大盛りあがりGO 2019年01月08日
FC2ブログ

ゴーン前会長の弁護団「全く嫌疑がないことを確信」

AS20190108003148_commL.jpg
記者会見するカルロス・ゴーン容疑者の弁護人を務める大鶴基成弁護士(中央)
=2019年1月8日午後3時20分、東京都千代田区、仙波理撮影

NHKニュース&スポーツ

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の弁護団が8日午後、日本外国特派員協会で記者会見し、「ゴーン前会長には全く嫌疑がないことを確信している」などと主張しました。

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の弁護を担当する元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士らは、8日午後3時すぎから東京 丸の内の日本外国特派員協会で記者会見しました。

この中で大鶴弁護士は、ゴーン前会長の勾留の理由を明らかにする手続きを裁判所に求めた理由について、「為替取引の権利を日産に移した際、取締役会が『日産には損失を与えない』と議決をしていたことを知り、ゴーン前会長には全く嫌疑がないことを確信したからだ」と述べました。

また、知人の実業家の会社に16億円余りを不正に支出した疑いについても「実業家はサウジアラビアでの日産の販売網の立て直しに尽力していたが、検察はこの実業家から話も聞かずにゴーン前会長を逮捕した。全く異例の事だと思う」と捜査を批判しました。

一方、東京地検特捜部は、取り引きの権利を付け替え日産に巨額の損失を負担する義務を負わせた時点で特別背任の罪は成立するとみているほか、実業家の会社には日産の販売促進などの実態はなかったとみていて、双方の主張が真っ向から対立する構図になっています。
【検察幹部「驚く内容なし」】検察幹部の1人は、ゴーン前会長の主張や弁護団の会見について、「主張の内容は取り調べでの弁解に沿うもので、検察として特に驚くような内容はなかった」と話しています。
【仏新聞社特派員「日本の司法制度はおかしい」】ゴーン前会長の弁護団の会見に参加したフランスの新聞社の特派員は、「フランスの人は彼が無罪だと言っても信じないかもしれないが、公の場でみずからの主張できたことはよかったと思う。一方で、このように長い期間勾留が続く日本の司法制度はおかしいと思います」と話していました。

また、スペインの通信社の特派員は「なぜこれほど長い間容疑者が勾留されなければならないのか、スペイン国内でも非常に関心が高いです。きょうは法廷でゴーン前会長がみずから無罪を主張できたし、会見では弁護士も前会長と同様の主張していることがわかったので、非常に意味があったと思う」と話していました。

https://news.goo.ne.jp/article/
nhknews/nation/nhknews-
10011771181_20190108.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

辺野古工事中止「請願書」、署名20万突破 米ホワイトハウスのサイトで

s_mainichi-20190108k0000m040154000c.jpg
辺野古沿岸部の埋め立て海域で、ダンプカーから次々と投入される土砂(中央左)=沖縄県名護市で2018年12月14日、野田武撮影

(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、米国ホワイトハウスの請願書サイトを利用してトランプ大統領に埋め立て工事を止めるよう求める請願書に賛同する署名は、開始から1カ月の期限となる日本時間8日午後2時までに約20万筆が集まった。

 署名運動はホワイトハウスの請願サイト「WE the PEOPLE」で昨年12月8日から始まり、開始11日目で10万筆を超えた。請願書は辺野古移設の賛否を問う2月24日の県民投票までの工事中止を求めているが、署名が1カ月間で10万筆を超えれば、米政府は何らかの回答をすることになっている。

 呼びかけ人でハワイ在住の作曲家、ロバート・カジワラさん(32)にはホワイトハウスから連絡があり、米政府から回答があるまでは署名を続けられるという。このため、期限前には20万筆にわずかに届かなかったが、その後も署名は増え続けて20万筆を突破。サイトでは5番目に多い署名となっている。

 カジワラさんは毎日新聞のメールでの取材に「多くの人々が辺野古を守りたいと思っている証拠だ。世界中の人々が沖縄を支援し、辺野古のサンゴ礁を救うことに関心を持っていることを証明している」とコメントした。

 署名運動はツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で拡散され、沖縄出身タレントのりゅうちぇるさんやモデルのローラさんらが賛同したほか、英ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさんも「沖縄のサンゴ礁の破壊を止めるための請願書に署名する最後のチャンス」と協力を呼びかけた。【宮城裕也、安部志帆子】

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation
/mainichi-20190108k0000m040154000c.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

西野カナ 無期限の活動休止を発表 来月のライブ後から「期限を決めずに色々と挑戦したい」

s_sponichi-spngoo-20190108-0160.jpg
活動休止を発表した西野カナ

(スポニチアネックス)

 歌手の西野カナ(29)が8日、自身のSNSを更新。アーティスト活動の無期限休止を発表した。

 「いつも応援してくれる皆さんへ」として「2008年にデビューしてから今まで、音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、最高の20代を過ごすことができました。もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」と報告した。

 さらに「とは言っても、やっぱり私は歌が好きで、これからもきっと毎日のように歌を口ずさんでいる気がします。またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています。最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとう」とファンに感謝した。

 西野は05年に受けた、ソニーミュージックなどが主催したオーディションをきっかけに08年にシングル「I」でデビュー。10年発売のアルバム「to LOVE」が約95万枚を売り上げた。10年にNHK紅白歌合戦に初出場。16年には「あなたの好きなところ」で初のレコード大賞を獲得、ファッションリーダーとしても女性たちの圧倒的な支持を受けている。

 昨年デビュー10周年を迎え、記念ツアーを開催。10月10日の横浜アリーナでは「この10年間、私はすぐにドジをしたり、情けないところもたくさんあったけど、こんな私をずっと見守ってくれて本当にありがとう」とファンにメッセージを送っており、11月には5年ぶりにベスト盤をリリースしていた。

 また、昨年の大みそかにはNHK紅白歌合戦に平成生まれの女性ソロとして最多出場となる9年連続9度目の出場を果たし、鮮やかな衣装姿で「トリセツ」を軽やかに歌い上げた。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi
/entertainment/sponichi-spngoo
-20190108-0160.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

女子レスリング・吉田沙保里が引退発表「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断」

s_sponichi-spngoo-20190108-0134.jpg
女子レスリングの吉田沙保里

(スポニチアネックス)

 レスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里が8日、現役引退を発表した。

 自身のツイッターで「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。 この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。 ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。 みなさん、本当にありがとうございました」と報告したもの。

 04年アテネ、08年北京、12年ロンドンは55キロ級で五輪3連覇を達成。しかし、16年リオ五輪の53キログラム級で銀メダルに終わって以降は、至学館大や代表のコーチを務めていたものの、試合からは遠ざかっていた。20年東京五輪挑戦のリミットが来年5月の全日本選抜選手権の予選会となっていた。

 ◆吉田 沙保里(よしだ・さおり)1982年(昭57)10月5日、三重県生まれの36歳。全日本王者だった父・栄勝さんの指導で3歳で競技を始める。02年にシニアの世界選手権初出場初優勝。以降、世界選手権は15年のラスベガス(米国)大会まで55キロ級、53キロ級合わせて13連覇。04年アテネ、08年北京、12年ロンドンは55キロ級で五輪3連覇を達成。16年のリオデジャネイロ五輪は53キロ級で銀メダルを獲得した。12年に国民栄誉賞受賞。「霊長類最強女子」とも呼ばれる。1メートル56。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports
/sponichi-spngoo-20190108-0134.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

理事長への早朝あいさつで教員スト 東京の私立校

s_mainichi-20190108k0000m040058000c.jpg
理事長への毎朝のあいさつを拒否し、横断幕を掲げて長時間労働の是正を求める正則学園高校の教員ら=東京都千代田区の同校正門前で2019年1月8日午前6時39分、森健太郎撮影

(毎日新聞)

 東京都千代田区の正則学園高校の教員ら約20人が8日、毎朝行われている理事長へのあいさつを拒否した。同校では数十年来、教員による理事長への早朝あいさつが続けられているという。教員らは「労働時間に含まれない無益なサービス労働だ。長時間労働につながっているので、撤廃を求めてストライキした」と主張している。8日は始業式だったが、影響はなかった。

 私立学校の教員が個人で加入する労働組合「私学教員ユニオン」(東京都世田谷区)などによると、同校では全教員約40人が毎朝午前6時半ごろから廊下に並び、1人ずつ理事長にあいさつするのが日課という。1日の労働時間は約14時間半に及び、ユニオンは7日、学校側に長時間労働の改善などを求める団体交渉を申し入れた。

 教員らは8日、正門前で「早朝の理事長挨拶(あいさつ)儀式をストライキ中」と書いた横断幕を掲げ、理事長にあいさつの撤廃を求めた。

 学校側は毎日新聞の取材に「あくまで慣例的なもので教員に強要、強制している認識はない。顧問弁護士と法的な問題を協議の上、対応を検討している」と話した。

 同校は1896(明治29)年創立の私立男子校で、生徒数は約560人。【森健太郎】

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi
/nation/mainichi-20190108k
0000m040058000c.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

これぞ究極!極撰競馬投資法~私が競馬で安定して稼ぎ続けている方法

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ