大盛りあがりGO 2019年07月26日
FC2ブログ

山田ルイ53世に賛同の声 障害者差別ツイートに「傲慢」と苦言

kojihugyft.jpg
山田ルイ53世に賛同の声 障害者差別ツイートに「傲慢」と苦言

(女性自身)

参院選で当選した2人の障害者議員に対するツイートが、物議を醸している。

7月21日投開票の参院選では、「れいわ新選組」から出馬したALS患者の舩後靖彦氏(61)と、重度の身体障害を持つ木村英子氏(54)が当選。

2人は手足を自由に動かすことができず、大型の車いすを使っている。国会内のバリアフリー化協議が進む一方、以下のようなツイートが24日に投稿され、26日時点で4.7万回もの「いいね」を集めている。

《こういう方々の声を届ける『代弁者』が政治家であって、本人たちが出てきて議事進行に支障をきたすのは、キツイ言い方だけど迷惑行為にしかならない。それを助けるのが『優しさ』でもない》

このツイートには《民主主義も人権も否定する剥き出しの障害者差別》《最低ですね》と批判が殺到している。

また《舩後さんと木村さんは当事者でありかつ代弁者として第一線で活躍してきた人なんだけど》という反論も。舩後氏は介護サービス会社で副社長や大学講師、木村氏は3つの当事者団体で代表や幹部として活躍してきた。

「迷惑行為」とのツイートをしたのは「岩崎ルイ54世」という名前のアカウント。ツイート投稿時、お笑いコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世(44)の写真をプロフィール画像に無断使用しており、なかには山田の発言だと誤解する人も。

すると25日、山田ルイ53世本人が自身のツイッターで《髭男爵 山田ルイ53世 のツイッターは、当公式アカウント @higedanshakuY53 のみです。他は一切関係ありませんので、よろしくお願いします。とりいそぎm(_ _)m》と注意喚起。《他人に対して失礼で、敬意に欠けたツイートに自分の画像が添えられるのは不本意ですが、今後は事務所が対応するとのこと。お任せしました。》と報告した。

さらに山田は、以下のようなツイートを書き添えた。

《ただ一つ。誰に対してであれ、始める前から、「ちゃんと出来るの?」などとハードルを上げるような論調自体が、すでにバリアで、フリーではなく、理不尽で傲慢だなと思います。出来る環境をつくればいいのでは。「山田ルイ53世」としては誰でもルネッサンス出来る社会の方が好みです。》

この山田のツイートには《本物の貴族!》《ルネッサ〜ンス!》と賛同の声が相次いでいる。

なお、与野党は25日の参院議院運営委員会の理事会で、介助者の本会議場への入場や介助者による代理投票、パソコンなど必要な機器の持ち込みなどを認めることで合意している。

https://news.goo.ne.jp/article/jisin/enter
tainment/jisin-https_jisin.jp_p_1760128.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「不審なハガキには188番」公的機関の“架空請求詐欺”に騙されるな!

188.jpg

 昨年以降、法務省の名称を不正使用した架空請求による被害が後を絶たないという。オレオレ詐欺の手口が出尽くしたというわけでもないだろうが、今は“ハガキ架空請求詐欺”が急増傾向にあるというから要注意だ。

 自宅に「法務省」や「民事訴訟管理センター」「国民訴訟通達センター」といった差出人からのハガキが届いたら疑ったほうがいい。

 「ハガキに書かれた電話番号に連絡すると、何らかの料金が『未払いである』と通告され、『裁判になって負けたら数千万円かかることになりますよ』などと言って不安を煽る。その上で、『今なら数万円で処理できます』などとたたみ掛け、コンビニでプリペイドカードを購入して支払うように迫られます。中には“弁護士の紹介料”を請求されるケースもあり、数百万円を騙し取られた被害者もいるほどです」(詐欺問題に詳しいフリーライター)

 いかにも怪しいが、こんな手口に引っかかるのか。

 「裁判所など、本当の公的機関からの連絡も、電話やメールではなく封書なんです。しかも、こうした詐欺ハガキは(チラシのように直接投函される)“ポスティング”ではなく、きちんと住所と氏名が記載されています。これで信用してしまう被害者が続出しているのです」(同)

 住所と氏名が正しいのであれば、明らかに個人情報が漏れている。詐欺グループに自宅などが知られているという点では、ランダムに電話を掛けてくるオレオレ詐欺より恐ろしい。

 「犯行前に電話で資産状況や家族構成を確認する“アポ電強盗”が流行しましたが、ハガキが届いた時点で、そうした個人情報が犯罪グループに知られているわけです。それだけでゾッとしますよね」(同)

 2017年4月~2018年3月までに全国の消費生活センターに寄せられた相談は3万1615件。法務省には1日90件以上の問い合わせがあるという。

 埼玉県では60代と70代の女性が2000万円以上の被害に遭った例も。とくに40代以上の女性が狙われているというから、不審なハガキが届いたら、まずは警察や消費者ホットライン(全国共通電話番号188番)に相談してほしい。まず、公的機関からの通達は封書のみであって、ハガキでなされることはない。たとえ封書で届いたとしてもやはり「188番」に相談だ。

https://npn.co.jp/article/detail/21548512/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

虎の救世主!新助っ人ソラーテがデビュー戦で決勝2ラン 藤川が今季初セーブ

99a23f86.gif

s_20190726170.jpg
7回、左越え2ランを放ち阪神ファンにアピールするソラーテ(撮影・金田祐二)

(デイリースポーツ)

 「巨人2−4阪神」(26日、東京ドーム)

 阪神が連敗を2で止めた。新加入したヤンハービス・ソラーテ内野手(32)=前マーリンズ傘下3A=が同点で迎えた七回、来日初本塁打となる2ラン。デビュー戦でのアーチが決勝打になった。

 試合はこの回、2死から近本が二塁強襲内野安打で出塁。昇格即、「2番・遊撃」でスタメン出場したソラーテに打順を回した。

 左腕・田口に対してこの日、初めて右打席に入ったソラーテは1−1から3球目。130キロのスライダーをフルスイングした。打球は左翼スタンド上段に飛び込む特大の2ランになった。

 打った瞬間、スタンドインを確信した助っ人だが、二塁を回る手前でなぜか全速力。さらに、三塁を回ったところで大きく飛び跳ねておどけて見せるなど、パフォーマンスでもスタンドを沸かせた。これには敵味方に関係なく、敵地ドームも大きな拍手を送った。

 球団の助っ人選手で、来日初安打が初本塁打になったのは、1995年のグレン・デービス以来、実に24年ぶりの快挙。また、球団の外国人選手がショートを守るのは、2007年のアンディ・シーツ以来、12年ぶりのこととなった。八回からは二塁の守備に就くなど、打って守って、鮮烈なデビューを飾った。

 「その前に同じ球を見ることができたし、力まずに甘い球にしっかりアジャストすることができたよ。(来日初本塁打については)ファンのみなさんがあれだけ喜んでくれて、今まで聞いたことがないような大歓声の中で、ダイヤモンドを1周できて最高の気分だね」

 試合は初回、阪神が大山の左犠飛で先制。二回には無死一、三塁から、坂本の遊ゴロ併殺の間に、追加点を奪った。先発の高橋遥は中5日の登板も苦にせず、序盤から巨人打線を寄せ付けない圧巻の投球。それでも疲れの見え始めた五回、坂本の右前適時打で1点を失うと、六回には3四球で押し出しとなり、同点の場面で無念の途中降板となった。

 それでも代わった島本が、なおも1死満塁で若林を空振り三振に。続く坂本を三ゴロに抑えて脱した。絶体絶命のピンチを切り抜けた直後、助っ人に劇的な2ランが生まれた。島本が3勝目。

 七回以降は、守護神ドリスの不在を感じさせず、七回をジョンソン、八回を岩崎がつなぎ、九回は藤川が抑えて今季初セーブ。新勝利の方程式が完成し、藤川のセーブは2018年9月12日の中日戦以来となった。

 対巨人戦の連敗も3でストップ。負けたら自力優勝の可能性が、再消滅する一戦で粘りの戦いを見せた。27日の第2戦は西が先発する予定。連勝で首位チームとの差を縮めていきたい。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20190726170.html

関連記事

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

メディア対策のミスで会社を揺るがす騒動を招いた吉本興業

69279660.jpg
提供:週刊実話

 闇営業問題から端を発したお家騒動が連日大々的に報じられている吉本興業だが、発端となったのは6月上旬に発売された「フライデー」(講談社)の記事だった。

 以後、同誌は毎号のように関連記事を掲載。同社の管理責任問題に発展し、闇営業の参加していた芸人たちはそれぞれ処分を受けることになった。

 「もともと、講談社と吉本は、11年の島田紳助さん引退をめぐる『週刊現代』の記事で訴訟ざたになって以来、吉本は同誌と『フライデー』を出入り禁止にしてしまった。そのため、今回、執拗に追及され、大騒動に発展。どこかで講談社と“手打ち”していれば事態は違っていただろう」(芸能プロ関係者)

 そして、今回、一連の報道をめぐり、吉本はまたまたメディアに“強権”を発動したという。

 「闇営業をめぐる記事を『フラッシュ』が掲載したことを受け、同誌を発行する光文社の媒体も出禁にしてしまったのです。しかし、講談社と光文社といえば、巨大メディアグループ“音羽グループ”を形成。今後、騒動が収束した場合、同グループを敵に回したことにより、吉本が」苦境に立たされる事態になりそうです」(出版業界関係者)

 根本的なメディア対策のミスが騒動の“火種”となってしまったようだ。

https://npn.co.jp/article/detail/69279660/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ