大盛りあがりGO 2018年03月09日
FC2ブログ

シェアハウス融資で混乱=銀行の貸し手責任問う声

20180214092016.jpg

 静岡県沼津市に本店を置く地方銀行のスルガ銀行が、投資目的のシェアハウス向けにずさんな融資を行っていた疑いが浮上し、混乱が広がっている。

 シェアハウス運営会社の経営が悪化し、家賃の支払いを停止したことで、返済に窮する住宅オーナーが続出。貸し手の責任を問う声が強まり、スルガ銀は融資実態の調査に乗り出した。

 オーナーや支援団体などは8日、国会で衆院財務金融委員会の議員らと会合を開き、「過剰な融資で被害を拡大させたスルガ銀の責任は重い」などと訴えた。支援団体の幹部は会合後に、融資の審査が通るよう、預金残高などが水増しされた例が相次いで発覚していると説明。「組織的な改ざんをスルガ銀が知らなかったはずがない」と指摘した。

 問題のシェアハウスは不動産会社スマートデイズ(東京)が運営する「かぼちゃの馬車」。一般の会社員らがスルガ銀から融資を受けて建設し、スマートデイズが一括して借り上げる仕組みだ。同社は一定の家賃を保証するとしていたが、入居率の低迷で1月に支払いを停止した。

 オーナーは数百人規模に達するとみられ、オーナー側の弁護士によると、1人当たり1億~4億円以上の融資を受けていたという。2月末には約80人のオーナーが同行に融資の返済停止を通告した。

 スルガ銀は「真摯(しんし)に受け止める。調査中は(差し押さえなどの)法的手段は取らない」と、返済を事実上猶予する方針だ。金融庁も「スルガ銀がどこまで関与していたのか、調査結果を待って対応を検討する」(幹部)と関心を寄せている。
 

時事通信社
http://news.livedoor.com/article/detail/14405070/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

音楽教室から著作権料徴収へ 早期契約なら1割引きも

m_ASL3846PTL38UCVL009.jpg
音楽教室からの徴収開始を発表した日本音楽著作権協会の浅石道夫理事長(左)と大橋健三常務理事=8日、東京都港区

(朝日新聞)

 日本音楽著作権協会(JASRAC)と音楽教室が著作権料の徴収で対立している問題で、JASRACは8日、4月1日利用分から徴収に踏み切る方針を明らかにした。徴収を認める文化庁長官の裁定が出たことを受けたもので、約900事業者(計約7300教室)に契約締結を求める文書を送る。9月末までに契約を結ぶと1年間は1割引きとし、早期契約を促す。

 文化庁は、教室での演奏は楽器の指導・練習のためで著作権は及ばないとして徴収に反対している教室への督促をしないよう行政指導しており、JASRACはそうした教室への個別の督促はしない方針という。東京地裁で係争中の教室や反対運動を展開する「音楽教育を守る会」の教室など350社以上が支払いに応じないとみられる。著作権料は前年の受講料収入の2・5%。徴収対象は当面の間、楽器メーカーや楽器店が運営する教室とし、将来は個人経営でも生徒をホームページなどで広く集めている教室も含める。音楽教育を守る会は「裁判終了まで、あらゆる音楽教室への徴収を控えるのが社会的正義。徴収開始は正義にもとる」と反発している。(赤田康和)

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/
nation/ASL3846PTL38UCVL009.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

カナダでホームレスの「ピアノマン」死亡 演奏ビデオで有名に

m_bbcworldnewsjapan-43326104.jpg
(BBC News)

カナダ・アルバータ州エドモントンの路上でピアノを弾く姿がYouTubeで紹介され、有名になったホームレス男性が2日、支援シェルターで亡くなった。46歳だった。その訃報に多くの市民が悲しんでいる。

ライアン・アーカンドさんは車のクラクションや道行く人たちの叫び声、車や人が絶え間なく行きかう街の声に囲まれて、路上で生活していた。

アルコール依存症や精神疾患と長年戦いながら、曲を作り、路上でピアノを弾いていた。アーカンドさんは亡くなったが、その音楽は残る。

アーカンドさんはカナダ先住民アレキサンダー・ファースト・ネイションの1人で、4歳ごろから兄弟と共に里親と暮らし始めた。この時に地下室でピアノを見つけたのが全ての始まりだった。

CBCのインタビューでは当時のことを「お互いのために存在していると感じた」と振り返り、「ピアノを見ながら恋に落ちた」と話した。

初めはテレビや映画のテーマを耳で覚えて弾いていたが、そのうち作曲もするようになった。

13歳の時に家出してエドモントンにたどり着き、路上生活を始めた。すぐにアルコールが生活の原動力になったものの、もうろうとした状態で過ごす日々の中でも、音楽への愛情は残っていたという。

アーカンドさんは教会や病院のほか、サー・ウィンストン・チャーチル広場でも演奏していた。この広場での演奏をロズリン・ポーラードさんが目にし、撮影したビデオが彼を有名にした。アーカンドさんがポーラードさんに弾いた曲はいみじくも、「始まり」というタイトルだった。

YouTubeでの評判を機に、「ピアノマン」というあだ名がついた。さらに、支援シェルターにも入居できるようになった。ポーラードさんはビデオで得た資金でシェルターにピアノを買い、アーカンドさんが毎日演奏できるようにした。

しかしその後、アーカンドさんはシェルターと路上、病院、そして刑務所を点々とすることになる。ビール瓶を手にしているのを見つかって以来、サー・ウィンストン・チャーチル広場など、なじみの場所での演奏を禁じられてしまった。

2016年に軽犯罪で6カ月服役した後、APTNのインタビューを受けた。

「また酒を飲んでる。最悪だ(中略)もう何をすればいいか分からないんだ」、「(僕の音楽は)破れた夢だ。正直、僕にはもう何も希望がない」と、アーカンドさんは話していた。

アーカンドさんをしのび、家族や友人はその人柄を思っていると話す。

アーカンドさんがたびたび訪れていたセント・ジョゼフ大聖堂のクリス・シュミット神父は、「アーカンドさんが最も輝いていたとき、彼の信仰は素晴らしく、神父として身が引き締まる思いでした」と振り返る。「飲酒していない時の彼は、一緒にいて実に楽しい人でした」。

家族によると、アーカンドさんは週末にもアレキサンダー・ファースト・ネイションの土地に埋葬される予定。アーカンドさんのいとこ、クリス・イエローバードさんは、「彼のこれまでの葛藤や悲しみが過去のものになった思うと、気持ちが楽になる」とコメントした。

https://news.goo.ne.jp/article/bbcworldnewsjapan
/world/bbcworldnewsjapan-43326104.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「チョコで若返り」発表は不適切  内閣府が検証報告書

f70c6_368_92d76346edcae891af0ada6a60244f3b.jpg
内閣府の報告書を受けて記者会見する研究チーム代表の山川義徳氏(右)=8日、東京都千代田区(小野晋史撮影)

 内閣府は8日、大型の資金助成を行っている脳科学の研究チームが、科学的な裏付けが不十分な段階で「チョコレートを食べると脳が若返る可能性がある」などと昨年発表した問題について、「発表は適切ではなかった」とする検証報告書をまとめた。

 報告書では、発表は「研究開始の宣言」だったが、メディア側が「研究成果の広報」と受け止め報道したことが問題の発端と結論づけた。「発表には慎重さが必要だった。研究を主導する側に相当の責任がある」とした。

 研究チームの代表を務めるNTTデータ経営研究所の山川義徳氏は報告書を受け「ご迷惑をおかけして申し訳ない。非常に反省している」と謝罪した。内閣府はデータの充実に向け追加試験の実施を求めた。

 山川氏は昨年1月、製菓会社「明治」との共同研究で「カカオ成分の多いチョコを4週間食べると、大脳皮質の量を増やし、学習機能を高める(脳が若返る)可能性があることを確認した」と発表した。

 これに対し、チョコを食べていない人との比較をしておらず、被験者も少ないなどデータ不足を指摘する声が上がり、内閣府は外部有識者から意見を聴くなどして昨年5月から検証作業を進めていた。


産経新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/14405427/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

弁護士・貞友氏が新事実を激白「合宿中に男子大けが」 伊調パワハラ騒動

3f7c0_367_79e44bef4a655b94ebd73c6b3c0182d7.jpg
ラジオ出演をキャンセルした伊調。その言葉が待たれる

 女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)=ALSOK=が日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けたとされる問題が新展開だ。内閣府は告発状に携わった田南部力(たなべ・ちから)コーチ(42)と元五輪代表のB氏、貞友義典弁護士から近く事情を聴くことが分かった。貞友弁護士らは、別の男子選手が合宿中に大けがを負ったことでも協会側の対応を問題視していたことも明かした。

 協会側は6日に非公開で開いた倫理委員会で、弁護士で構成される第三者機関に伊調と栄氏から聞き取り調査を委託することを決めた。一両日中に弁護士を選定し、2、3週間内に聞き取り調査を終える予定。

 協会の決定前から「第三者による調査」を訴えていたのが貞友弁護士だ。田南部コーチやB氏らの証言を元に告発状を作成、1月18日付で内閣府公益認定等委員会に提出した。内閣府の担当者から今月6日、田南部氏、B氏、貞友弁護士の3人から聴取したいと連絡が入ったという。

 貞友弁護士は告発状の前にも、別の問題で内閣府に質問状を送っていた。

 「昨年12月ごろ、B氏から、男子選手が合宿中に大ケガをしたが、保険に入っていないので補償されない。相談に乗ってほしいと言われた」。貞友氏が負傷した選手に面会しようと地方の病院へ足を運んだにも関わらず、協会に会うことを許されなかったという。

 「こうした疑問について調べていくうちに、協会が伊調選手に不当な扱いをしていることなど、協会のガバナンスに問題があることが分かってきた」と貞友氏。これが告発状提出につながったと強調する。

 貞友氏は「伊調に迷惑がなるべくかからないようにしたい」と告発状を1人で作成・提出しており、一連のレスリングに関する問題で、正式な依頼者はいないという。

 一方、B氏は、レスリング関係者ではない知人の紹介で弁護士と連絡を取ったと夕刊フジの取材に話している。

 伊調に対するパワハラ問題を離れ、場外乱闘の様相だが、内閣府と協会の調査で真実はどこまで明らかになるのか。


ZAKZAK(夕刊フジ)
http://news.livedoor.com/article/detail/14404757/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ