大盛りあがりGO 2017年06月10日
FC2ブログ

『BOYS BE…』の玉越博幸氏が描く、AV業界の赤裸々な内情とは?


表紙は遺影になっている

 余命1年を宣告された女の子が、AV女優という道を選択して業界のトップを目指し、自分の生きてきた証しを世に残す――。そんなストーリーの漫画『余命一年のAV女優』が、6月9日より小学館のモバMAN(http://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=12380)でスタートした。

 ヒロインはAVメーカーの「ピーチ・デマンド」から単体デビューする「天月もゆ」という名前の女優。そんなヒロインが憧れるのは、超売れっ子女優の「成宮心菜」。そして、ヒロインの父親である業界の大御所監督は「ハメ撮り」が得意で、「ナイスですよ」ならぬ「ブラボーですよ」というのが口癖。どこかで見聞きしたことがあるような名前のメーカーや人物、設定ばかりのように思えるのは気のせいだろうか?

「この漫画の作画を担当しているのが、90年代に人気を博した『BOYS BE…』(講談社)の作者・玉越博幸先生です。出てくる女優さんたちが、とにかくかわいくて、そこが作品の魅力になっています。残りの限られた人生でいちずにAV界のトップを目指す、天月もゆを、ぜひ応援してほしいです」(編集スタッフの太田ぐいやさん)

『BOYS BE…』の淡いエッチ描写で青少年をドキドキさせた玉越氏が、20年の時を経て、本作ではAVという題材で、より濃厚なエロ描写に挑戦しているという。

 それにしても、AV出演強要問題が世を騒がせている昨今、なぜ、こんなAV賛美にも思える漫画が作られたのだろうか?

 2016年3月、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ(HRN)が、出演強要の報告書を発表して以降、AV業界は激震している。大手AV事務所の摘発をはじめ、無修正AVを制作する業者の摘発、キャンプ場で撮影した作品の摘発などが相次いだ。そして今年5月18日には、政府が全国の都道府県警にAV事案に関する専門官を配置するなど、国も本腰を入れ、AV問題に取り組み始めている最中だ。

 AV業界には逆風が吹き荒れ、業界に対してポジティブなイメージは抱きにくくなっている。しかし、本作は、「今のAV事情を反映したもの」だという。

「出演強要問題って、スカウトの入り口の段階でだまされるっていうケースもあるんですけど、その一方で、AV女優をやろうって決意したものの、やってくうちに『なんで、こんなことまでやらされるの!?』といった事態に遭遇して心が折れるといった事例も、同時に問題視されています。本作が描いているのはそこです。本作の中では、こうしたAVならではの過酷な撮影が、試練となってヒロインの前に立ちはだかります。AV女優をやっていると、台本なしで、お笑い芸人のようにむちゃぶりされることだってありますし、HRNが報告書に記載したように、12リットル以上の水を飲まされたケースもあります。それは、演技ではない、ドキュメンタリー性を重視するAVというメディアの特性です。本作では、そんな撮影をめぐり、出演者と制作者サイドのバトルが描かれているんです」(原作者の井川楊枝氏)

 出演強要問題で騒動となっている今だからこそ生まれた作品だという。作画の玉越氏も「AV業界のウンチクがいっぱいあって、見ると誰かに言いたくなります」と、リアルなAV業界に即した作品の魅力を語る。

 ベテラン漫画家が挑戦する「2017年のAV業界内幕」漫画に注目だ。
(文=渡辺則明)

●「モバMAN」http://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=12380


http://www.cyzo.com/2017/06/post_33087_entry.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

小林麻央にガン患者から「『あの輸血』の内容を教えて」との声が続々!

20170609_asagei_kobayashi-250x250.jpg
 乳ガン闘病中の小林麻央がこの4月、輸血により命を繋いでいた! 実姉でフリーアナの小林麻耶が6月6日に出席した献血の啓発イベントにて、「命を繋いでもらった。本当にあの輸血がなければ妹は今どうなってるかもわかりません」と明かしたもの。

 その姉・麻耶は4月24日付のブログでも「妹が、一昨日、昨日と輸血を受けました」と明かしており、献血者への感謝を表明。献血の大切さを多くの人に印象付けた形だが、そんな麻耶の発言に肝心のガン患者たちがざわざわした気持ちを抱いているというのだ。ガン患者との交流を持つ医療系ライターが指摘する。

「患者さんたちの間では『何のための輸血なのか?』という疑問が渦巻いています。化学療法で造血細胞が減ったことによる貧血への対策なのか、それとも消化管などからの出血があるのか。輸血の内容も通常の赤血球輸血なのか、止血が目的の血小板投与なのか。それとも他の目的があったのかをハッキリしてほしいと思っている患者さんがたくさんいるんです」

 それに加えて輸血の頻度も重要な情報だ。4月に輸血したことはわかったが、輸血は一回きりなのか、それとも今でも定期的に輸血しているのか。ガン患者の間では治療情報の共有が広く行われており、それゆえ“日本一有名なガン患者”である麻央には、積極的な情報公開を期待する声が少なくないのである。

「麻耶さんは献血の啓発活動に熱心に取り組んでおり、素晴らしいことだと思います。だからこそ、その活動の一つとして、麻央さんの乳ガンについても、ガン患者が求めている『どんな治療を受けているか』を発信してほしいですね」(前出・医療系ライター)

 治療内容を明かすことが他の患者に役立ち、新たな治療情報が本人にもたらされるいう正のフィードバックが、小林姉妹には求められているのかもしれない。

(白根麻子)

http://www.asagei.com/excerpt/82648

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

磯山さやか、恋に焦り「もうすぐ34歳。恋愛がしたい。なめらかにいかない」と嘆き節

53375475.jpg
 タレントの磯山さやかが8日、都内で行われたイベント「~アクロボールで願いが叶いますよう に~PILOT アクロボール Star Festival」に七夕の織姫のコスチュームで登場。自身の短冊に「なめらかな恋愛ができますように」と書きこんで、恋の成就を祈願した。

 油性ボールペン”アクロボール”のPRイベントで、お笑いコンビのU字工事と、短冊を手に今年下半期の“願い”を披露しあった磯山。ボールペンの書き心地に絡め、「もうすぐ34歳。恋愛がしたい。なめらかにいかない」と嘆き節。

 「男性を前にするとドキドキしてうまくいかなくなっちゃうんですよ。ドキドキして会話が続かない。会話が続く人がいい」と理想の男性像を明かし、「結婚というより恋愛したい。相手はおおらかで健康的な人であればこだわりません」とコメント。「今日もこのイベントの帰りに渋谷で出会わないかな?」とため息を漏らした。

 「“アクロボール”さんのようななめらかな恋愛を目指したい。付き合う前にフラれたりとか、諦めたりすることが多くて……。一般人の方もいいと思います」と磯山。U字工事からは「妥協も必要」とアドバイスをもらった。

 また、最近ネットで「激太り」と書かれていることにも言及。自身のプロポーションについては「今はいい感じ。ベストです」とコメント。「激太りとか書かれるんですけど、むくんでいるだけです」と笑顔で反論して会場を和ませていた。

(取材・文=名鹿祥史)

http://npn.co.jp/article/detail/53375475/

関連記事

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

橋本マナミ、男性の「獣っぽい体臭」に大興奮!?

1496809437807283.jpg
 6月5日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)にグラビアアイドルで女優の橋本マナミ(32)が出演。やたらと男を誘惑してしまう癖があると暴露され、フットボールアワーの後藤輝基(42)や、おぎやはぎの小木博明(45)らを驚かせる場面が見られた。

 今回の放送は、おしどり夫婦の“二人にしか共有できないズレた趣味”と、おひとり様の“誰も分かってくれないズレた趣味”を明らかにするというもの。番組冒頭、女優のいとうまい子(52)と2009年1月に結婚した5歳年下の夫とのラブラブな姿がVTRで紹介されると、橋本は「めちゃくちゃ羨ましいです」「いとうさんのような夫婦を見ると、早く結婚したいと思いますよね」と、結婚願望が出てきたとコメントした。

 続いて、番組開始から45分ほどたった頃、橋本はマネージャーから「やたら髪をかきあげ、うなじを見せる」「食事中、やたらゆっくり噛んだり、唇につけたタレを舐める」など、いちいち男を誘惑する“世間とはズレた癖”があると暴露された。さらに、大の匂いフェチで、中でも体を洗っていない男性の匂いが大好物であると紹介されると、橋本は「本能的に男性の匂いを感じたくて、香水とかせっけんの匂いする人はつまらないし、全然、生き物として魅力を感じないです」と目を輝かせて語った。

 そこで、後藤が「小木さんの匂い嗅いでみて」とリクエストすると、小木自身がすごく臭いという耳の裏側あたりに橋本は鼻を近づけて嗅ぎ、「あっ、臭くないです」と色っぽい表情で答えた。さらに後藤の同じ部分を嗅ぐと「後藤さん、無臭すぎて面白くないですね」とバッサリ。後藤は「え〜、無臭やからええんちゃうの?」と驚くと、「ダメです」と即答し、他の女性ゲストからの「フェロモンが出てない?」という声にうなずいていた。これに納得がいかないのか、後藤は塩の匂いがするという男性スタッフを呼び、橋本に体臭を嗅がせると、橋本は「一番、獣っぽい」とうれしそうにコメントして、スタジオの笑いを誘っていた。

「男性が気にする体臭に魅力を感じるなんて、さすが橋本は“国民的愛人”と呼ばれるだけあって、オヤジ心をくすぐりますね。アイドルがこれを言うとあざとさを感じますが、これが許されるのが橋本の強みです」(芸能誌記者)――サービス精神たっぷり!

https://taishu.jp/detail/28119/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

馬場ふみか 水着・グラビア画像39

馬場ふみか 水着・グラビア画像39 (6)
馬場ふみか 水着・グラビア画像39 (9)
馬場ふみか 水着・グラビア画像39 (10)
馬場ふみか 水着・グラビア画像39 (7)
馬場ふみか 水着・グラビア画像39 (8)
馬場ふみか 水着・グラビア画像39 (2)
馬場ふみか 水着・グラビア画像39 (16)
馬場ふみか 水着・グラビア画像39 (4)
coverImage_2453781.jpg
<non-no digital photo book>馬場ふみか「Venus」 non-noデジタル写真集 Kindle版

馬場ふみか 水着・グラビア画像39の続きを読む

続きを読む

関連記事

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ