大盛りあがりGO 2017年07月29日
FC2ブログ

南極からの巨大氷山分離が招く海面上昇の可能性

Larsen1-e1483889038733.png
画像の左側上部にあるのがラーセンC棚氷(たなごおり)

 異常気象を異常とも思わなくなったほど、昨今の気候変動は激しい。そんな折、南極半島東岸に存在するラーセンC棚氷の先端にある氷山が分離したという。
 この巨大氷山の広さは6000平方キロメートルで茨城県の面積相当もあり、これまで記録された中でもトップ10に入る。
 「ラーセンC棚氷は南極大陸で4番目に大きな棚氷。2014年にヒビが確認されたため分離の兆候ありとして観察が行われていました。昨年からヒビが急速に拡大していることを確認、今年1月には、数カ月内に分離が起こる可能性ありと発表していました。今後、研究者らは、船舶との衝突などが起きないように追尾していくことになります」(気象ジャーナリスト)

 広さに関しては、この氷山より上がある。
 「衛星時代に入って観測された過去最大の氷山は面積約1万1000平方キロメートルのもので、都道府県面積6位の秋田県並みでした。この巨大氷山の欠片は6年経ってもニュージーランド付近をウロウロしていました。また1956年には、米海軍の砕氷艦が約3万2000平方キロメートル級の氷山(岩手県二つ分)に遭遇したという報告もありますが、衛星のなかった時代ですから追跡調査が行えませんでした」(サイエンスライター)

 心配なのは海面上昇だ。
 「グラスの中に水と氷とを入れた場合、氷が溶けてもグラスの水面は上昇しません。これと同じ理由で、溶けたからといって海面が上昇するわけではありません。しかし、原因が何であれラーセンC棚氷は分離前よりも12%も小さくなっており、今回に続いて棚氷が崩壊すれば、背後にある氷河が海へと流れ込む速度が増し、将来的に海面が上昇する可能性もゼロではないという指摘もあります」(同)

 ほとんどの研究者は今回の巨大氷山について、直ちに危険と認識する必要はないと言う。しかし、これこそ“氷山の一角”ではないことを祈りたいものだ。

http://npn.co.jp/article/detail/72861894/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

懐かしアイス「ダブルソーダ」が消えた パキッと割って恋人と...「俺の青春」「寂しい」

ff614_80_0f96d547_1e114bde.jpg
30年以上の歴史に幕を閉じた森永乳業の「ダブルソーダ」

森永乳業のロングセラーアイス商品「ダブルソーダ」の販売が終了した。1983年の発売以来、手頃な価格と変わらぬ味で幅広い世代から人気を集めてきたアイスバーが、34年の歴史に幕を閉じた。ネット上では、惜しむ声があがっている。

なぜ、販売を終えたのか。森永乳業広報部の担当者は2017年7月28日、J-CASTニュースの取材に対し、「販売量の減少により、終売の判断をいたしました」と説明した。

前身含めると半世紀以上のロングセラー

ダブルソーダは1983年3月、森永乳業がユニリーバと提携して立ち上げた「エスキモー」ブランド(2010年に終了、以降は「森永乳業」ブランドに統一)から発売された。

最大の特徴は、一つのアイスに木の棒が2本付いている点だ。幅広の形をしたアイス部分は縦に「パキッ」と2つに割ることができ、家族や友達、恋人などと半分ずつシェアして食べることができた。2017年の販売終了時のメーカー希望小売価格は60円(税別)だった。

今回、ダブルソーダの販売終了をツイッターで報告して注目を集めたのは、一般社団法人「日本アイスマニア協会」(東京都港区)の代表理事を務める「アイスマン福留」さんだ。7月28日朝の更新で、

「棒が2本『半分個』にして食べられる、あの思い出のアイス『ダブルソーダ』が今年の春で販売終了となったそうです」

と伝えたのだ。

このツイートは投稿から半日で1万2000回以上リツイート(28日18時時点)されるなど大きな反響を呼び、投稿のリプライ(返信)欄などには、

「子供の頃はソーダ味と言ったらダブルソーダでした」
「ダブルソーダなくなるのかよ!大好きだったのに...」
「最近見かけないなぁと思ったら販売終了になっていたんですね...。 小さい頃よく食べた思い出があります。寂しいなぁ」
「俺の青春を彩ってくれたアイスが...」

といった悲しみの声が相次いで寄せられている。

森永乳業の広報担当者によると、販売の終了は2017年3月末。また、ダブルソーダの前身商品として「ソーダアイス」(1965年発売)があるという。こちらも含めると、今回の販売終了によって、半世紀以上にもわたって販売が続いた超ロングセラー商品の販売が終了したことになる。


http://news.livedoor.com/article/detail/13400151/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

日テレスタッフも呆れ返る三田佳子と黒木瞳の大女優バトル

14343315.jpg
提供:週刊実話

 7月12日にスタートした高畑充希(25)主演のドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)が初回平均視聴率11.6%(関東地区)をマークした。ひさびさの二桁台の視聴率に、さぞや局内は大盛り上がりかと思いきや、聞こえてくるのは、なぜかスタッフのやる気のない声ばかり。なんと現場で起きているのは、脇役である三田佳子と黒木瞳の醜い意地の張り合いだという。
 「主演の高畑を差し置き、やりたい放題です。あまりのエスカレートぶりにスタッフや他の共演者からも悲鳴が上がっているんです」(日テレ関係者)

 どんなバトルが勃発しているのかと思いきや…。
 「プロデューサーを巻き込み大騒ぎになっているのが『挨拶した、しない』の問題。なんでも黒木が三田から無視されたと騒いだのです。当然ですが、三田もぶち切れ寸前。まあ筋から言えば、56歳の黒木が75歳の三田に挨拶を最初にしてくれると、すっきり話がまとまるんですが…」(制作関係)

 さらに、発生したのが楽屋をめぐるバトルだ。
 「楽屋の大きさで、また揉めているんです。三田の楽屋は和室。一方の黒木は洋室で、三田の部屋と比較すると少々、見劣りがする。実は黒木は、すでに他の部屋をチェック済みだったようで、さっそくスタッフにクレームを入れたというんです」(芸能関係者)

 極めつけが差し入れ陣地事件。ドラマ撮影初日、スタジオ入り口には出演者からの大小、さまざまな品が並んだという。
 「差し入れには提供者の名前が貼り出されるため、局やスタッフ、取材メディアに対して、ものすごい宣伝になるんです。当然、順番は主演の高畑に続き、時任三郎らのお菓子が並ぶ予定だった。ところが気が付くと、高畑の隣に三田のクッキーが置いてあった。さらに驚いたのはその10分後。高畑と三田の間に割り込む形で黒木のどら焼きが並べてあり、三田の差し入れは端っこに追いやられていたんです」(制作関係者)

 そんな2人のギャラは想像以上にお高いという。
 「三田は、1本150万円~。黒木は1本160万円~。この差は、拘束時間です」(ドラマ事情通)

 それにしても、なぜ日テレは以前から犬猿の仲と噂されていたこの2人をキャスティングしたのか?
 「ドラマの脚本家である遊川和彦は、高視聴率を記録したドラマ『家政婦のミタ』も担当したため、日テレは逆らえない。この遊川と三田、黒木は個人的に仲がいいんです。その関係で日テレはしぶしぶ、キャスティングしたんです」(同)

 ちなみに、遊川先生の1本当たりの脚本料は200万円~にもなるという。
 過保護な日テレ。

http://npn.co.jp/article/detail/14343315/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

石原真理子「空腹万引き」までの「プッツン、暴露、ストーカー逮捕」転落人生

20170728_asagei_ishihara-250x250.jpg
「お腹が空いていたのでとってしまった」 

 7月26日にフジテレビのニュースで明らかになった女優・石原真理子の「万引き」騒動で衝撃が広がっている。

 石原は22日、東京・墨田区内のコンビニで弁当1つと、ペットボトルのお茶をレジで会計せず、持ち出そうとした。その後、石原の行動に気づいた店員は110番通報。駆けつけた警察官によって、石原は連行された。任意の取調べに対し、石原は万引きの事実を認めているという。

 この報道に対して、ネットには「転落しすぎだろ」「コンビニで弁当万引きしないと苦しいほど金ないんか…」「これ、ガチの貧困なんじゃないの」など、石原の現状や、経済状態を心配する書き込みが後を絶たなかった。

 石原は1980年、映画「翔んだカップル」でデビュー。その後、ドラマ「ふぞろいの林檎たち」(TBS系)などで脚光を浴び、清純派女優としての地位を確立した。

「石原といえば、“プッツン女優”としてあまりにも有名です。06年に出版し、過去の男性関係を赤裸々につづった自叙伝『ふぞろいな秘密』について『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した時は『私は書いてない』と発言して波紋を広げました。アメリカに滞在していた時は、男性へのストーカー行為で2度逮捕されています。それ以外にも石原がプッツンした事例はあまりにも多く、呆れるしかありません。今回も連行時、3000円ほどを所持していたのに『別に買いたいものがあった』と語っているあたりも、プッツンぶりを感じさせますが、最近では意味不明のブログを更新し続けていることでも知られていました」(週刊誌の記者)

 石原がブレイクした「ふぞろいの林檎たち」は、落ちこぼれの若者をテーマにした物語だったが、実生活でも、石原は完全に落ちこぼれてしまったのか…。

http://www.asagei.com/excerpt/85809

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ