大盛りあがりGO 2018年09月05日
FC2ブログ

関空閉鎖で新幹線へ、新大阪駅混雑…券売機に列

e1eed_1231_36dc2295f262db729aaf2a7b67f6af87.jpg
新幹線の切符を買い求める人らで混雑するJR新大阪駅(5日午前、大阪市淀川区で)=宇那木健一撮影

 台風21号が通過し、一夜明けた5日、関西の鉄道は私鉄を中心に順次運行を再開したが、JRなどは設備の点検作業などで始発から運休が相次いだ。

 ダイヤの乱れは午後も続く見込み。

 「台風の影響がここまで拡大するとは。想定外です」

 兵庫県三田市方面へ向かうため、JR大阪駅で1時間以上、運行再開を待っていた大阪府守口市の会社員の男性(34)は朝一番の仕事をキャンセルした。同駅は午前8時頃になっても、JR東海道線などで運休や遅れが続き、改札口周辺は駅員に説明を求める人や運行再開を待つ人らが殺到した。

 東海道新幹線や山陽新幹線でも5日、線路に倒れかかっていた木の伐採作業などのため一時遅れが出た。関西空港が閉鎖されているため、代わりに新幹線を利用しようと新大阪駅などが混雑した。

 在来線は各地で倒木が線路をふさいだり、架線に飛来物が引っかかったりし、JR西日本が大阪環状線の全線や阪和線の一部などで始発から運行を見合わせたほか、南海は全線で始発から一時運休し、南海難波駅(大阪市中央区)は再開を待つ通勤・通学客や外国人観光客らで混み合った。近鉄も大阪線などで始発から一時、運行を見合わせた。

 ほかにも、関西空港と対岸を結ぶ連絡橋にタンカーが衝突した影響で、JR西の関西空港線・日根野―関西空港間と南海電鉄の空港線・泉佐野―関西空港間は当面、運行を取りやめる。

読売新聞

http://news.livedoor.com/article/detail/15261080/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「これはひどい」大阪の駐車場、吹き飛んだ車が多数

cf10c_1509_931ba9f7_2dc764e0.jpg
大阪府咲洲庁舎に隣接する駐車場で横転したままになった車=2018年9月5日午前10時28分、大阪市住之江区、辻健治撮影

 台風21号の強風によって、大阪市住之江区の湾岸部にある大阪府咲洲庁舎近くの駐車場では多数の乗用車が吹き飛ばされ、5日朝から車の所有者らが集まった。

 「これはひどい」「かわいそう」。通勤する人たちは横転した車に目をやりながら、職場へと足早に向かった。駐車場のフェンスや鉄柱もなぎ倒され、原形をとどめていなかった。

 住之江区の会社員、竹村晃さん(61)の乗用車は樹木を倒し、窓ガラスの大半が割れていた。「結婚当初に買った車。15年経ったが、まだまだ乗れると思っていた」と話した。片付けを手伝った妻の葉子さん(46)は「色々な思い出があったのに、こんな形でお別れするとは」と話す一方で、「まさか大阪市内で災害の被害を受けるとは思わなかった。(各地の)被災者の方々の気持ちがわかった気がする。パニックです」と語った。

 泉大津市の会社員、向井公平さん(53)は通勤用の車がひっくり返った。職場から駐車場を見下ろすことができる。「車がないよ!」。前日、同僚から声をかけられて気付いた。「10メートルは飛ばされたのではないか。最初に車を見たときは、何も考えられなくなった」と向井さん。レッカー移動の手配はしたものの、作業開始のめどは立っていないという。(辻健治)

朝日新聞デジタル

http://news.livedoor.com/article/detail/15260500/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

警視庁・機動隊員“強制わいせつ”で逮捕

94496_1110_20180905-184123-1-0000.jpg
警視庁・機動隊員“強制わいせつ”で逮捕

警視庁の機動隊員が強制わいせつの疑いで逮捕された。

警視庁によると、第八機動隊の巡査部長・井関祐容疑者は、ことし7月、東京・府中市で40代の女性に後ろから抱きつき、胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている。

井関容疑者は、勤務を終えて、同僚と酒を飲んで帰宅する途中で、京王線府中駅近くで女性を見つけ、あとをつけたという。

調べに対し、井関容疑者は容疑を認めていて、警視庁が動機などを調べている。
日テレNEWS24

http://news.livedoor.com/article/detail/15262481/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

各地で猛威を振るった台風21号 初めての経験に、イニエスタらもSNSで実況

57275983.jpg
アンドレス・イニエスタ

 四国地方と近畿地方を縦断し、各地で大きな被害をもたらしている台風21号。“今季最強クラス”の勢力とも呼ばれたこの台風に、数多くの人が恐怖を抱いたことは想像に難くないが、それはあのスターコンビも同じであったのかもしれない。

 台風が猛威を振るいながら近畿地方を北上していた午後4時31分に、自身のツイッターを更新したのはルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)。強風によってトラックが横転する様子を収めた動画付きのツイートを“リツイート”した上で、青ざめた顔の絵文字や手を合わせる絵文字を綴っている。あらゆるものをなぎ倒す自然の猛威には、さすがのポドルスキも驚きや不安を隠せなかったようだ。

 一方、チームの同僚であるアンドレス・イニエスタも、同日に自身のインスタグラムを更新。台風関連のニュースを伝えるNHKのテレビ画像を投稿すると、その後、自身で撮影したと思われる複数本の動画に「Coming」、「During」、「After」といった英単語を添え、リアルタイムで台風を“実況”している。カメラを手に取るイニエスタの胸中は本人のみぞ知るところだが、恐らくはいくばくかの恐怖心も混ざっていたことだろう。

ちなみに、前述したイニエスタの一連の行動は、『アス』や『マルカ』といった母国スペインメディアにも取り上げられている。本国の人々の中には、これらの記事でイニエスタが置かれていた状況を把握したという人もいたのかもしれない。

 ヨーロッパ出身の両名にとっては、恐らく人生で初めてとなる体験となったと思われる今回の記録的台風。物的被害のみならず、数多くの死傷者も出てしまっている中、共に無事であったことは何よりだろう。

ただ、これから次々と露わになる被害の全容を受け、彼らが精神的ショックを受ける可能性も否定できない。過去には自然災害による精神的ショックを理由にJリーグを去った助っ人もいることを考えると、チーム関係者には両名への今後のサポートを切にお願いしたいところだ。

文 / 柴田雅人

https://npn.co.jp/article/detail/57275983/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「清宮の失敗」を生かせ!吉田輝星も驚いた国際ルール

20180901-OHT1I50233-T.jpg
当然ながら、このポーズも禁止。相手に対する侮辱行為と受け止められる。

「清宮の失敗を繰り返すな!」――。第12回U-18アジア選手権の日本ベンチでそんな言葉が囁かれていた。
 吉田輝星(17=金足農)、根尾昂(18=大阪桐蔭)など今秋のドラフト1位候補の高校球児を集めたU-18野球・日本代表は、開幕2連勝の好スタートを切った。しかし、今回は“異例の講習会”も開かれていた。
「昨年のU-18ワールドカップ大会で、清宮(19=幸太郎/現日本ハム)が標的にされてしまいましたからね。『見聞』を広めるためというよりも、日本と海外ではプレーに対する捉え方が違うことを知っておかないと」(関係者の一人)
「アンリトン・ルール」が説明されたのだ。
それも、国際大会での失敗経験を持つ明治大学OBをわざわざ講師に招いて説明されたという。

「去年の大会中、日本が大差で勝っていた場面で清宮が死球を食らいました。ハッキリ言って、相手投手が狙ってぶつけたんです。清宮は大差で勝っていても手抜きはせず、フルスイングしていました。海外では大差で勝っているチームがバントや盗塁を仕掛けると、相手を馬鹿にしたと解釈します。これ以上やったら、相手を侮辱したことになる。そういう暗黙のルールがあるんです」(前出・同)
 しかも、清宮は死球で出塁した後、盗塁まで決めてみせた。スタンドは立ち上がって清宮にブーイングを浴びせ、かつ球審が「相手チームへの思いやりがない」と注意していた。
 清宮は何を注意されたのか、分からずにキョトンとしていた。
 スポーツに対する考え方、文化の違いだ。

日本は最後まで全力でプレーすることを教えられるが、大差で負けているチームを思いやり、トドメを刺すようなプレーは嫌われる。
 講師は「大差で勝っているときにバント、盗塁はするな」「大差で勝っているとき、ピッチャーは変化球でストライクを取ってはならない」など具体的な例を出しながら、説明していたという。正規のルールブックには載っていないが、これらのスポーツマナーはアンリトン・ルールと呼ばれている。
 屈辱を受けた場合、狙ってぶつける報復死球も“黙認”されている以上、高野連は球児たちに説明しておくべきと考えたのだろう。

「プロアマの懇親会で、プロ側が『国際試合に臨む前にアンリトン・ルールを説明してほしい』と強く要望したとも聞いています。将来のプロ野球界を背負う金の卵たちに怪我をされたら、一大事ですからね」(ベテラン記者)
 講習を受けた球児たちは「へえ~」と、一同に驚いた顔をみせていたという。
 しかし、こうも解釈できる。日本の野球だけが特異な進化を遂げたのではないか、と。
 試合前、ホームベースを挟んで「整列、礼」をする“儀式”は、高校野球が発祥である。それは、学生野球や市井の少年野球、草野球に至るまで定着している。また、最後まで全力を尽くすという教えも学生野球に端を発する。こうした歴史を否定するつもりはないが、今後、野球の国際大会が増えていく以上、「国際ルールを学ぶ機会」をもっと増やしていかなければならないだろう。

「U-18アジア選手権のネット裏はプロ野球のスカウトでいっぱいです。試合を見ているスカウトもいれば、他球団と情報交換をしているのか、何かずっと喋っているスカウトもいました」(前出・同)
 9月5日17時、高野連はプロ志望届を提出した球児名をホームページ上で発表した。U-18に選ばれなかった地方の雄のなかには、すでに「出す」と明言した者もおり、スカウト陣の会話はその話題だと思われる。球児たちにアントリン・ルールを説明するのも大切だが、せっかくの国際大会がドラフト候補の品評会も兼ねているような気がしてならない。(スポーツライター・飯山満)


https://npn.co.jp/article/detail/87093658/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ