大盛りあがりGO 2017年06月28日
FC2ブログ

若者のフルーツ離れ 「面倒」「汚れる」に現れた救世主とは?

m_dot-2017062300034.jpg
年代別にみた果実類(ジャム除く)の摂取量(週刊朝日 2017年6月30日号より)

(AERA dot.)

 桃、すいか、ぶどう、さくらんぼ……。色とりどりの果物がスーパーの店頭に並ぶ時期になった。果物は季節感豊かな味覚だが、若者が口にしなくなっている。

 厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、果実類の平均摂取量は20代が1人1日約61グラムで、60代の半分以下。20代の58%は摂取量ゼロ、「フルーツレス」だ。

 農協系のJC総研の「野菜・果物の消費行動に関する調査結果」でも似た傾向だ。果物を食べる頻度が「週に1日未満/食べない」と答えたのは、30代で43%、20代以下で55%。青柳靖元・主席研究員は若者のフルーツ離れの傾向について、「年々強まっている」とみる。

 東京都内の会社員・兒玉裕輝さん(32)は一人暮らしで、バナナを時々口にする程度。他の果物を食べない理由は「包丁を使うのが面倒くさい。手も汚れるし、ゴミも出る」という。

 若者の果物離れに、産地は危機感を強めている。

 青森県庁は県内外の小学生に「青森りんご出前授業」を展開する。栄養価の説明や試食を通して、食習慣をつけてもらうねらいだ。妊産婦向けには、りんごを使った料理のレシピなどを紹介するパンフレット「りんごの赤はママの愛」を配る。

 総務省の家計調査(二人以上世帯)によると、29歳以下の世帯のりんご購入量は全国平均で2000年に約3.7キログラムあった。16年は1.9キログラムまで減少。70代以上が20キログラム前後を保つのと対照的だ。県庁の担当者はりんご離れ対策を「一過性で終わらせず、地道に取り組む」という。

 みかん離れも深刻だ。

 農林水産省によると、最盛期の1975年に約327万トンだった出荷量は16年に約71万トン。青果物健康推進協会の近藤卓志さんは、食後にこたつで食べるなどみかんの食生活シーンが減ったことが一因とみる。

「こたつでみかん」が減り、同協会などは13年から、職場で食べる「デスク de みかん」をPRする。ビタミン豊富な魅力を伝え、企業の食堂などで販売。多いときは3日間で2.5トンも売れた。近藤さんは「若い世代もみかん嫌いになったわけではない。機会をつくれば食べるはず」と話す。

 中央果実協会の調査によると、果物を毎日食べない理由で最も多いのは、価格の高さ。次いで、日持ちしない、皮をむく手間、他に食べる食品がある、と続く。

 そんな果物離れのなかで、急成長している品種もある。

 例えば、ぶどうのシャインマスカット。高価だが、上品な甘さで大粒なのに皮ごと食べられ、種もない。「JA全農やまなし」の場合、14年に約1100トンの販売量が今年は2千トン超の見込み。担当者は「これほど消費者ニーズに合った品種はなかった。救世主」という。

 食べやすいバナナも若者に根強い人気。日本バナナ輸入組合などは新たな食べ方「夜バナナダイエット」をPRする。夕飯前にバナナを食べて満腹感を高め、「ドカ食い」を防ぐ効果などを見込める。広報担当者は「朝食やおやつとして食べられてきたが、夜にも食べられるようになった」という。

※週刊朝日 2017年6月30日号

https://news.goo.ne.jp/article/
dot/life/dot-2017062300034.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

着るだけで「巨乳に見える」日本発のTシャツが海外で話題に

99b2d_1302_7ea5a4de70c4afd290f6579fba96fcbc.jpg 
無限の伸びしろを感じさせるアイディアを搭載したTシャツが世界を驚かせています。詳細は以下から。

日本の誇るサブカルチャーの殿堂、
ヴィレッジヴァンガード。多くの驚くべきプロダクトや見逃されるべきではないカルチャーがこの空間から発信されてきました。そんなヴィレヴァンがこの夏発売するTシャツが、発売前から海外でも話題になっています。
119c1_1302_236aa4784dc29e9b96263b2c14dd5d7c.jpg 
それがekoD Worksによる「妄想マッピングTシャツ」シリーズの最新作、「Illusion grid」なのです。Illusion gridは胸部に白いグリッドで区分けされた灰色の領域がプリントされているTシャツなのですが、このグリッドに大きな仕掛けがあります。
ec58f_1302_1889e366cf99a20d075dad77fd93983d.jpg 
モデルさんを横から見るとすぐに分かると思いますが、グリッドと周囲の陰影、皺などが、まるで着用者が巨乳であるかのように錯覚させる作りになっているのです。
32859_1302_41152ef3c316fa009208452c8c1b6912.jpg 
cba83_1302_9cc19dbacf6468b158b2a0185513b78e.jpg 
縦横の線を思わず直線だと勘違いしてしまう私たちの脳を逆手に取った極めて秀逸なデザインと言うしかありません。なお、この商品は取り寄せ用で、1枚税込み3888円。発送予定は7月下旬から8月上旬とのこと。
9132a_1302_fea9c2af45979df8dfb4bb28b702ec38.jpg 
分厚いパッドを入れる必要もなく、気軽に雰囲気巨乳になれるこのTシャツ、今年の夏のちょっとしたシーンで試してみると面白そうです。
Cleverly Designed T-Shirt Can Give Anyone an Ample Bosom _ Oddity Central - Collecting Oddities

http://news.livedoor.com/article/detail/13259533/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「夜の世界」でも重宝される高齢者が増えている

9e438_759_26c66b3f_53a7b474.jpg
高齢者の活躍は「夜の世界」にも広がっている

人口減少と高齢化がすすむいま、どの業界も人手不足に悩まされている。そのため、従来は求人の対象外だった高齢者に、労働力としての期待が高まっている。ハンバーガーチェーン「モスバーガー」では高齢店員を積極的に採用して好評を得ており、焼肉チェーン「七輪焼肉 安安」は全国で大規模な高齢者採用を行うと発表した。チェーン店だけでなく、規模が小さい夜のお仕事でも高齢者の活躍が広がる様子を、ライターの森鷹久氏がリポートする。

 * * *
 週末深夜の東京・錦糸町──

 泥酔したサラリーマンの往来激しい路地裏に、紅葉マークをつけた一台の軽自動車が、ハザードランプをたいて停車している。10分後、その軽自動車に乗り込んだのは細身で茶髪の若い女性だった。車はゆっくりと路地を出て、家路を急ぐ乗用車やタクシーに追い越されながら総武線・亀戸駅前に到着。ここで黒髪の小柄な女性一人を下ろすと、車は首都高に入り、茶髪の女性を神奈川県川崎市まで送り届けた。時刻はすでに明け方4時。軽自動車を運転していたの男性は、御年71歳の片瀬さん(仮名)だ。

「5年ほど前に妻が倒れ寝たきりになり、手術や入院費用で貯金が無くなりました。65歳までタクシードライバーをやっていたんですが、年金も少なく働き口もない。スポーツ新聞で送迎の仕事を見つけ応募し、この会社にお世話になっています」(片瀬さん)

 片瀬さんは、東京東部に拠点を置く風俗チェーン店から業務委託という形で、女性従業員の送迎を請け負っている。日曜の夜以外は、深夜の23時頃に自宅を出て、系列のキャバクラ店で働く女性を店から自宅まで送り届ける。深夜から明け方にかけては、おなじく系列の派遣型風俗店の女性を、客先やホテルまで送迎し、早朝には自宅まで送ることも少なくない。片瀬さんに送迎されたことのあるキャバクラ店勤務の女性は、片瀬さんについて「優しいおじいちゃん、嫌な客のこととか愚痴も聞いてくれる」と話す。

「時給は千二百円で、ガソリン代は領収書を持っていけば現金で支給してくださいます。車は持ち込みですが、乗り出し20万の安い中古車ですし、老夫婦二人がなんとか人様に迷惑をかけずにやっていいけるだけの収入にはなっています」(片瀬さん)

 人手の足りない接客業の現場などで、リタイアした高齢者たちの「再登板」に期待を寄せる声が上がっているとも聞いていたが、まさか夜の世界でもリタイア高齢者たちが活躍しているとは驚きだ。東京・五反田のキャバクラ店でも、老人の活躍が店に活気を呼びこんでいるという。キャバクラ店の店長が説明する。

「数年前に洗い場のアルバイトさんとして雇った当時70歳の女性が、洗い場の仕事を完璧にこなすだけでなく、女の子たちの相談にも乗ってくれる”母”のような方でした。体調を崩されてお辞めになった時は、それこそ全員で悲しみました。その経験があり”洗い場には高齢の方が望ましい”となって、今働いてもらっている方も60代後半の女性です。深夜の立ち仕事で大変なはずですが、洗い場は女の子たちの溜まり場になっていて、店の活気が生み出されている気がします」

 さらには店で働くボーイにも、高齢男性を迎え入れたという。

「ボーイの仕事は薄給激務で、若い男性は次々に辞めていきます。女の子たちとトラブルを起こすことも少なくありません。昨年末、ボーイの面接に来られたのは定年までホテルで配膳人を務めた男性で、人当たりも良く試しに採用したところ、女の子たちからも大好評。接客技術はやはり本物で、お客さんですら一目を置く存在に。普段はボーイに強く当たるお客さんから見ても、相手が高齢者であれば何も言えないし、接客技術のない若い女の子なんかは、お客さんから”お前よりじいさんと飲んでる方が楽しい”なんて言われていたり…(笑)。新人の女の子並みの時給をお支払いしています」

 好景気で人手が足りず、若者たちが「職を選び出している」とも言える昨今。3K仕事や薄給激務の現場でも、文句を言うどころか、潤滑油となって周囲の士気を上げる高齢者がいるのだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13259200/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

演技派の呼び声も…元AKB48川栄李奈にオファー殺到のワケ

54bfe_1212_bf118e4291aca9d275e07866bd2efd4e.jpg
出演していた綾野剛(35)主演ドラマ「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系)が最終回を迎えたばかりの元AKB48・川栄李奈(22)だが、今後続々と出演作品が決定している。

人気コミックを実写映画化した「亜人」(9月30日公開)には主要キャストの1人として出演。7月21日からテレビ東京系で放送されるオムニバス形式の連続ドラマ「下北沢ダイハード」には、違法風俗店の風俗嬢で出演。そして長澤まさみ(30)と高橋一生(36)が恋人役を演じ話題の映画「嘘を愛する女」(18年公開)では、高橋演じる役をストーカーするゴスロリファッションの女子大生役を演じる。

「11人の劇作家が毎回1話完結のストーリーを書き下ろす『下北沢ダイハード』に選ばれたキャストは演技派ばかり。その中に川栄が選ばれたのは、彼女も十分に演技派として認められた証拠といえるでしょう」(テレ東関係者)

川栄は15年8月にAKBを卒業後、女優業に転身。昨年、NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演してからは順調に女優としてステップアップを重ねている。

「AKB時代から『なんでもできる女優』を志望。そのため所属事務所も幅広くオファーを受けてくれそうなところを選んで卒業した。その希望がかなってオファーが殺到しているが、基本的に断らずに受ける方針。AKB時代には握手会での襲撃事件を乗り越えメンタルは強い。人見知りせず愛されるキャラなので、そんな性格が評判になっています。しばらくオファーが途切れることはなさそうです」(映画業界関係者)

このままの勢いだと、女優としての“センター”である主役の座をゲットする日も近い?

http://news.livedoor.com/article/detail/13260100/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

パワハラ豊田真由子議員、桜蔭・東大の同級生が語る秘密「精神的DVを受けていた」

19c10_1462_9675b0d0_7a90052d.jpg
豊田議員の選挙区には彼女のポスターがいたるところに貼ってある

「支援者は“何をしてくれたんだ”という思いだよ。事務所前のお宅なんか、代々の自民党支援者でお偉い先生たちも挨拶に来る有力者だからね。彼女はまだ“新任”でしょう!? ここはずっと自民と民主(現・民進党)が選挙で争っていてね。支援者連中は“誰のおかげで議員に”って怒っているんじゃない!?」

 そう話すのは、衆議院選挙埼玉県第4区の新座市にある豊田真由子事務所近くに住む男性だ。この4区は'00年以降、自民党と旧民主党が交互に議席をとっていた激戦区だ。そこに'12年、'14年と2期連続で当選してみせたのが“安倍チルドレン”の豊田代議士だった。

 ところが『週刊新潮』6月29日号で彼女の“凶暴”な素顔が暴かれた。5月中旬、政策秘書を務めていた男性が彼女を乗せ運転していたところ「このハゲー!!」などの暴言を吐かれ暴行を加えられた。『顔面打撲傷』と診断された秘書が、このときのやりとりをICレコーダーに証拠として録音していたのである。

「お前の娘をひき殺しても~、そんなつもりはなかったんですぅ~って、言われているのと同じ~♪」

 秘書の仕事の不手際をミュージカル風の歌に乗せて罵るさまは、およそ国民の代表とは思えない品格。いくら部下のミスをとがめてのこととはいえ、パワハラ、いや、それ以上の行為だともいえる。

「男性秘書は被害届の提出を検討しているようです。仮に傷害罪となれば15年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。豊田代議士は謝罪しているといいますが、過去にも秘書が立て続けに辞めていることから“前科”がありそう。たとえ和解したとしても、これだけ悪評が広がっては議員を続けるのは難しいのでは」(全国紙記者)

『新潮』が報じた6月22日に即、自民党に離党届を提出した。翌23日に告示された東京都議会議員選挙を見据えたかのような素早い対応だった。が、体調を崩して入院中とされるだけに進退はいまだ語られていない。

 彼女の地元である新座市を訪ねた。支援者、そして有権者が今回の騒動には一様に驚きの声をあげる。

「すごくサッパリした方で、仕事もバリバリできる雰囲気。お見かけすれば握手を求められますし、高圧的な感じはいっさいしません。ニュースを見たときは“同じ人?”って、ビックリ」(住民女性)

「ご本人はいらしたことはありませんが、秘書の方はよく花を買いにいらっしゃいました。その(暴行された)方かはわかりませんが、問題を抱えているようには見えませんでしたね」(生花店員)

「支援者の奥さん方とはとくに仲よくしていたみたいですよ。お子さんがいらっしゃるんでしょう? 学校もあるだろうし、ちょっとかわいそうだよね」(別の住民男性)

 夫と子ども2人の4人家族。事務所から徒歩5分ほどの場所にある自宅マンションは、間取りは2LDKで地元の不動産店によると3000万円以上。賃貸で15万円と、この辺りでは優良物件とのこと。しかし周囲では本人はおれども家族の姿は認知されておらず、主婦でもあるはずなのだが近隣スーパーに通っている姿は見えてこなかった。冒頭の事務所近隣住民によると、

「あの人は選挙と地域の催し物のときくらいしかこっちには来ないよ。近くにマンションがあるの? 選挙のためじゃないの?」

 自身は国会議員で夫は国土交通省のキャリア官僚。たしかにもっと“相応”な物件はありそうだ。やはり政治的“別宅”なのだろうか。

 話を聞いて回った結果、物腰は柔らかく人前で声を荒らげることはなかったという。事務所からも暴言などの大きな声は漏れ聞こえていないようだ。ところが、こんな姿が目撃されていた。

「志木駅前でよく演説をしているんですけど、前にひとりでぽつんと立っていたことがあったんです。誰かを待っていたのか、すごく怖い顔でイライラしているように見えました。ちょっと嫌だな、とは思っていたんですが」(住民女性)

 このとき待っていたのが例の秘書だったかは定かではないが、彼女が見せてしまった一瞬の“隙”だったのかもしれない。

 彼女の“素顔”をよく知る人物に話を聞くことができた。同じ私立中高校、東京大学法学部を卒業した田中絵里緒さんだ。

 中学3年で同じクラスになった2人は「楽しく生きたいね」と、ときには羽目もはずす、よき友人だったという。

 当時は「何か自分が目立ちたい、有名になりたい、カッコよくいたい思いが強い人」だったものの、まだ政治家になるビジョンはなかったようだ。そしてある日、田中さんは“秘密”を打ち明けられた。

「お母さまがDV(ドメスティックバイオレンス)を受けているという話をおっしゃっていました。詳細は語らなかったんですけども、そばで見ているだけでも子どもにとってはショックな出来事だったでしょう。

 お父さまも立場のある人だと聞いていましたし体面を考えているためか、真由子さんの身体にアザができることはありませんでしたから、どちらかというと精神的な虐待だと思います」

 なんと、母親が父親から家庭内暴力を受けていたという。直接的な暴力ではないものの、彼女もまた暴言を浴びせられていたのかもしれない。

「少なからず暴力がある家庭に育って、本人も自分で自覚はしていたと思うんです。暴力を身近で見てきた人は暴力の恐ろしさを知っていますし、カッとなると自分も抑えられないのだと。“キレる自分って怖いよね”って、そういうふうにならないようにすごく気をつけていたとは思うのです」(田中さん)

 そして今回の騒動を「異常な精神状態にあったのでは」ととらえ「またやさしい豊田さんに戻ってほしい」と気遣った。報道後、主を失った新座市内の事務所からは絶えることなく電話が鳴り響いていた。ノックをして数分後、「ごめんなさいね」と女性スタッフが対応。

「少なくとも私には(議員からのパワハラは)ありませんでした。現状をテレビで見るくらいで連絡がとれないんです。彼女の精神状態が落ち着くまでは……、退院したらきちんと会見など対応できるとは思います。しなくてはいけないと思っています。(議員辞職は)何も聞いておりません。(自宅マンションは)プライベートはまったく知らないんですよ。マンションがあることも知りませんでした。(DVについて)聞いたこともありません」

 事務所の扉には《とよた代議士! 議員辞職を求めます 新座市民》と落書きがあった。本人からの一刻も早い説明が求められている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13259558/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ