大盛りあがりGO 2017年06月12日
FC2ブログ

普通免許、「マニュアル」はもう不要なのか?

普通免許取得者のうち、AT限定の割合が半数を超えています。加えて、2017年3月の「準中型免許」新設で、MTの取得者はさらに減っています。そうしたなか、あえてMTで免許を取るメリットは何なのでしょうか。

都内教習所、約7割がAT限定

 2017年5月現在、国内における乗用車のほとんどが、クラッチ操作などが不要なAT(オートマチックトランスミッション)車です。カーディーラーの業界団体である日本自動車販売協会連合会(東京都港区、自販連)によると、2016年に国内で販売された乗用車(軽自動車と輸入車除く)のうち、じつに98.4パーセントがAT車で、この7~8年は同程度の割合で推移しているといいます。

46bba_1438_268cdba2aaa4bac1683ff89494f2c531.jpg
MT車シフトレバーのイメージ。AT限定の免許では運転できない(画像:写真AC)。

 これに呼応するように、普通免許(一種)を「AT限定」で取る人も年々増加。警察庁の「運転免許統計」における「都道府県別指定自動車教習所の合格者数」によると、AT限定免許の合格者の割合が限定なし、すなわちMT(マニュアルトランスミッション)車も運転できる普通免許(以下「MT免許」)の合格者を上回ったのは2009(平成21)年で、2016年(平成28年)には59パーセントまで伸びており、東京都に限っていえば、67パーセントに達しています。

「何かあったときのために、MTで取れ」両親に言われて

 このような状況のなかで、MT免許を取るメリットはあるのでしょうか。平和橋自動車教習所(東京都葛飾区)に話を聞きました。

――普通免許の教習で、AT限定の人とMTも受講する人との割合はどれくらいでしょうか?

 おおよそ6対4でAT限定の方が多いです。若い人の多くは「クルマ=AT車」と思っており、MT車の存在自体を知りません。クラッチという言葉すら聞いたことがないという人もいます。

――MT免許を選ぶ人の理由を教えてください

 「『何かあったときのために、MTで取っておけ』と親に言われた」という理由が大半です。残りは、運送業界のドライバーといったような、運転の「プロ」を目指すためです。

AT限定が約4割の地域も

 その一方で、先述の「都道府県別指定自動車教習所の合格者数」によると、青森と岩手、秋田、鳥取の4県では、2016年度のMTの合格者数がAT限定を上回っています。4県の中でAT限定の割合が約39パーセントと最も少ない青森県の指定自動車教習所協会(青森市)にその背景を聞きました。

――青森県でMT免許を取る人が多いのはなぜでしょうか?

 トラックなどの、運送業や土木建設業などで使うクルマにMT車が多いからです。

――そのほかに、地域的な事情はありますでしょうか?

 青森では大半の免許取得者は就職を控えた地元高校生ということもあり、福島や宮城、山形と異なり都市部の大学生が免許合宿に多く来ないため、そういった差があります。秋田と岩手も、青森と同じことがいえるのではないでしょうか。
 
※ ※ ※

 先述の平和橋自動車教習所においても、学校卒業後にトラック運転などを視野に入れた高校生がMT免許を取得することもあるといいます。

トラックを想定した需要は「準中型」へ

 しかし、2017年3月12日の「準中型免許」の新設にともない、車両総重量5トン未満の「2トントラック」は普通免許から準中型免許の区分に割り振られたため、上述のようなトラック運転などの需要も減少する可能性があります。

 新設後の現状について、平和橋自動車教習所では「準中型免許は18歳から取得できるため、高校生などの関心がMT免許から準中型免許に移っている」と話します。2017年5月現在、同教習所におけるMT免許と準中型免許の生徒の割合は6対4とのことです。

 このような背景からも今後、MT免許の取得数はますます減少し、AT限定免許の割合が増していくと考えられます。

【表】「準中型免許」新設後の免許制度

cf4be_1438_01f07745a68fbb4843ffd6c3bc8a8c39.jpg
普通免許で運転できる自動車の範囲が狭まったが、これまでの中型自動車の一部を18歳から運転できるようになった(警視庁の資料をもとに乗りものニュース編集部で作成)。


http://news.livedoor.com/article/detail/13187620/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

乳幼児にイオン飲料、飲み過ぎ注意 健康悪化の報告例

petbottle_sports.png

 水分補給に良いとされるイオン飲料やスポーツドリンクなどを多量に飲み続け、健康状態が悪化した乳幼児の報告が、昨年までの10年間で少なくとも24例、31年で33例あったことが日本小児科学会などの調査でわかった。栄養が偏ったためとみられる。こうした飲み物を継続して多量にとらないよう専門家は注意を呼びかけている。

 問題となっているイオン飲料と呼ばれる飲み物のほとんどは、糖やミネラルを含むが、糖をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1が含まれない。ビタミンB1を含むミルクや離乳食などをとらずに多く飲み続けると、ビタミンB1欠乏症になる。頻度はまれだが、脳症や脚気(かっけ)になることがある。

 同学会などでつくる日本小児医療保健協議会の栄養委員会(位田忍委員長)が昨年、全国約400の学会専門医研修施設に郵送で調査した。これらの飲料を多くとって健康状態が悪化したとみられる症例を尋ね、文献でも調べた。

 委員会によると、1986年以降の報告で、7カ月〜2歳11カ月の33人がビタミンB1不足のため、意識障害や浮腫などを起こし、1人が死亡していた。33人のうち24人は07年以降の報告だった。

https://news.goo.ne.jp/article/
asahi/life/ASK696QH5K69ULBJ00V.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ビール大手、安売り規制で新商品続々

m_newswitch-9327.jpg
ビール大手、安売り規制で新商品続々

(ニュースイッチ)

 ビール大手各社は6月から始まった小売店の酒類安売り規制の反動減を和らげようと、ビール類の新商品に力を入れる。5月のビール販売実績は、アサヒビールが前年同月比14%増。価格が安い第三のビールは同22%増だ。サッポロビールもビールが同14%増。キリンビールとサントリービールもビールはほぼ同1割増となる見込みで、久々の“ビール復活”。ただ、5月は安売り規制を見越した“需要先食い”を含む。6月以降の反動減を最小限に食い止めるため、各社は知恵を絞る。

 需要を先食いすれば反動減が起こり、プラス分が帳消しになりかねない。ビール大手各社は新商品を相次ぎ発売しており、反動の影響を回避したい気持ちが透けて見える。

 アサヒビールは5月16日に「クリアアサヒ夏の涼味(すずみ)」を発売したのに続き、同30日に「スーパードライ瞬冷辛口」を発売した。サッポロビールは「麦とホップ」で新商品を発売。サントリービールも、6月27日に「ザ・モルツ」の新商品を発売する。キリンビールは7月下旬、主力の「一番搾り」を刷新する。

 政府がビールの過度な安売りを規制する狙いは、個人経営などの酒屋を守るためという。スーパーやディスカウントストアの店頭で“6缶980円”などの値段で売られていた特売のビールが数百円値上がりしても、消費者はこれまでと同じように購入してくれるのか。各社とも先行きについて「分からない」と話す。影響を少しでも食い止める手っ取り早い方法は“新商品を発売すること”だ。

 新商品を発売すれば、少なくともその直後は店頭に並ぶ。小売店も店頭でアピールしやすくなる。夏らしいパッケージ、夏らしい味わいなどで各社それぞれに新商品の特徴を打ち出し、販売を伸ばそうと躍起だ。プレゼントがもらえるキャンペーンも、複数の会社が計画している。
(文=嶋田歩)

【ファシリテーターのコメント】
安売り規制の影響はビール類だけでなく、缶チューハイにも及ぶ。ただ、缶チューハイはレモンやグレープなど、もともと種類が豊富。ストロングドライタイプや夏の限定フレーバーなど、差別化しやすい利点がある。ビールから見れば、自社や競合のこれらの商品とも競争になる。
(日刊工業新聞第ニ産業部・嶋田歩)
日刊工業新聞 記者

https://news.goo.ne.jp/article/
newswitch/trend/newswitch-9327.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

<軽失禁ケア>下着感覚で 機能とイメージアップの商戦熱く

m_mainichi-20170610k0000m020036000c.jpg
かつては白一色だった軽失禁ケア商品。色のバリエーションを増やして、下着感覚をアピール=東京都中央区の花王本社で、江刺弘子撮影

(毎日新聞)


 軽失禁ケア商品の市場が拡大している。2016年度の販売金額は約300億円とされ、前年比110%の伸びだ。一方で、「老いを認めたくない」「恥ずかしい」などの理由で商品の使用をためらう消費者も多い。このためメーカー各社は、パッケージに「おむつ」「尿もれ」などの言葉を避け、アクティブシニアに向け「下着」や「エチケット商品」として販売している。団塊世代が後期高齢者となる2025年を最大の商機ととらえ、独自技術の開発や認知度アップに懸命だ。【江刺弘子】

 ◇多彩な色展開でハードル低く

 花王は今年4月、ピンクとブルーの2色展開だった「リリーフまるで下着 カラーパンツ」にラベンダーとアイボリーを加えた。色のバリエーションを増やして下着を選ぶのと同様の感じを演出して、「ハードルを超えるきっかけにしてもらいたい」とする。14、15年にカラーや柄もの企画品を販売したところ、「見た目がいい」「どこで売っているのか」など予想以上の問い合わせがあったことから、今回の4色展開につながった。

 同社は「紙で吸水できる下着」はリピート率が高いとして、軽失禁商品の中でもパンツ型の「リリーフまるで下着」に特に力を入れている。一般的な商品は、糸ゴムで収縮機能を実現しているので、表面が波打っていかにも“おむつ”のようにみえる。そこで、生地自体が伸び縮みする素材を10年かけて開発し、なめらかな表面のパンツを実現した。薄さ3.5ミリで色がついているので、商品名のとおり「まるで下着」だ。

 軽失禁に悩むと、通常は尿量が増えるにつれてライナー、パッド、パンツと使用する種類も変えるのが一般的だ。しかし同社は、カラー化をきっかけに「頻繁に取り換える手間が省ける」など使い勝手のよさも評価してパンツに切り替えたり、何も対処をしていなかった人がいきなりパンツを使用したりしたケースがモニター調査などで見られたという。パンツのカラー化は、新しい顧客を獲得する決め手になったようだ。

 ◇吸水機能に抗菌・防臭の付加価値

 「市場に軽失禁という新たなカテゴリーを生み出した」。こう自負しているのは日本製紙クレシアだ。1994年に日本で初めてナプキンタイプの吸水ケア専用品「ポイズパッド」を発表した。以降、販売額は毎年2ケタ伸長という。

 同社は、ライナーとパッドの強化に注力する。ライナーは軽失禁商品の入り口と位置づけ、吸水量が3ccから15ccまで4種類ある。一方、パッドは吸水量が60ccから230ccまで5種類あり、計9種類を展開している。ただ「商品の吸水機能は当たり前で、いかに付加価値をつけるか」がカギになってきたという。

 そこで着目したのが「抗菌・防臭」機能だ。07年に抗菌・消臭シートを採用し、この分野の研究を進めた。16年にグループ会社の日本製紙が開発した超極細繊維に、抗菌・消臭効果のある金属イオンを付与した「機能性セルロースナノファイバー」を世界で初めて実用化した。においの原因となる雑菌の増殖を防ぎ、おりものなどのたんぱく質のにおいも無臭化する効果があるという。十分な吸水量がありながら薄型で、さらに抗菌・消臭という機能を加えて商品力を高めた。「臭わないでほしい」という潜在的なニーズに応えたかたちだ。

 ◇男性用も積極PR 日本初「便」商品も

 一方、男性の尿漏れに積極的に対応しているのはユニ・チャームだ。同社の調べでは、尿もれの経験者は女性は40歳で3人に1人、男性は50歳で3人に1人なので、商品も女性用が主流を占めてきた。しかし、男性の尿もれの対策として、今春まで用を足したあと尿道に残った尿が少し出てしまう「おっかけモレ」 (排尿後尿滴下)をCMで明るく描き、「尿もれはだれでも起こる」と安心感を伝えた。

 同社は14年9月に初めて男性用の失禁ケア商品を発売し、市場規模は8倍に拡大した。この分野のシェアは約7割という。「それまで生理用品など代替品でケアしていた層が、一気に流れ込んだ」としている。今後は、あせふきシートを使うように、男性用の失禁ケア商品はエチケットとして利用されていくのではないかと期待を寄せる。

 また同社は「便もれ」市場も開拓した。今年5月に、日本で初めて軽い便失禁をケアする「ライフリー さわやか 軽い便モレパッド」を発売。同社の調査で成人の5人に1人が軽い便もれを経験しており、何も対処していない人が52.6%にのぼっていた。また47%が何らかの対処をしているものの、ティッシュやパンティーライナーなど女性の生理用品、尿失禁商品などを代用する人がほとんどだった。

 新商品は、厚さ3ミリ、直径13センチの円形で手のひらに乗るサイズ。におい成分に反応する便臭吸着ポリマーを配合し、便臭の成分となるアンモニアや酢酸、インドールに対して消臭効果を発揮するという。

 ◇健康寿命を延ばす一助に

 厚生労働省の13年のまとめによると、尿失禁の経験者は約153万人で、このうち65歳以上は121万人と全体の約8割を占めている。尿もれやその不安が、外出やスポーツなど積極的な活動を阻害する要因の一つとなり、健康寿命を縮めることにつながることが懸念されている。ユニ・チャームの調査でも、60〜70代の4人に1人が尿もれによって、週に5日以上外に出ていないとの結果が出ており、「少しケアすることで、健康寿命を延ばすサポートになる」とする。

 一方で、メーカー各社の調査から、「介護のイメージある」や「加齢を感じさせる」などの理由で、軽失禁に悩む人の半数が専用商品を使わず、対処しないままで、生理用品などの代替品でまかなっていることがわかっている。

 特に多いのが生理用品の代用だ。しかし、日本製紙クレシアによると、経血と尿では成分が異なり、生理用品は経血をパッドの皿部分が受け止めるが、失禁用品は尿をゼリー状にかためて逆戻りしない工夫をしている。このため、「生理用パッドで40CCの水を含ませると、パッドがしぼれるぐらいにびしょびしょになる」(同社)。専用品を使った方がいいのは明らかで、生理用品で代用している層の取り組みが課題となっている。

 軽失禁ケア商品のPRには、「アクティブ」「ヘルスケア」など積極的な言葉が並ぶ。パッケージもピンクに花柄を採用するなど明るい色や柄が目立つ。介護用品との差別化についても「数ある下着の中の一種類ととらえて」と各社ともアピールしており、「軽失禁商品も大人用下着からスタイルケアの時代へ」とユニ・チャームの担当者は話している。花王は、団塊の世代が後期高齢者になる2025〜30年には、当たり前に利用されるようになり、より身近でより高機能な特徴を備えた商品がそろっているのではと予想している。

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business
/mainichi-20170610k0000m020036000c.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

龍馬暗殺の黒幕にあの薩摩の大物が浮上

s_dot-2017060800059.jpg
黒幕といわれる西郷隆盛。西郷は、清濁併せのむ人物では決してなく、陰謀をたくらみ悪にも手を染めていたという (c)朝日新聞社

(AERA dot.)

 龍馬暗殺の「黒幕」は西郷隆盛だった。

 幕末最大のミステリー、龍馬暗殺の黒幕をこう指摘するのは、東京大学史料編纂所の本郷和人教授だ。薩長同盟で龍馬と信頼関係を築いていたはずの西郷隆盛がなぜ? 

「龍馬暗殺の実行犯は、京都見廻(みまわり)組であると学術的にほぼ確定しています。ただ、歴史を楽しむという観点から、こうであっても不思議ではないだろうという仮説です」(本郷教授)

 龍馬は、1867(慶応3)年11月15日夜、潜伏していた京都・河原町の醤油商「近江屋」で斬り殺された。享年33。遺体には複数の刀傷があった。

 龍馬の死後、実行犯や黒幕は諸説渦巻いた。新選組、長州藩、紀州藩から土佐藩まであるが、いずれも決定的な証拠に欠ける。今、研究者の間で定説となっているのは、京都の治安維持を担っていた京都見廻組だ。

●家族に言い残した

 明治維新後、京都見廻組幹部の今井信郎(のぶお)という男が逮捕され取り調べを受けた際、見廻組による龍馬殺害を自供している。襲撃には隊士7人が加わり近江屋の2階には4人が上がった、と。

 さらに幕末・明治維新の資料を展示する「霊山(りょうぜん)歴史館」(京都市)には「龍馬を斬った刀」が展示されている。持ち主は、見廻組の桂早之助(かつらはやのすけ)。当時27歳の剣豪だった。脇差しは、早之助の子孫が秘蔵していた。刀身42・1センチで、近江屋に踏み込む際、狭い屋内を想定して準備したといわれる。

 同館学芸課長の木村武仁さんは言う。

「早之助は『この刀で龍馬を斬った』と家族に言い残したといわれています」

 ここまで証拠がそろっていながら、本郷教授が西郷隆盛を黒幕と考えるのはなぜか。

「一番引っかかるのは、見廻組に龍馬を殺害する動機がないこと」(本郷教授)

●最終責任者は西郷

 見廻組はいわば今の警察組織で、中でも旗本で構成されたエリート集団。その公的機関が私的な「恨み」などで人を殺害するとは考えにくい。暗殺を自供した今井は人を殺しておきながらわずか2年で釈放されている。さらに龍馬は、幕府の重臣と肝胆相照らす仲で、最後の将軍・徳川慶喜を側面から援護していた。その龍馬を見廻組が暗殺するというのが、どうしても説明がつかないという。他にも紀州藩黒幕説などについては「動機が薄い」と、本郷教授。

 そんな本郷教授が龍馬暗殺犯人の可能性として考えるのが、斎藤一。新選組で三番隊組長を務めた屈指の剣客だ。

「龍馬の殺され方から見て犯人は左利きだったという状況証拠がある。当時の武士は子どもの時から右利きに矯正されるので、左利きはめったにいない。斎藤一だけ『左片手一本突き』が得意技で、左利きだったのではと言われています」

 だが、斎藤一には動機がない。そこで黒幕として西郷隆盛が浮上するのだという。本郷教授の見立てはこうだ。

 (1)西郷隆盛は武力で幕府を倒し、新政権でイニシアチブをとりたかった。(2)しかし龍馬は幕府を平和的に倒して政権を朝廷に返すことを考えた。(3)西郷は龍馬が有能なことを知っているだけに邪魔になった──。

 さらに薩摩藩は、新選組から分裂した勤皇攘夷派の「御陵衛士(ごりょうえじ)」という組織を支援し、斎藤一はそこに所属していた。

「西郷さんが直接命令を下すことはなかったにしても、最終責任者は薩摩を仕切っていた西郷さん。そう考えるのが、もっともしっくりきます」(本郷教授)

 この「仮説」を、龍馬はどんな思いで聞いているか。

(編集部・野村昌二)

※AERA 2017年6月12日号

https://news.goo.ne.jp/article/
dot/trend/dot-2017060800059.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ