大盛りあがりGO 2017年06月
FC2ブログ

整形シンデレラが明かした「本音」 モデルをしてても「コンプレックス」「否定的な思いはなかった」

整形したら、アフターケアとか大変なんじゃないかと…やはり、加齢と共に不具合なんかもありそうだし。
まあ、本人が良いんなら、否定はしませんけどね。

ebfa6_1446_29663f1e_7438cb6d.jpg
ランウェイを歩く「整形シンデレラ」の田中その子さん(湘南美容外科クリニック提供)

 田中その子さん(20)は、整形シンデレラです。整形をする女性を応援する湘南美容外科クリニックの「整形シンデレラオーディション」に応募し、準グランプリに輝きました。元々、モデルなど芸能活動をするくらいの外見の持ち主。それでもコンプレックスは消えなかったと言います。整形後「自信がついて興味関心の幅が広がった」という田中さんに話を聞きました。(朝日新聞記者・船崎桜)

「ずっとコンプレックスがあった」
――2016年に始まり、数百人の応募がある整形シンデレラ。面談や合宿で他の出場者と交流しながら、無料で整形を受けることができる「ファイナリスト」が選ばれます。田中さんは第2回の整形シンデレラで準グランプリに輝きました。正直、整形前もかわいいと思います。なぜ出場しようと思ったんですか?

「小さい頃から人から見られることが好きだったし、仕事にしたいと思っていました。でもモデルなどの芸能活動をはじめても、どうしても見た目で足りないところがありました」

「目が奥二重だし、鼻が低いから横を向きたくないし、歯並びが悪いから口を隠したい。ずっとコンプレックスがあって、整形したかったです」

「否定的な思いはなかった。高校のときも周りで『二重にしたー』とか言う子もいたし、ネガティブな印象はなかったですね。母親も『やりたいならその子に任せるよ』と」

「元々、派手な『整形顔』が好きでした」
――具体的にはどんな整形をしたんですか?

「目を二重にして、目頭を少し切っています。それと鼻を少し高くして、あごをとがらせました。歯にもセラミックを入れています」

「元々、派手な『整形顔』が好きでした。思い切り目頭を切って、全切開したいと思って、自分で理想の顔をシミュレーションして『こういう顔にしてください』と先生に写真を持って行きました

「でも『絶対ナチュラルなほうがいい』とアドバイスされて、全切開ではなく、ちょっと切って糸でとめるだけにしました。プチ整形の範囲で、跡が残らない方法」

※湘南美容外科クリニックの富田聡さんによると、田中さんの場合「全部で170万円くらいかかる」そうです

「正直、元々ブサイクというわけではなかったとは思います」
――整形して、なにが変わりましたか?

「正直、元々の顔がブサイクというわけではなかったとは思います。第一印象でかわいいねと言われることも、ないわけじゃなかった。でも自分でコンプレックスがあったから、『社交辞令でしょ』『うそをついてる』と自分にも相手にもネガティブな印象がありました」

「その場では仲良く出来ても、本音で仲良くなるのは難しかった。整形して自信を持てるようになったから、素直に受け入れられて、人間関係が平和的になったと思います」

「家族との関係も変わりました。高校進学のときも、芸能界の事務所に入るときも、家族には事後報告でした。でも、整形については初めて相談してみたんです。親から授かった体だし、いままでメスを入れたこともなかったし、そこは19年間育ててくれた親、祖父母に感謝してるからこそ、自分だけでは決められないと思って」

「そこで『大丈夫なのか?』とか言ってくれて、ちゃんと考えてくれてるんだと確認できた。話し合うきっかけ、絆を確かめるきっかけになりました」

「自信がついたからこそ、芸能活動以外にも興味が出てきた」

――今の外見に満足していますか?

「はい、自信がついたからこそ、芸能活動以外にも興味が出てきました。いまは海外留学にすごく興味があります。特に美容への関心がとても強いと言われる韓国が気になっています」

「これ以上『もっとここをこうしたい』とかはないです。満足しています」

「私のスマホのフォルダ、前はなかった自撮りがものすごく増えていて、やばいです(笑)」

http://news.livedoor.com/article/detail/13266406/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

近況報告~初めての手術&入院

iryou_nyuin.png
当ブログへご訪問の皆様、毎度お世話になっております。

ちょこっと近況報告させていただきます。
実は、先週、ちょっとした不具合があって、手術入院していました。
入院っていっても1泊2日なんですけどね。
術後の経過も良好で、日常生活にも支障はありません。

手術は生まれて初めて、
入院は3回目ぐらいですかね。
最初の入院は16歳のときに足を骨折して3か月、
あと、30歳の頃に、1酸化炭素中毒で1週間、入院したぐらいでして。

まあ、なによりも健康であることは大事ですね。

当ブログをご訪問の方々の中には、
闘病を主にしたブロガーさんもいらっしゃいますし、
そういう方々に比べれば、
たいした病気じゃないんで、書くのは控えようとも思いましたが、
いちおう文章にして自分の記憶に留めておきたいなと思い至ったわけです。

やはり加齢と共に、身体のどこかに不具合は生じますから、
日頃の生活は大事ですね。

私の場合、不具合が見つかったのも、
年1回の会社の健康診断からでした。

最低でも、年に1回は健康診断を受診するのは必要です。

若い頃の不摂生とか、加齢と共に身体に表れてきますね。

食い物の恨みは10年後

なんてことをいいますが、
若い頃に、カップ麺やインスタント食品、肉類ばかりで野菜食べない、
酒は飲むタバコは吸う
なんて生活を、ずーっと続けていたら、
加齢と共に、やはり不具合が生じるでしょうね。
それは間違いないと思いますよ。

ただ、病気には遺伝性のものや先天性のものもあり、
日常生活で健康に気を付けていても、
発症してしまうこともあります。

闘病中の方々には、
良くなりますようにとしか言えませんが、
ご健康をお祈りします。

個人的には、これがいい機会だから、
しばらくは酒、タバコ、コーヒーは控えて、
体力復調に努めようかなとも思っています。

若い頃は、ボディビルジムに通ったり、筋トレしたり、武道を習いに行ったりしたこともあったんですが、
ここ数年で、すっかり筋力が落ちちゃいましたからねえ。

まあ、私は、そんな感じです。

入院中は、ブロガーさんへの訪問なども滞りましたが、
記事の更新は予約投稿で、なんとか毎日更新しちゃいました。
別館の大盛りあがりグラビア館の方は、
1週間分ぐらい予約投稿で更新しておいたんですよ。
たぶん、誰も気づかなかったと思いますけどね。

ゴウダタケシ
関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

北朝鮮ミサイル開発資金潤沢の理由は海外40カ国に散らばる“北の働きアリ”にあった

570d859c.jpg

 北朝鮮は長年、「やがて体制が崩壊する」と言われ続けてきた。韓国は「敵(北)はやがて崩壊する」と主張しているが、北朝鮮もまったく同じ。「資本主義の韓国では貧しい民衆の権利は守られず、迫害された大衆はやがて革命を成功させ、我々に合流するであろう」と喧伝している。いま、外国資本に頼りっきりの韓国の経済は崩壊へと向かいつつある。今年の年末からは“脱北”ならぬ“脱南”もささやかれ始めているのだ。
 「中国当局は非公式ながら国内企業の一部に対し、北朝鮮労働者の雇用を停止するよう指示を出した模様です。北の出稼ぎ労働者は中国において、核・ミサイル開発に向けた外貨獲得手段の一つになっていました」(北朝鮮ウオッチャー)

 国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会が6月の初めに「4月の北の対中国石炭輸出量はゼロになった」と発表したが、金正恩朝鮮労働党委員長はまったくこたれていない。というのも、海外で働く北朝鮮の労働者は中国以外にも40カ国、10万人にも上ると言われ、年に約2億5000ドルをせっせと納めてくれるからだ。
 「北朝鮮は在外大使館を通じてのビジネスが規制され、ドイツでは厳しい措置が取られましたが、規制の弱いキューバやロシア、イラン、さらにはパキスタン、バングラデシュ、ラオスに拠点を移しています。米国は高麗航空(北朝鮮の国営航空会社)利用のボイコットを呼び掛けましたが、依然として中国やロシアに飛んでおり、中国人の北朝鮮への観光旅行も衰えていません。また、肝心要の銀行取引の制裁については、北朝鮮は外国にあるダミー会社を使って制裁を回避しており、中国の仲介者を通じて受・送金を行っているのが実態なのです」(同)

 このようにして得た外貨が北朝鮮経済を下支えしているとともに、巨額の資金を要する核・ミサイル開発に使用されていることは間違いない。加えて国内経済は、総合私設市場=闇市(チャンマダン)で蓄財した新興の“銭主”の登場により決して悪くはない。
 「4月13日、金正恩委員長が“経済制裁など利いていない”とあざ笑うように『黎明通り』にそびえ立つ超高層マンション竣工式のテープカットを行いましたが、ここには銭主資本が投入されています。平壌市内などの新築高級マンションの3分の2は銭主と組んだ中国資本の所有と言われます」(在日中国人ジャーナリスト)

 最初に“銭主”となったのは日本に親戚がいる帰国者だったが、その後、外国から合法的に物資を調達できる立場にあり、流通手段を手にしている貿易機関の幹部、許認可権を有する政府部門の幹部らが新たに加わった。
 とはいえ、これら“資本主義者”の隆盛は正恩政権にとって両刃の剣だ。日本からも「遊戯関連企業」等から北へ資金が流れていることは周知のこと。各国に沢山の“北の働きアリ”がいる限り北朝鮮は資金に困ることはないということだ。

http://npn.co.jp/article/detail/57217437/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ダレノガレ明美、「広辞苑」を「個人情報が載ってる本?」の赤っ恥!

20170629_asagei_darenogare-250x250.jpg
 6月27日放送のクイズ番組「潜在能力テスト3時間スペシャル」(フジテレビ系)で、ダレノガレ明美が国語辞典の代名詞ともいえる「広辞苑」の存在を知らないことで周囲を驚かせる一幕があった。

 ダレノガレがとんでもない赤っ恥をかいた出題は、学生が机に向かって勉強している風景の中で、間違いの箇所を指摘せよという問題。正解は、本来右開きのはずの「広辞苑」が左開きになっているというものだった。ところが──。

「ダレノガレは『広辞苑』に着目したまでは良かったのですが、何とその間違いの理由を『国の大事な本を勝手に持ち出して読んでいるから』と解答。これには司会のオードリー・若林正恭をはじめ、別の誤答で不正解となっていたパネラーもドン引きでした」(芸能ライター)

 さらに若林がダレノガレにその解答の真意について聞くと、「広いって書いてあるから世界中の大事な個人情報が入ってるのかなと」と珍発言。若林に「ますますわからない」と困惑させていた。

「ダレノガレは2015年に放送された『めちゃ×2イケてるッ!しれっと19周年なんで目指せ問題ゼロスペシャル!!』(フジ系)内で放送された『抜き打ちテスト』でも5教科192点という史上最低点をマーク。この記録はいまだ破られていません。特に理科にいたっては100点満点中1点という、科目別歴代最下位も獲得しています。つまり、今回も期待を裏切らない活躍をしたことにはなりますね」(前出・芸能ライター)

 珍解答後も「あれ~何でだろう」と明るくリアクションしていたダレノガレ。今後もますますおバカぶりを明るく振りまき続けることだろう。

(魚住新司)

http://www.asagei.com/excerpt/83994

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

藤井総太四段が“飛び級” 「竜王戦」挑戦権獲得で一気に“14歳七段”の誕生へ

DSN_9343.jpg
やはりご両親も聡明なお方で、きちんと育てたから、現在の彼があるんじゃないかと。

 昨年、14歳2カ月で史上最年少プロとなった将棋界の天才・藤井聡太四段は初戦、加藤一二三九段(77)との対局を皮切りにして、現在29連勝で新記録を樹立し、連勝はどこまで伸びるか、いま日本中が注目している。このまま勝ち進んでいくと、8大タイトル戦「竜王戦」(優勝賞金4,320万円)の挑戦者になる可能性がある。渡辺明竜王との決戦に勝利すると、史上最年少のタイトルホルダー誕生となるのだ。

 さて、一般には知られていないが、もし藤井四段が「竜王戦」の挑戦者になると、その時点で四段から七段に一気に昇格する。前代未聞“14歳七段”の誕生というわけだ。さらに、竜王のタイトルを獲れば八段の段位を獲得する。通常は1年に一回の昇段だから藤井四段は次に上がれるのは五段ということなのだが…全てにおいて規格外だ。

 藤井四段は3月、非公式戦ながら、棋界トップに君臨する羽生善治三冠(46)を破る白星を挙げて注目を集めた。連勝のかかった公式戦ともなれば50人以上の報道陣と10台以上のテレビカメラが入り、彼の一挙手一投足が報道され、本人が食べた昼食のメニューまで報じられる始末だ。
 「中学生でプロ入りを果たしたのは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人ですが、いずれも後にタイトルを取っている。世間の注目も高く、騒ぐなという方が無理ですよ」(ワイドショースタッフ)

 将棋会館には、毎日のように藤井四段への取材の申し込みが殺到しているのだが、それを陰ながら支えてきたのが、藤井四段の母親だ。
 「プロになったとはいえ、彼はまだ中学3年生です。将棋の練習に加え、学校の勉強もある。取材で時間が削られるのを少しでも減らそうと、息子のために盾となり取材に応対してきたんです」(同)

 ところが6月に入り、母親がマスコミへの露出を突如、控えるようになったという。原因は過熱する藤井ブーム。「連勝を重ね、藤井四段に対する世間の注目度が高まり過ぎた」とは、将棋連盟関係者。
 「公式グッズとして2000円以上する彼の扇子が売り出されるや、わずか30分で売り切れ。彼が対局日に食べた関西将棋会館近くの定食屋のメニューすら、同じものを食べに来る客でごった返しています。お母さんの発言も影響力が強く、彼が将棋を始めるきっかけになったという、お婆ちゃんがプレゼントした『スタディ将棋』もバカ売れして品薄状態ですし、4歳のときに父親が買い与えたという『キュボロ』という知育玩具も売れに売れている。もはやお母さんの発言力は芸能人以上です。でも、お母さんはあくまで愛知県で普通に暮らす一般人。自分の発言一つで日本市場が動き出す状況に戸惑った。何より、騒がれ過ぎて息子の対局に影響が出てしまうことを心配して、取材を控えるようになったのでしょう」(将棋連盟関係者)
 とはいえ、藤井四段の実力は本物で、多くの棋士たちが彼を“天才”と言う。実力は今後も伸びることが予想されており、母にとっては嬉しくも悩ましい日々がまだまだ続きそうだ。

 通常、棋士の対局は平日に行われるが、藤井四段の対局については「土日中心にする」と将棋連盟の佐藤康光会長が語った。「羽生七冠」以来、突然に降って沸いた藤井フィーバーに連盟もメディア対応に苦慮しているようだ。

http://npn.co.jp/article/detail/19506766/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ