大盛りあがりGO 2017年07月21日
FC2ブログ

教師の「窓から飛び降りろ」報道、児童の問題行動と発言切り取りを同じクラスの保護者が指摘

893be_1500_f00aa5ec_1df932f8.jpg
画像は問題となった小学校のホームページ

埼玉県所沢市の小学校で、男性教師が4年生の男子児童に「窓から飛び降りなさい」などと迫り、過去には体罰を加えたこともあったという問題。教師側に責があると報じられているが、同じクラスの児童の保護者は、一方的な報道内容に疑問を抱き、教師の発言詳細と前後関係をSNSに投稿した。

報道によると、教師は児童同士のトラブルで「窓から飛び降りろ」「明日から学校に来るな」などと指導し、下校時には「このクラスは34人だったが明日からは33人でやっていこう」と発言。過去にはこの男子児童の背中を蹴るなどの暴行をしていたという。学校側は、発言や体罰を認めて保護者に謝罪した。

この報道に同じクラスの女子児童の保護者は、不安を煽るような内容に憤りを感じたとして、女子児童から聞いた話をFacebookに投稿。女子児童によると、この男子児童は頻繁に友達に嫌がらせをしていたという。「飛び降りろ」発言は、新聞を破った男子児童が他の児童に命令されたと話したことからの指導で、教師は「やれと言われたら何でもやるのか?飛び降りろと言われたらやるのか?やらないだろ、やったらいけない事をやれと言われてもやらないんだよ」と注意した。

また、「34人だけど、33人でやっていこう」という発言については、男子児童が後ろの席の児童の鉛筆削りをとったことへの指導の一部を切り取ったもの。教師は、「お友達の物を取らない、それをやめないとクラスの一員になれません。直るまで33人でやっていきます。きちんと直してから、戻ってきてください」と話したという。また、この女子児童は教師について、「言葉で怒る、暴力はやった事がない」と話しているという。保護者は、「娘の話に確実な証拠はないですが」とした上で、教師の話に納得できる部分もあり、不安を煽るような報道に憤りを感じていると綴っている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13361645/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ウナギ、少し安く食べられそう…値下げの店続々

今年も美味しいウナギが食べられますように…

m_20170720-567-OYT1T50069.jpg
ウナギを焼く専門店店員。土用の丑の日を前に客足も伸びている(7月18日、東京都目黒区の専門店「八ツ目や にしむら目黒店」で)=松井亮佑撮影 【読売新聞社】

(読売新聞)
 25日は土用の 丑 うし の日。

 今年はウナギが少し安く食べられそうだ。養殖用の稚魚漁が昨期より好調で、ウナギの卸売価格が約1割下がり、店頭での値下げも相次いでいる。

 東京都目黒区のウナギ専門店「八ツ目や にしむら目黒店」は今年のかば焼きを、大串2200円、中串1800円にした。昨年よりも200円値下げして、おととしの価格に戻した。

 それでも約5年前より400円ほど高いが、客足は好調だ。店主の松本清さん(55)は「まだ高い状態。本当はもっとお手頃に食べてほしいが……」と話した。

 コンビニ大手のファミリーマートは土用の丑の日に合わせて、21日から販売する「鹿児島県産うなぎ 蒲焼 かばやき 重(半尾)」を、昨年より100円値下げして1880円にした。

https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/
business/20170720-567-OYT1T50069.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

日本人は欧州でも差別されないのに! なぜ中国人は差別されるの? =中国報道

71ce2_620_f9492dbf_c852fea4.jpg
 経済的に裕福になった中国人は世界中を旅行で訪れるようになり、その旺盛な消費から世界中で歓迎される存在となっている。だが、中国人旅行客のマナーが問題視されるケースが増えていることも事実だ。
 
 中国メディアの捜狐はこのほど、欧州を旅行で訪れたという中国人旅行客の手記を掲載し、欧州の人びとは「日本人を軽視したり、差別したりはしないが、中国人を軽視して差別する」と主張する一方、その対応の違いには理由があると指摘する記事を掲載した。
 
 記事は、中国と欧州の国では政治体制が大きく異なり、国と社会、そして個人の関係や立場の強弱も大きく異なることを指摘。欧米では憲法は為政者が自由に定めることのできるものではなく、法律やルール、権利に対する考え方や意識も中国とは大きく違っていることを指摘した。
 
 こうした考え方や意識の違いは「他人の人権」を尊重するか否かという行動につながっていると指摘。中国人はしばしば「中国人には人権がない」などと口にするとしながらも、そもそも中国人は「人権が何か」、「他人の人権を尊重するとはどのようなことか」を理解していないとし、そのため他人の迷惑を考えない行動を取っているのではないかと推測した。
 
 さらに記事は、フランスやドイツ、イタリアに宿泊し、ホテルで食事をした際、「いつも中国人は他の国の人とは別の部屋で食事を取らされた」と紹介。同じブッフェであっても、他の国の人向けのブッフェは様々な食べ物が豊富に用意してあったが、中国人用のブッフェは簡素な部屋に簡素な料理が並んでいるだけだったと紹介し、こうした対応に中国人一行は怒り、差別的な対応だとして罵りの言葉を口にしたという。
 
 だが、現地のガイドによれば「昔は中国人と現地人の食事は別々ではなかった」とし、中国人は食べきれないのにブッフェで大量に料理を取り、他の人に料理を残そうとしないなど、他の人のことなどお構いなしの行動を取ってきたため、止むを得ず中国人だけ別の部屋になったという経緯があったことを伝えた。
 
 続けて記事は、同じアジア人でもマナーの良い日本人は欧州で差別的な対応を受けることはないと紹介。中国人はブッフェでの対応に「差別的」だと批判するが、「なぜこのような対応をされることになったのか、中国人は反省しなければならない」と指摘した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.livedoor.com/article/detail/13362769/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

倉本聰が決断『やすらぎの郷』打ち上げ“異例の会議室開催”

130000.jpg
「お疲れさまでした、倉本先生。ありがとうございました」

パナマ帽で決めた脚本家の倉本聰(82)がハイヤーに乗り込むのを、加賀まりこ(73)ら豪華出演陣が笑顔で見送っていた。7月12日、都内の撮影スタジオの大会議室で、話題のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)の打ち上げが極秘裏に行われたのだ。

この日は、石坂浩二(76)、浅丘ルリ子(77)ら主要キャストが全員集合。半年にわたる帯ドラマの打ち上げなら、一流ホテルで行われるのがふつうだが……。

「倉本さんの鶴の一声で決まったと聞きます。『やすらぎの郷』は、テレビの黄金時代を作った人たちだけが集まる老人ホームでの“黄昏”を描いたドラマ。倉本さんは、そんなドラマの内容を反映させるように『(出演者は)みんなこれまで派手なパーティに嫌というほど出てきたろう。今回は打ち上げもひっそりやって、“終焉”を迎えるっていうのはどうだい?』と提案されたそうです」(スポーツ紙デスク)

開始時間も夕方5時からと、こちらもシルバー仕様。打ち上げが始まると、出演者たちはひとりひとり登壇して、スピーチしていった。最近、人生の目標を聞かれると「転ばない。風邪ひかない」と答えていると話して、会場を笑わせたのは加賀。なんとそれにツッコんだのが倉本だった。

「転ばなくてよかった!」

テレビ朝日の社運がかかっていると言われた『やすらぎの郷』の成功に引っかけた御大のツッコミに、会場はさらに爆笑の渦。印象的なテーマ曲『慕情』を歌う中島みゆき(65)からは会場にメッセージが届いた。

「彼女はドラマの内容聞いたうえで『慕情』を作曲したのですが、倉本先生に曲を聴いてもらうときはひどく緊張したと。ダメ出しされることを覚悟していたので、倉本先生と2人きりで曲を聴いてもらったそうで、『OK』が出たときは喜びもひとしおだったそうです」(前出・テレビ局関係者)

この打ち上げに唯一“欠席”したのが、6月13日に肺尖がんのため亡くなった野際陽子さん(享年81)だ。5月7日まで収録に参加していた野際さんに、出演者は次々と感謝の言葉を述べた。

「野際さんが“全裸で泳ぐ”と書かれた場面が台本にあって、ミッキー・カーチスさんが『本当に野際さんが裸で泳ぐのかと思った』と言うと、会場はもう泣き笑いの雰囲気で。プロデューサーも『野際さんがいると安心できた。自分たちのよりどころでした』と、彼女をしのんでいました」(ドラマスタッフ)

夜9時前、参加者たちが次々と会場から出てきた。その笑顔に刻まれていたのは、「やりとげた」という満足感。もう二度と見られないだろう“伝説のドラマ”にふさわしい幕切れだった――。

https://news.goo.ne.jp/article/
jisin/entertainment/jisin-29794.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「なぜ平然とルール破れるのか」市営団地、規則破り横行 ペット飼育、ベランダ下で菜園… 北九州市、強制退去難しく

m_nishinippon-20170720115549789.jpg
小倉南区内の市営団地に、許可なく作られたとみられる菜園

(西日本新聞)

 「迷惑を及ぼす行為はいたしません。特に犬・猫等の動物の飼育は行いません」−。北九州市営住宅に入居する際に交わされる承諾書に、はっきり明記されているルールだが、規則を守らない住人が後を絶たない。承諾書には「違反した場合は、直ちに退去の勧告を受けても異議の申し立ては行いません」という文言もあるものの、迷惑行為で強制退去させること自体のハードルが高いため、解決は難しい。「モラルに任せるしかない」と市関係者が頭を抱える現状を探った。
https://news.goo.ne.jp/article/nishinippon
/nation/nishinippon-20170720115549789.html


 「ベランダに置いていたゴミ箱を、首輪を付けた猫が漁っていた」。小倉南区内の市営団地に住む女性(74)は憤る。1人暮らしの女性は昨年5月、1階に入居したが「ベランダにおしっこをされたり、寝室のベッドに侵入されたりと散々な状況」という。犬を散歩させている住人も度々目撃し「ルールで決まっているのに、なぜ平然と破れるのか。正直者が不利益を被るのは許せない」。

 この団地では、1階ベランダ下の敷地に無許可で野菜や花などを植える“無断菜園”も複数ある。野菜を植えていた女性(86)は「10年ぐらい前から栽培している。注意されていないからやめない」。

 北九州市によると、市営住宅は約3万3千棟あり、入居率は89・1%。犬猫などペット関連の昨年度の苦情は440件で、畑などの無断耕作は121件あった。市は違反を確認する度、ペットの他人への譲渡や耕作地撤去を口答や文書で促してきた。「度重なる警告でも改善が見られない場合は期限を区切って明け渡しを求めるが、応じない際は民事裁判で争うほかない」(市)という。ただ、裁判を通じての退去例は市内ではこれまでないという。

 ちなみに、市内の民間集合住宅などを管理する不動産会社の男性は「通常、ペット禁止物件で違反が見つかれば、退去勧告をした上で、従わなければ強制退去も実行可能」と話す。それでも、市関係者は「民間(の物件)では、違反が確認されれば(契約期間の)更新制度があるので強気に出られる。しかし、更新の仕組みがない市営団地はそんな手も打てない」と漏らす。

 市営団地は低所得者へのセーフティーネットとしての福祉的役割も担っている。市関係者は「我慢強く入居者に指導し、より住みやすい環境づくりに励むほかない」と話した。

https://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/
nation/nishinippon-20170720115549789.html?page=2

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ