大盛りあがりGO 2018年11月04日
FC2ブログ

カショギ氏暗殺事件! サウジアラビアの国営暗殺部隊がコワすぎる

74d28_1643_8fce70ae984a04d07e83d957630726e4.jpg
殺害への関与は否定したムハンマド皇太子。15人の実行犯のなかには、皇太子の専任SPも含まれていた

歯向かうものは全員有罪

殺害への関与は否定したムハンマド皇太子。15人の実行犯のなかには、皇太子の専任SPも含まれていた
「ジャマル・カショギ氏という著名なジャーナリストが殺害されたので大きなニュースになっていますが、これはサウジアラビアが行っている粛清のほんの一例にすぎません。例えば、現政権に対して批判的だった3人の王子は、亡命中にもかかわらず、行方不明になっています。他にもムハンマド皇太子とは対立関係にあったカレド王子は、ドイツ亡命中に何者かに毒を盛られて死にかけました」

 そう語るのは国際ジャーナリストの山田敏弘氏だ。今回の事件でサウジアラビアのムハンマド皇太子(33)の強権政治が表面化したが、彼が事実上の最高権力者になった’15年以降、同国内では激しい権力争いが繰り広げられてきた。

 10月2日にトルコのサウジアラビア総領事館内で殺害されたカショギ氏も、ムハンマド皇太子とは対立する派閥に属していた。皇太子批判を繰り広げてきたカショギ氏は、サウジ独特の内部抗争に巻き込まれた可能性がある。

 実はサウジには、ムハンマド皇太子の手足として動き、敵対勢力を容赦なく排除する特殊部隊が存在する。王族に忠誠を誓い、王室のためだけに動く組織「サウジアラビア王室警備隊」だ。今回のカショギ氏殺害も、王室警備隊の諜報機関と、その暗殺部隊が関与したのではないかと疑われている。国際政治学者の六辻彰二氏が解説する。

「王室警備隊は、正規のサウジアラビア軍とは別で動いており、超法規的な組織です。国王直属の部隊で、SPとしての役割も担う。独自の秘密回線を用いて通信するなど、秘匿性の高い部隊です。今回も王室警備隊の中の特殊部隊がムハンマド皇太子の意を汲んで動いていた可能性があります」

 今回、実行犯としてトルコが発表している15人のうちの4~5人が王室警備隊に所属していると、欧米メディアは報じている。

 米国の同盟国でもあるサウジは、イスラム国家の中では比較的、日本にも身近な国という印象がある。しかし、実際はその内部に、血も凍るような暗殺のプロ集団を抱え込んでいたのだ。

「今回の実行犯は、特殊部隊の中でも高度な訓練を受けた精鋭である可能性が高い。計画的な犯行で、手際も良かった。間違いなく、殺しを専門にする経験豊富なプロ集団です。ムハンマド皇太子は、こういった暗殺部隊を駆使して強権的な政治を敷いている。今後も、反体制的な人間に対する粛清が続くのか注視しなければなりません」(前出・山田氏)

 サウジは、暗殺国家という汚名返上のために、カショギ氏が殺された本当の経緯を国際社会に説明しなければならない。

15人の暗殺チームのメンバーたち。ムハンマド皇太子のボディガードや、軍関係者、法医学者などから構成。うち一人はサウジ国内で交通事故死した
殺害されたカショギ氏。サウジ初代国王の主治医の孫で、武器商人のアドナン・カショギ氏のおいにあたる
PHOTO:アフロ

FRIDAYデジタル

http://news.livedoor.com/article/detail/15544680/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

年賀はがき発行部数が過去最低に 今年から大きく変わったのは

27763594.jpg
画像はイメージです

 11月1日に年賀はがきが発売された。発行部数は24億21万2000枚と過去最低の数値となった。2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピックのマスコットチケットが印刷された特製はがきが作成されるなどしていたが、数字が伸び悩んでしまったようだ。

 昨年の年賀はがきは、通常の官製はがきが2017年6月に52円から62円へと値上げされたが特例として52円のままであった。だが今年は年賀はがきも62円となり、値上げのダメージもありそうだ。

 さらに、ネット上では「もうネットの時代だし年賀状なんて時代遅れでは」「俺は年賀状は送るのも受け取るのも0通だわ」といった声が聞かれる。かつては、懐かしい同級生や旧友と年賀状のやりとりでつながるといった話があったが、それが現在ならばSNSに置き換わっているといえるだろう。

 年賀状はかつて郵便局員に「販売指標」としてノルマが課されていた。なかには自腹購入をしてでも目標達成を求めるような空気もあったという。だが、現在ではノルマは廃止されている。やはり時代の流れにはあらがえないのかもしれない。

 年賀状は年末年始に大量の枚数がやりとりされるため、郵便事情が悪化するなどデメリットも指摘されている。新年にあいさつを交わす文化はそのままであったとしても、今後は年賀状のやりとりといったことはなくなって行くのかもしれない。

https://npn.co.jp/article/detail/27763594/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

クレジットカードの番号盗み被害額が過去最多に ネットショッピング普及が背景か

m_sankei-afr1811040011.jpg
(産経新聞)

 クレジットカードの番号や暗証番号などの情報が盗み取られて不正に利用される被害が急増し、昨年1年間の被害額が前年の約2倍の177億円となり、過去最多を記録したことが4日、日本クレジット協会への取材で分かった。今年も昨年を上回るペースで推移している。インターネットショッピングの普及でカード決済が主流になったことが要因とみられ、協会は警戒を呼びかけている。

 協会によると、カード番号や暗証番号などの情報が盗み取られる被害は、統計を取り始めた平成26年以降、年々増加。被害額が過去最多だった29年は、カードの偽造などを含む不正利用の被害額全体の74.8%を占めた。今年1〜6月の被害額も93億円と、前年同時期(86億円)を上回っている。

 盗まれた情報は、換金しやすい電化製品や宝石、航空券などをネット上で購入するのに使われ、カードの所有者のもとに身に覚えのない高額の請求が来ることもある。

 総務省の情報通信白書によると、ネットショッピング利用世帯は14年の5.3%から28年には27.8%まで急増。決済方法も約7割がネット上でのカード決済といい、利用者が増えたことで大量のカード情報を盗みやすくなった上、いったん盗めば不正利用で購入できる商品やサービスが増えていることが被害増加の背景にあるとみられる。

 協会の担当者は「カード情報やネットショッピングの際に設定するパスワードを使い回さないようにし、パソコンのセキュリティーも厳重に管理してほしい」と話している。

https://news.goo.ne.jp/article/sankei
/nation/sankei-afr1811040011.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★投資競馬プロフェッショナル式~これであなたも、プロと同じ馬券で勝てる!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ