大盛りあがりGO 2017年07月22日
FC2ブログ

『プレジデント』記事「セクハラにならない誘い方」に非難 担当者は「セクハラを助長する意図は無い」と強調

雑誌『プレジデント』の7月10日発売号に掲載された、「セクハラにならない誘い方、口説き方」という記事が波紋を広げている。上司の男性が好意を寄せる部下の女性と一夜を共にするための具体的な口説き方が紹介されているのだが、その内容が、脱法行為の指南と受け取られても仕方ないと非難の的になっている。

「2部屋を予約すれば、『別々の部屋に泊まろうと思っていた』と言い訳ができる」

1eb68_1591_1ede67d92dafaa285ac2bf66cf7d5033.jpg

記事は「自分がどんどん有利になる 場面別 人付き合いの高等テクニック7」という特集の1ページとして掲載された。同じ特集内では、「自分勝手な人と仕事」をする際のポイントを東国原英夫さんが伝授したり、元リッツカールトンホテル日本支社長の高野登さんが「初対面の挨拶」をスムーズに行う方法を解説したりしている。

話題になった記事は「女性と仲良くなる」をテーマに、弁護士の話を元に編集部が作成したとある。副題は「セクハラ扱いされないための理想の"合法"デートコース」。

意中の女性を最初から1対1で誘うのはセクハラに認定されるリスクがあるので、まずは2対2で食事をすべきこと、その後1対1になれたら密室ではないオープンな空間で口説くべきといったアドバイスが紹介されている。このほか、

「事前にホテルを確保しておくのであれば、シングルとセミダブルの2部屋を予約する。この方法であれば、『別々の部屋に泊まろうと思っていた』と言い訳ができるし、口説くことに成功した場合はセミダブルの部屋を利用できる」

といった記述がある。特に批判を集めているのは

「チェックインする前に、一緒に近隣のコンビニでお酒を買うのも役に立つ。一般的に、2人でホテルの同じ部屋に入り、そこに一緒に買ったお酒を持ち込むという行為は『合意の成立』を推認する重要な判断要素となる」

という箇所で、これにはネット上で「後から『合意』をでっち上げられるようにレシートや防犯カメラを利用せよという指南ならもはや犯罪指南と変わらんのでは」との声や「本当に合意の成立を推認する判断要素になり得るのか」という疑問も多く出ていた。

記事は「自分の供述以外の証拠がないといった状況だけは避けておいたほうがいい」と締めくくられ、女性が嫌な思いをしないために配慮すべき点などのアドバイスは見当たらない。

「多くの人は記事を読まずにリツイートしている」と担当者

ネットではその他、「訴えられないセクハラ、『合意があった』で押し通せるレイプ指南ですか 最低だ」といったコメントもある。

弁護士の落合洋司氏はキャリコネニュースの取材に対し、一緒にお酒を買って持ち込めば合意の成立の推認条件になるという記述に首を傾げた。共に飲酒することだけが目的の可能性も十分にあるため、「『こうすればセクハラにはならない』とパターン化し、その1点だけを持って合意の成立があったと思い込むのは非常に危険」と警鐘を鳴らす。

記事はどういう意図で作られたのか。キャリコネニュースが編集担当者に話を聞いたところ、

「セクハラした・していないの水かけ論を防ぎ、ホワイトな人間関係を築いてほしいという思いで作りました。無理やり個室に連れ込むなどの事例がある中、男性に紳士的な振る舞いをしてもらいたいと思っています」

と主旨を説明した。一部で言われている「合法セクハラの紹介」といった意図は無いとい強調する。

「2部屋予約しておけば女性に無理やり襲いかかっても合法だ、という主旨のコメントが広まっていますが、そんなことは書いていませんし、やったら犯罪です。恐らく多くの人は、記事を読まずにリツイートしているのでしょう」

記事中には「常に女性に逃げ道をつくってあげて、危険ではないことを認識できる状況にしておく必要がある」と書かれており、担当者は、「この部分が伝わらず、一部だけが切り取られてしまった。誤解が広まって悲しい」と残念がる。

別々の部屋に泊まろうと思っていたと「言い訳ができる」という表現があったことに関して、具体的に何の言い訳なのか問うと、

「口説けなかった時、断られた時の言い訳であり、後から女性にセクハラではないかと追及された際のかわし方ではないと思うが、正確なことは弁護士に聞いてほしい」


http://news.livedoor.com/article/detail/13367953/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

【衝撃事件の核心】「セクハラでなく合意」 女子学生と研究室で「不適切な行為」 懲戒解雇された大学を訴えた元准教授の“言い分”

342aa_368_3a7e1ab0caac9505d43a1214902a0598.jpg
 キャンパスでの教諭と女子学生の不倫愛。

 今どき、そんなシチュエーションは珍しくないかもしれないが、関西のある国公立大の40代の男性准教授の場合は明らかに“行き過ぎ”があった。最初はメールのやり取り。そして食事やデート。妻子がいることを隠して教え子の女子学生と交際を続け、関係を持ってからは裸の写真を要求したり、研究室でも行為に及んだり。こうした行動は大学側の知るところとなり、「学内の秩序や風紀を乱した」として懲戒解雇処分が下された。ところが男性は「関係は合意に基づくもの。処分は懲戒権の濫用(らんよう)で無効」などと大学側を相手取り、地位確認請求訴訟を起こした。裁判を通じて明らかになった“禁断の行為”の数々。司法は男性の言い分をどう判断したか。

授業で「○○ちゃんと合体」

 問題が発覚したきっかけは、平成26年11月、大学内の「相談ポスト」に、「授業中に(准教授の)不適切な発言があった」とする匿名のカードが投じられたことだ。

 大学が調査したところ、准教授の男性は、(1)親しい女子学生をファーストネームや「ちゃん」付けで呼んでいた(2)出欠確認をする際、学生の髪形や服装についてコメントをしていた(3)頭や肩に触れられた学生がいた-などの不適切な言動が確認された。

 男性の専門は社会保障や社会福祉など。授業では、男女の性について説明する際、こんな発言をしていたことも分かった。

 「僕の精子と○○ちゃん(学生の名前)の卵子が合体して子供が生まれたとしよう」

 「僕が夫で○○ちゃんが妻だったら」

 大学がこれらの言動について男性に確認したところ認めたため、ハラスメント行為と認定した。

2人きりの食事から

 だが、ハラスメント行為はこれだけではなかった。調査が進むにつれ、男性が特定の女子学生と関係を持っていたことも分かった。

 きっかけは24年5月、当時2年生だった女子学生から、講義に関する感想や質問などについてメールがあったこと。その後、2人の間でメールの交換が続いた。

 7月、男性は講義終了後に学生らとの食事会を予定していたが、参加を希望したのはこの女子学生のみだった。「2人で食事をするのは気まずいでしょう。あなたが良ければ、甘いものでもどうですか」。男性がこうメールしたところ、女子学生から「甘いものが食べたいです」と返信があり、2人でケーキを食べて食事にも行った。

 食事中は交際相手や結婚、恋愛、好きな異性のタイプなどについて話し合った。メールのやりとりはその後も続き、次第に「心情的なメール」に変わっていったという。

妻子の存在を隠し

 一線を越えたのは翌月。男性は「(自分の)ゼミを履修する可能性のある学生には話しておかなければならないことがある」と兵庫県尼崎市のホテルに女子学生を呼び出し、行為に及んだ。このとき、学生は「避妊してほしい」と頼んだが、男性は応じなかったという。

 男性には妻子がいたが、女子学生には「大切な女性がいる」とメールでほのめかした程度で、学生は男性が独身だと思っていた。後日、大学側の調査に対し、学生は「妻子があると知っていたら、(性行為は)しなかった」と話したという。

ヌード撮影、校内デート、研究室でも

 男性はその後、2人でライトアップを見に出かけたり、クルージングを楽しんだりしてデートを重ねた。さらに「カメラでもビデオでも、『僕だけの宝物』がほしい」と学生の裸の写真を要求。当初はかたくなに拒んでいた学生も、次第に応じるようになったという。

 大学内での“校内デート”も行っていたが、9月には学生が就職活動の相談に訪れた際、研究室でも関係を持った。

大学は処分理由を明かさず

 交際は約1年4カ月に及んだ。別れた後、男性は学生の求めに応じ、裸の写真などのデータは処分したという。

 大学側の調査に対し、男性は2人の交際や写真の撮影など、これまでの行為を認めており、大学への投書から約1年後に学内で開かれた「セクシュアル・ハラスメント等防止・対策委員会」で、男性の女子学生に対する不適切な行為が認定された。

 これを受け大学側は28年2月、「特定の学生と性的関係をもって裸の写真等を撮影し、教育研究の場として学生が安心して指導を受けるため供与されている教員の研究室で性行為を行ったという各事実は、大学の風紀・秩序を著しく乱す重大なハラスメント行為で、在職させておくわけにいかない」などとして、准教授だった男性の懲戒解雇処分を決定した。ただ、報道発表では「個人のプライバシーにかかわる」として詳しい理由は明らかにしなかった。

 こうして大学を去った男性だが、2カ月後、「処分は懲戒権を濫用し無効」などと主張し、地位確認と処分後の給与の支払いを求めて地裁に提訴。大学が非公表とした内容が、司法の場で公にされる格好となった。

「セクハラではない」

 男性は大学側の調査に対する事実関係は認めた上で、こんな主張を展開した。

 「学生と性的関係をもったことは極めて不適切な行動ではあるが、あくまでも両者の合意に基づくもので、他の学生の目に触れないよう、大学内の秩序を乱さないよう十分配慮していた」

 「裸体の写真等の撮影も同意を得て行ったもので、そもそも労働契約とは関係のない個人の趣味・嗜好(しこう)の問題」

 「各行為は学生の意に反していたものではなく、学生が修学・就労上の不利益を受けたり、環境が害されたこともなく、セクハラには該当しない」

 これに対し、大学側は「仮に合意の外形的事実があったとしても、心理的圧迫か、独身と誤解させた詐術によるもので、合意があったとは評価できない」と反論。「教員という立場、妻子ある身でありながら学生と各行為をしたことは就業規則、倫理規定、セクハラ防止規定に違反するのもで、教員としてあるまじき行為で許されない」とし、処分には客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当と認められ、解雇権の濫用には当たらないとした。

地裁の判断は

 争点は、処分が懲戒権の濫用に当たるか否かという一点。今年4月の地裁判決は、「(男性の行為は)学内の秩序や風紀を乱し、他の教員と学生の信頼関係や教育研究環境に悪影響を及ぼす極めて不適切なものであることは明らかで、大学の社会的信用を著しく害するもの」として、大学側の処分は妥当と判断。男性の請求を棄却した。

 判決では、「大学の教員として高度の専門的学術文化及び理論を教授、研究し、学生の社会進出、学術文化の進展に寄与することを目的に教育研究活動を行うべき立場にもかかわらず、学生と各行為に及んだのは本来の目的や使命に反する」とも指摘。

 男性が重ねて強調した「合意」についても、こう断じた。「それによって、他の教員と学生の信頼関係や教育研究環境に及ぼす悪影響の程度、大学の社会的信用性の毀損(きそん)の程度などがそれほど減少しないから、合意の有無は結論を左右するものではない」

 自由恋愛のつもりだったのか。「合意の上で、迷惑をかけているわけではない」として学生と関係を続けた男性だったが、立場をわきまえない思慮に欠けた行為の代償は高くついたようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13364992/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

溺れた男性を笑いながら撮影、少年5人訴追できず 米

swimming_obore.png

(CNN) 米フロリダ州の池で溺れた男性を、10代の少年5人が目撃して笑いながらビデオで撮影し、助けも呼ばないまま放置していた問題で、警察は21日までに事件としての立件を断念した。男性は撮影が行われた数日後に遺体で発見された。

警察によると、男性は9日、フロリダ州ココアの自宅近くにある池で溺れて助けを求めていた。この場面に遭遇した14~16歳の少年5人は、男性の様子を2分間以上にわたって携帯電話のビデオで撮影しながら笑い声を上げ、助けを呼ぼうともしなかった。

少年たちが男性に向かって「死ぬぞ」とののしり、1人が笑いながら「死んだ」と言う声も収録されている。

フロリダ州には、トラブルに巻き込まれた人の救助または救助要請を義務付ける法律は存在しない。ココア警察の広報はCNNの取材に対し、「(そのような法律が)あれば立件している」「このような事態に対して誰の責任も問えないことに、遺族も捜査員もやり切れない思いでいる」とコメントした。

警察によると、少年5人はビデオを撮影し、男性がおぼれるのを見た後も、警察に通報しなかった。「少なくとも1人は、捜査員に事情を聴かれても反省する様子を見せなかった」という。当局に通報しなかったこと自体、反省心のなさの表れだとしている。

死亡した男性はジャメル・ダンさん(31)と判明した。家族はダンさんが池でおぼれたことを知らないまま3日後の12日に捜索願いを出し、14日に池から遺体が見つかった。

問題のビデオは家族が15日に入手して、フェイスブックで公開した。「目の前で人が死ぬのを何もしないで見ているような子どもたちが、大人になったらどうなるのか。良心はないのか」と問いかけている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13367323/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

巨匠ダリの遺骨掘り起こし検体採取、「一人娘」とのDNA鑑定へ

a029b_1351_e2e5eaa2_8ec63873.jpg
スペイン北東部フィゲラスのダリ劇場美術館で、DNA鑑定のためのサルバドール・ダリの遺骨掘り起こし作業のため館内に運び込まれたひつぎ(2017年7月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】シュルレアリスムの巨匠サルバドール・ダリ(Salvador Dali)の遺骨の掘り起こし作業が20日、スペイン北東部フィゲラス(Figueras)のダリ劇場美術館(Dali Theatre-Museum)で行われた。ダリの一人娘だと主張している女性の申し立てを受け、スペインの裁判所が先月、DNA鑑定のため約30年前に埋葬された遺骨の掘り起こしを命じていた。

 美術館内にあるダリの墓の上から1トン超の厚板を外して遺骨を掘り起こす作業は非公開で行われ、カタルーニャ(Catalonia)自治州の裁判所は午後11時50分(日本時間21日午前6時50分)、「サルバドール・ダリの遺骨から検体を採取した」との声明を発表した。

 骨片や歯片などの検体は首都マドリード(Madrid)の専門機関に送られ、DNA鑑定にかけられる。

 ダリの一人娘だと主張しているのは、カタルーニャ州で霊媒師として生計を立ててきたピラル・アベル(Pilar Abel)さん(61)。ダリが長く創作活動の拠点としていた同州カダケス(Cadaques)で母親と関係を持ち、自分が生まれたと主張している。

 アベルさんの弁護士は、もしアベルさんがダリの唯一の実子と認められれば、20世紀を代表する巨匠画家の莫大な遺産・財産の25%を相続する権利が生じる可能性があると述べている。ダリの遺産を管理するガラ・サルバドール・ダリ財団(Gala-Salvador Dali Foundation)によると、遺産総額は2016年末時点で約4億ユーロ(約520億円)相当に上る。

 アベルさんは先月、AFPとのインタビューで、7~8歳のころに初めて祖母から父親がダリだと知らされ、母親も後にそれを事実と認めたと語った。ダリの故郷フィゲラス出身のアベルさんは、生前のダリを街中でよく見かけたが「言葉を交わすことはなく、お互いにただ目をやるだけだった。でも、いちべつは千の言葉に値する」と話している。
【翻訳編集】AFPBB News

http://news.livedoor.com/article/detail/13367321/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

堪忍袋の緒が切れた!? 船越所属のホリプロが松居一代を名誉棄損及び業務妨害等で提訴へ!

66855549.jpg
 妻でタレントの松居一代との離婚騒動で渦中の俳優の船越英一郎の所属事務所「ホリプロ」が21日、動画サイト・YouTubeやブログで船越への誹謗中傷や暴露を繰り返している松居に対し、法的措置の準備に入ったことを明らかにし、各スポーツ紙のネット版が報じている。

 報道をまとめると、船越の事務所は「松居一代氏の、当社所属タレント船越英一郎に対する一連の言動には、裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上看過することのできない問題であり、本日、当社として、名誉棄損及び業務妨害等を理由とする法的措置の準備に着手しましたことをお伝え致します」とコメント。

 船越は松居に対し、離婚調停の申し立てを行っているが、不調に終わった場合、離婚訴訟に発展。松居は訴訟も辞さない構えのようだが、船越の事務所とも法廷バトルに突入することになりそうだ。

 「船越の事務所はすでにYouTubeに対して名誉を毀損にあたる動画の削除を要請。すでに数本の動画が削除されているが、堪忍袋の緒が切れてしまったのは発売中の『週刊新潮』(新潮社)での松居の告白。船越がカツラであることを暴露するなど、明らかに名誉毀損にあたる言動。ホリプロは各メディアに対して『新潮』の記事を後追いしないように申し入れたほどで、ついに法的措置をとることになったようだ」(芸能記者)

 これまで船越は松居に打たれっぱなしの“サンドバッグ状態”。しかし、この日、57歳の誕生日を迎えたこともあってか、いよいよ反撃に転じた。

 松居はこの日、午前7時前に更新したブログで、シンガポールのらつ腕女性弁護士を雇ったことを明らかに。その後、ブログを更新していないが、船越の事務所の発表に対してどんなリアクションを起こすのかが注目される。


※写真・ホリプロオフィシャルサイトより

http://npn.co.jp/article/detail/66855549/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ