNSを中心に盛り上がっておりましたが、反響のほどはどうですか?

「一言でいうと『バカ売れ』しています。各店舗にある程度の在庫は持たせていましたが、1日70食以上売れる店舗もあり、在庫分が完売する店舗が続出しました。ここまで売れたハンバーガーは近年なく、現時点の販売数も全メニューでトップです。900円(税抜)という高価格商品ですが、見た目のインパクトはもちろん、カニがハサミでドムドムのロゴ入り旗を持っているといった“遊び心”も伝わり、好意的な感想を多くいただいております」

――こちらの商品が誕生した経緯をお聞かせください。

「以前から、ソフトシェルクラブを丸ごとバーガーにしたいという気持ちがあったんです(笑)。NYではソフトシェルクラブサンドの店舗がたくさんあり、一般的なメニューでもあります。商品化にいたっては、ソフトシェルクラブの規格の中でも最大の100gのものを使っています」

――ちなみにドムドムハンバーガーのメニュー開発はどのように行っているんですか?

「ほとんどのメニューは私一人で考えています。その後、試食会を経てプレゼン、役員会議にかけて商品化決定です。今回、『丸ごと!! カニバーガー』のレシピを社内プレゼンした際には、他の社員から『すごい!』といった感嘆の声が多くあがりました。その声を聴いて売れると確信したんですが、やはり見た目のインパクトが強すぎることや、価格帯で賛否両論だったのも事実です。しかしながら、ドムドムハンバーガーでは、これまでインパクトと味を両立したメニューをいくつも販売している実績があったこと、また高価格帯のグルメハンバーガーも増えてきたことから、お客様側も1000円弱程度なら受け入れていただけるのではないかと思い、販売に踏み切りました」

■「普通」を避けるため基本的に開発はひとりで

――企画する際に重視していることがあれば教えて下さい。

「複数名の開発メンバーで考えると、いろいろな意見を取り込むことができるのですが、だんだん『個性』や『独自性』が失われ、いわゆる“普通のメニュー”になってしまうため、私一人で企画することが多いです。それでも、メニュー開発専門ではない現場サイドや別部署、役員の意見は(良い意味で)突拍子もないものがあるので、非常に参考にしております。ドムドムハンバーガーは、ほぼ毎月1つは新メニューを発売しているのですが、今回の『丸ごと‼カニバーガー』のような超個性的なメニューの一方で、『スモーキーベーコンエッグバーガー』や『塩レモンチーズチキンバーガー』のような、味に特化したメニューも織り交ぜています」

――これまで開発をしてきた中で思い入れの深いメニューはありますか?

「わたしのバーガー開発史上、もっとも美味しいと感じた『ジンジャーチキンバーガー』です(2019年6月販売)。特製の生姜ソースにチキン、シャキシャキのキュウリの組み合わせで、試食会や店舗スタッフにも大好評のバーガーでしたが、売れ行きはそれほどでして……。『思い入れ』と『美味しさ』は必ずしも売れ行きに比例しないものだと痛感させられましたね。また、商品化には至ってないのですが、『納豆バーガー』をいつか販売したいと思っています(ちなみにレシピもあります)。プレゼンするたびに『クセが強すぎる』と毎回NGを出される、ある意味思い入れが深いメニューです(笑)」

 今後の「丸ごと!! カニバーガー」の展望だが、10月いっぱいは販売を継続し、その後は各店舗の在庫が終了次第、順次販売終了するとのこと。それでも浅田さんは「非常に好評いただいていますので、現時点でお約束できませんが、再販売も十分検討してまいります」と語ってくれた。カニバーガーしかり、「美味しくて尖った商品」を今後も期待したい。

https://news.goo.ne.jp/article/
oricon/trend/oricon-2146851.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

台風20号、東日本で大雨のおそれ 台風21号も北上中

m_fnn-00425906CX.jpg

(FNN PRIME)

強い台風20号が、沖縄の南から北上している。

強い台風20号は、21日にかけて、沖縄や奄美に接近し、その後、22日には、四国沖へ進み、温帯低気圧に変わる見込み。

周辺の湿った空気の影響で、21日夜から、東海や関東甲信で雨が強まるおそれがあり、復旧が進む被災地では、注意が必要となる。

また、台風21号は、日本のはるか南にあり、発達しながら北上している。

24日ごろには、非常に強い勢力で、小笠原近海へ進む予想。

その後の進路には、まだ幅があり、今度の動きに注意が必要となる。

https://news.goo.ne.jp/article/fnn
/nation/fnn-00425906CX.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ