大盛りあがりGO 2019年10月08日
FC2ブログ

台風19号、接近前にできる備えは 家屋補修や停電対策

s_ASMB762SPMB7UTIL059.jpg
台風15号の被害を受けた千葉県南房総市。倒木が集落に迫っていた=2019年10月5日午後、朝日新聞社ヘリから、川村直子撮影

(朝日新聞)

 大型で猛烈な台風19号が12日から13日にかけて、暴風域を伴って九州や四国、本州に接近する恐れがある。暴風による家屋被害や停電にはどう備えればいいのか。

 家屋被害を防ぐために重要なのは、台風前の点検だ。屋根瓦のひび割れやずれ、トタンのめくれ、雨戸のがたつきや緩みがないか確認し、危険な箇所があれば修繕しておく。さらに、実際に台風が接近したら、飛来物による窓ガラスの飛散や屋根の破損に注意が必要だ。

 屋外にある物干しざおや植木鉢、自転車といった吹き飛ばされそうなものは室内に移すか、ロープやネットで固定しておく。屋内では雨戸、カーテンを閉め、窓ガラスの内側から段ボールや飛散防止フィルムを貼るのも効果的だ。割れた窓ガラスを踏まないよう、手元に靴を用意しておく。

 9月の台風15号では、千葉県内を中心に停電が長期化した。情報の収集や共有に使う携帯電話やパソコンなどは事前に充電しておく。明かりを確保するため、懐中電灯やランタン、乾電池も準備。台風の通過後は、暖かく湿った空気が入り込む影響で暑くなることが多い。事前に飲料水を確保した上で、浴槽に水をためておき、熱中症に備えたい。

 公益財団法人「市民防災研究所」の坂口隆夫理事は「台風15号のように強い風が吹き始めると、飛来物を避けながら避難することは難しい。台風は事前に勢力やコースを予想できるので、早めに避難所にいく心構えが大切だ」と話す。(渡辺洋介)

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/
nation/ASMB762SPMB7UTIL059.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

テコンドー金原会長 銃撃は暴力団の雇われヒットマンからと主張 反社と交際は否定

s_20191008114.jpg
理事会を終えて会見する全日本テコンドー協会の金原昇会長

(デイリースポーツ)

 強化体制の在り方を巡って選手と対立している全日本テコンドー協会が8日、都内で理事会を開催した。金原昇会長を含む16人の理事総退陣の意見も出たが、金原会長は「この問題自体が審議事項に当たらない」と議決を取るには至らなかったと説明した。午後1時から始まった理事会。当初は5時30分から会見が行われる予定だったが、6時30分、7時30分と2度延長されるほど紛糾した。結局会長が会見したのは7時45分からだった。

 会見の中で金原昇会長は一部週刊誌などで報じられた反社会的勢力との関わりを改めて否定。拳銃で撃たれたということは「事実」とし、「撃たれました。お腹と腕です。時期は30年前。腕は血管、骨、筋肉すべてあたってない。お腹は当時そんなに出ていなかったので、ちょっとかすった程度です」と、得意げに語った。

 報道陣に配った資料では当時、松本市の飲食店組合が設立した暴力団を追放する組合の組合長だった人物からの申述書を添付。その中では運動の中で暴力団と抗争状態となったこと、副会長だった金原氏が目を付けられ、銃撃を受けたことなどが綴られている。「状況からして、松本市のいずれかの暴力団から雇われたいわゆるヒットマンであったということは間違いない」と、金原氏に殺し屋を差し向けられていたことが明かされた。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20191008135.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

国連の赤字250億円、近く現金払底の恐れ 事務総長が警告

1d088_1351_828da0f7_57ed1c24.jpg
米ニューヨークの国連本部で演説するアントニオ・グテレス事務総長(2019年9月24日撮影、資料写真)。(c)Don Emmert / AFP

【AFP=時事】国連(UN)のアントニオ・グテレス(Antonio Guterres)事務総長は7日、国連は2億3000万ドル(約250億円)の赤字を抱え、今月末にも現金が払底する恐れがあると訴えた。

 AFPは、グテレス氏が国連事務局の職員3万7000人に宛てた書簡を入手。その中で同氏は、給与や各手当を確実に支給するためには「追加的な暫定措置」を講じなければならない可能性に言及。ただその措置の具体的な内容には触れていない。

 グテレス氏は「2019年の通常予算に基づく活動に必要となる総額のうち、加盟諸国は70%しか納付していない。これにより、国連は9月末に2億3000万ドルの現金不足に陥り、このままでは流動性準備金も今月末までに使い果たす恐れがある」と明かした。

 その上で同氏はコスト削減のため、会合や会議を延期し、サービスを縮小する、同時に出張は必要最低限に抑え、省エネ対策を実施することを提案した。

 ある関係者が匿名で述べたところによると、グテレス氏は今年に入り、国連の現金不足の問題に対応するため、加盟諸国に分担金の上乗せを要請したものの、了承は得られなかったという。

 国連の2018~19年度の活動予算は、平和維持活動予算を除外すると54億ドル(約5800億円)で、うち22%を米国が負担している。

【翻訳編集】AFPBB News

https://news.livedoor.com/article/detail/17201913/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

神戸の小学校「教員いじめ」モザイク動画も報道 「顔も名前も隠す必要がない」の声

d9b7a_80_38e407a9_98a0d6d8.jpg
教育現場などへの不信感が高まって…(写真はイメージ)

神戸市立東須磨小学校で「教員間いじめ」などがあった問題で、メディアでは、問題行為の場面だとする動画を顔部分にモザイクをかけて報じている。

ツイッターでは、「いじめではなく犯罪だと思う」「(加害者の)教員4人の実名報道を早くすべき」といった反応が相次いでおり、中には、「関係者」を名乗り、加害者4人の名前と顔を特定したとする真偽不明の情報を発信する人物も出る事態となっている。

周囲から「あはははは!」との声が響く
「ごめんなさい、僕はもう辛いのは好きじゃないんです!」。被害者の20代男性教員はこう叫ぶが、加害者の30代男性教員が羽交い絞めにして押さえ、周囲から「あはははは!」との声が響く。

被害者は、「もうアカン、アカン、嫌だ!」と泣き声になるが、周囲が「はよ、はよ、はよ」とけしかけ、もう1人の加害者の40代女性教員がスプーンで激辛カレーを口に突っ込む。すると、周囲から「ヤバい、ヤバい、死んだ?」との声が漏れ...。

これは、テレビ各局の情報番組などで流れた50秒ほどの動画だ。2018年9月の放課後に校内の家庭科調理室で起きたといい、映像を撮ったのは別の教員らしい。顔にはモザイクがかかっている。

東須磨小で18年から繰り返されたハラスメント行為は、次第に具体的中身がはっきりとしてきた。

報じられた別の写真では、被害者は、激辛カレーを目に擦り付けられたような姿が映っていた。このほかに、加害者の1人の30代男性教員が、被害者が買った新車の屋根に土足で乗る様子の写真もあった。やはりモザイクがかかっている。

また、加害者による行為として、携帯電話をロックして使えなくする、すねに粘着テープを張って毛をはがす、さらには、加害者の1人が授業中に激辛カレーの件を面白そうに児童に話したといった情報も報じられている。

「いじめではなく、犯罪だと思う」
今回の問題では、教育現場の隠蔽体質とも言われかねないようなことが次々に報じられている。

被害者は2019年6月ごろに、加害者からコピー用紙の芯で尻を叩かれ、尻にできたミミズ晴れを校長に見せていたが、学校側は、市教委への報告でこのことを伝えていなかった。市教委は、校長の処分も検討しているという。

また、学校がハラスメント行為を初めて把握したのはこのときとされたが、被害者は18年のうちに前の校長に相談していたといい、市教委には報告されていなかったそうだ。

神戸新聞の19年10月8日付ウェブ版記事によると、市教委が開く予定の9日の記者会見で、校長が経緯などを説明する見通しになった。

しかし、ツイッター上やネット掲示板などでは、教育現場などへの不信感が募っている模様で、加害者へのバッシングも強まっている。

「刑事告訴になれば実名は嫌でも出る」との声もあったが、「いじめではなく、犯罪だと思う」「懲戒免職で教員免許も剥奪してほしい。顔も名前も隠す必要がない」「教員4人の実名報道を早くすべき」などと書き込まれている。

また、ネット上では、関係者らしき人が加害者4人を特定したとして、根拠も示さず、名前や顔写真が次々に晒されるまでになった。メディアで出た映像や卒業アルバムなどの写真から、具体的な行為についても加害者を特定したとする真偽不明の情報が出回っている状況だ。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

https://news.livedoor.com/article/detail/17202829/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

テコンドー協会、攻防6時間 総辞職求め女性理事倒れ金原体制維持 先行き不透明

s_20191008114.jpg
理事会を終えて会見する全日本テコンドー協会の金原昇会長

(デイリースポーツ)

 強化体制の在り方を巡って選手と対立している全日本テコンドー協会が8日、都内で理事会を開催した。

 金原昇会長を含む16人の理事総退陣の意見も出たが、金原会長は「この問題自体が審議事項に当たらない」と議決を取るには至らなかったと説明した。午後1時から始まった理事会。当初は5時30分から会見が行われる予定だったが、6時30分、7時30分と2度延長されるほど紛糾した。結局会長が会見したのは7時45分からだった。

 この日の会議では、強化策の改善案を議論し、小池隆仁強化委員長ら3人が退任し、強化委員の上部に強化管理部を新設することを決定した。ただ、それでは納得できない副会長の岡本依子理事と、アスリート委員長も兼ね選手側に立つ高橋美穂理事が金原会長も含めた理事の総辞職による体制刷新を求めたが、他の理事からは「(今後の)強化方針をしっかり決めて(今から)やるときに辞めるのが無責任だ」という意見が出たという。岡本理事、高橋理事はその場で辞意を表明したが、金原会長は「他の理事は『今後の強化を支えていくのが責任だ』と。他に辞める理事はいない」と説明。関係者によれば、2人に対して強い慰留も行われ、平行線の状況が続いたという。

 会議終盤の午後7時前には会議室から出てきた高橋理事が体調不良で倒れ、救急車で搬送される異常事態も発生。治療に当たったドクターによれば「迷走神経反射」とみられ、強いストレスによって自律神経を急に失調し、失神やめまいを引き起こすものだという。高橋理事が中座したことで、高橋、岡本両氏の進退は保留となった。

 金原会長は会見で「彼女たちは大変熱い思いをお持ちで、各人の意見は全て真摯(しんし)に受け止める。ただ、今は早急に五輪に向けて選手に素端らしい環境を与えるのが責務」と今の体制で競技環境を改善していく方向性を改めて強調したが、金原体制が維持されることで選手側が納得するとは考えにくく、先行きは不透明。東京五輪まで残り300日を切り、選手選考も本格化する中で、事態の収拾への目処は見えてこない。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20191008134.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ