大盛りあがりGO 2018年05月22日
FC2ブログ

「審判の笛は聞こえていたか」 日大選手会見、元関学QB有馬隼人の「重い質問」

9fad7_80_6b4e7138_510cd904.jpg
元関学QBの有馬隼人氏(画像は本人のブログより)

アメフトの「悪質タックル」問題で、関西学院大のクォーターバック(QB)選手を負傷させた日本大学3年の宮川泰介選手(20)が2018年5月22日、記者会見を開いた。その質疑応答の中で、ネット上で大きな注目を集めたキャスターがいた。

かつて関学大のエースQBとして活躍した元アメフト選手の有馬隼人氏(40)だ。

声を震わせながら「わかりました」
有馬氏は大学卒業後の2001年、TBSにアナウンサーとして入社。だが、アメフトへの情熱を捨て切れず、2004年に現役復帰。社会人の「Xリーグ」で12年までQBとして活躍した。現在もキャスター業と並行して、Xリーグの「アサヒビールシルバースター」でヘッドコーチを務めている。

そんな有馬氏はこの日、自身がMCを務める「TOKYO MXニュース」のキャスターとして宮川選手の会見に出席していた。

質疑応答の後半でマイクを握った有馬氏が「1つだけ」と切り出すと、宮川選手は姿勢を正すような動きを見せる。

「試合当日の5月6日、どういう形であれ、あなたはグラウンドに立ったわけです。最初に反則をしたプレーで、(プレー終了を告げる)審判の笛は、聞こえていましたか?」
どこか厳しい口調で、こう問い掛けた有馬氏。この質問に、宮川選手から「(相手のQBがボールを)投げ終わっていたことには、気付いていました」との答えが返ってくると、声を震わせながら次のように語った。

「プレーが終わっていたということは、認識していたと...(数秒間の沈黙)。わかりました。ありがとうございます」
「重かった」「核心を突いてた」
こうした有馬氏の言葉は、アメフトファンの間で大きな注目を集めた。他の質問者がコーチや監督の指示についての質問を重ねる中、プレーヤーとしての認識だけを尋ねたことについて、ツイッターやネット掲示板には、

「一番核心を突いてた。アメフト経験者としてどうしても聞きたかったんだなと思った。深く重かった」
「アメフト経験者だからこその質問。『フットボウラーとしての自分を捨てるしかなかったのですか』という意味に聞こえました」
「有馬隼人さんの質問と答える宮川君のやりとりが短いながらも重かった」
といった声が相次いだ。

そのほか、宮川選手の回答を受けた有馬氏の反応について、

「『プレイが終わっていたことに気づかなかった』と言って欲しかったんだよね。経験者なら、そう願う。でも、これが現実なのですね」
「有馬さんとしては『笛は聞こえていなかった』っていう言葉が欲しかったんだろうな。それほどアメフトの元選手としてわざとケガさせたってのは信じられなかった、いや信じたくなかったのだろう」
といった感想を漏らすユーザーの姿も目立っていた。


J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14751647/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!

20180522_asagei_sakaguchi-250x250.jpg
 元おバカタレントで活躍していた、艶系女優のANRIこと坂口杏里が、来月16日、浅草ロック座から全脱ぎの踊り子としてデビューすることを自身のインスタグラムで発表した。坂口杏里といえば、母で女優の坂口良子を亡くした後は、艶系女優への転身やホストへの恐喝未遂で逮捕されるなど、坂道を転がり落ちるような転落人生であったが、再び艶系路線にまい進していくことを決心したようだ。

 しかし一方で、業界内からはこんな声が上がっている。

「艶系女優としてもパッとしなかったANRIが、踊り子として集客できるのか? と業界では首をかしげる人も多い。顔も超美形というわけでもなく、バストが豊かでもなく、“先っちょがピンク”などのウリがない。そのためか、インスタグラムで『行きたい!』とコメントしたユーザーに、『ぜひ来てください!』とANRIみずからコメントを返すなど、元芸能人としては前代未聞レベルなほど集客に必死になっているようです」(芸能ライター)

 今のところ、インスタグラムユーザーからは、「金なくなったからまた脱ぐのか、母親かわいそう」「あの汚いHIPを見たい客がいるの?」と、辛辣なコメントもあるものの、「見に行きます! 大好きです」「女性でも見に行けるのかな?」と、好意的なコメントも多数書き込まれている。

 おバカタレントから艶系女優、ホステスを経ての踊り子転身、果たして成功するのだろうか。

(佐藤ちひろ)

https://www.asagei.com/excerpt/104685

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

メディア関係者のセクハラ被害 35人から150の被害回答

51tfGQzI1E.jpg
ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10)

NHKニュース&スポーツ

財務省の前の事務次官によるセクシュアルハラスメントの問題をきっかけに女性記者などが設立した団体が会見し、メディアで働く人を対象にアンケートを行ったところ、35人から150の被害の回答が寄せられたと発表しました。

調査は女性の人権に詳しい大阪国際大学の谷口真由美准教授や女性記者などで作る団体が、放送局や新聞社などのメディアで働く人を対象に、先月21日から30日までインターネットで行いました。

会見によりますと、アンケートには記者やディレクター、タレントなど35人から150の被害の回答が寄せられたということです。

具体的には上司や先輩など社内でセクハラを受けたというケースが63件で、全体の40%に上ったほか、取材先などでは警察官や検察関係者が18件で12%、政治家など政治関係者が17件で11%となったということです。

中には警察の幹部から性的な発言を繰り返され、他社の女性記者がうつ病になったとか、役場の幹部からスナックで体を触られ上司に報告したのに対応してもらえず、不眠などの症状を発症したといった回答が寄せられたということです。

会見した谷口准教授は「情報提供の見返りにセクハラが行われるケースが非常に多く見られた。メディアで働く人が声を上げてこそ、社会の中で性被害の実態が拾い上げやすくなる。正面から取り組むべき重要な問題だと認識してほしい」と話していました。

https://news.goo.ne.jp/article/nhknews/
nation/nhknews-10011447121_20180521.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

青春の味が…「さらっとしぼったオレンジ」生産終了 20年超ロングセラー、ダイドー「苦渋の決断でした」

ミカンの粒が入って、そこそこの容量で百円ぐらいで売ってたから、たまに飲んでたのに…

d5611_1446_d11c5e4b_844a244a.jpg
「さらっとしぼったオレンジ」=ダイドードリンコ提供

 ダイドードリンコの定番商品が生産終了となり、ネット上で話題になっています。20年以上にわたって販売されてきた「さらっとしぼったオレンジ」です。どういった理由でラインナップから外れたのか? 広報担当者に聞きました。

「安くてうまかったのに」
 今月15日にツイッター投稿された画像。そこには「さらっとしぼったオレンジ」の缶とともに、「本品はメーカー製造中止のため、在庫限りで販売終了となります」の文字が確認できます。

 この投稿に対して「俺の夏の風物詩が1つ消えた」「安くてうまかったのに」といったコメントが寄せられ、リツイートは2万、いいねは3万を超えています。

 ダイドーによると「さらっとしぼったオレンジ」が発売されたのは1996年。国内飲料の売り上げのうち約半数をコーヒーが占める中で、中高生を中心に安定した人気を保ってきたそうです。

 果実の房を細かくした「オレンジパルプ」と天然水を使用。搾りたてのオレンジの食感が楽しめる果汁飲料で、490gの大容量サイズは飲みごたえもあります。

広報担当者に聞く
 なぜ生産終了になったのか? 広報担当者はこう説明します。

 「弊社は国内飲料の売り上げの8割を自販機が占めています。この商品単体の売り上げうんぬんではなく、さらなる成長を目指してラインナップの最適化を考えた上での苦渋の決断でした」

 ロングセラー商品のため、惜しむ声が上がることは予想していましたが、ツイッターやSNSでの反応は想定を超えていたといいます。

 「とてもありがたく思っています。再販を望むご意見もいただいていますが、しっかりと社内で共有していきたいと思います。引き続きダイドードリンコの自販機をよろしくお願いします」

withnews
http://news.livedoor.com/article/detail/14746351/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

社民・福島瑞穂氏のツイートが大炎上 誤字・脱字、理解不明な内容…「3回読んでも分からない」の声

063bc_367_f4de36426c40dd0c490cf3b1c1b052f0.jpg
福島氏の“面白ツイッター”が話題となっている

 社民党の福島瑞穂副党首のツイッターが、ひそかな話題となっている。時事問題や自身の日程について発信する一方、鋭い切り口で政府・与党を追及しているが、一部のツイートの誤字・脱字や、理解困難な内容について、ネット上で「おもしろ珍ツイートの宝庫」「腹筋崩壊」などと盛り上がっているのだ。

 《集団的自営店の行使は、明確に憲法9条に反し違憲である(中略)認めることはできない》(2014年3月29日)

 《安倍政権にNO!民主主義にYES!市民にYES!明日の政治は変えられないが、明日の政治は変えられる》(17年10月18日)

 この2つは、福島氏の代表的な“面白ツイート”だ。17万人以上のフォロワー(閲覧者)を持つだけに、ネット上の反応もさまざまだ。

 前者には「集団的自営店って、ショッピングモールか」「憲法違反ちゃうで」「商店街撲滅を宣言」、後者には「どっちやねん!」「3回読んでも分からない」「誰か日本語に翻訳してください」といった感想が記されていた。

 このほか、記者が確認しただけで、似たようなツイートは十数件存在した。現在も、訂正や削除されることはなく、閲覧可能となっている。

 削除されたとみられる以下のツイートも画像付きで発掘された。

 《土井たか子さんは、よく街頭演説で、『強きを助け、弱きをくじく』と言っていました。今の安倍政権の政策は、『強きを助け、弱気をくじく』ではないか》

 福島氏が尊敬する故土井たか子元衆院議長に関するため削除したのか。

 記者も、会食取材(酒付き)後に原稿執筆やメールなどをすると、誤字・脱字が目立つ。東大法学部卒の弁護士である福島氏も、多忙な政務・党務の中で発信しているため、間違えたのか。

 福島事務所に17日、原因(要因)や今後の対策について書面で問い合わせたが、18日夕までに回答はなかった。

 この取材を通じて、「推敲(すいこう)」の大切さを痛感した。


ZAKZAK(夕刊フジ)
http://news.livedoor.com/article/detail/14746399/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ