大盛りあがりGO 2017年04月26日
FC2ブログ

ホスト恐喝未遂で逮捕された坂口杏里の本当の懐事情

sakaguchianri_twitter.jpg
【多額の出演料はどこへ消えた?(ANRIのツイッターより)】

「逮捕される少し前の彼女はとにかくカネを欲していた。“単体女優って意外と儲からない! もっとAV出まくって稼ぎたい!”と漏らしていました」

 タレントのANRIこと坂口杏里(26)の知人は、彼女の近況をこう話す。2013年に横行結腸がん(大腸がん)で亡くなった女優・坂口良子さん(享年57)の実娘である杏里が、知人のホストから3万円を脅し取ろうとして恐喝未遂容疑で逮捕されたのは、4月18日のことだった。

「被害者男性を坂口の交際相手と報じたメディアもあったが、実際に恋人関係だったかは定かではない。彼女は歌舞伎町のいろんなホストクラブに出入りしていて、あらゆる店にお気に入りがいた。いつもタクシーで店の前に横付けして一晩で数十万円を散財する。しかし、羽振りが良かったのは一時期だけで、最近はツケで飲むようになり、ホストたちも彼女を見限り始めていた」(捜査関係者)

 杏里は2016年にAV女優としてデビューし、多額の出演料を受け取っているはずだが、懐事情は決して良好ではなかったという。

「デビュー作で得た2000万円ものギャラはすぐに消えました。彼女のライフワークであるホストクラブ通いのせいです。もともとホストクラブに数千万円単位の借金があって、その返済のためにAVデビューしたと言われていますから。

 単体女優は希少価値を高めるため、月に1本しか出せない契約のようです。彼女の現在のギャラは1本約80万円ですが、この程度の月収ではホストクラブで豪遊できません。最近は“キカタン(企画単体系)女優になって、もっと出ようかな”と、出演制限のないカテゴリーへのダウングレードを考えているようでした」(前出・知人)

※週刊ポスト2017年5月5・12日号

http://www.news-postseven.com/
archives/20170425_520434.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

木村拓哉の演技力はもう限界?その原因が高視聴率ドラマにあったワケ

c7f127df.jpg

 昨年末をもって解散した国民的グループのSMAP。解散後も変わらず、ドラマや映画と大忙しなのが キムタクこと木村拓哉だ。1月期の主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系) は及第点の視聴率をマーク。4月29日公開の主演映画「無限の住人」は第70回カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に選出されている。

 これらの現状を見ると、俳優業を中心に活動していく予定の木村の前途は順風満帆にも見える。しかし、そこには重大な問題が。木村の演技力が絶望的なほど世間からの評判が悪いというのだ。

「ワンパターンの演技に視聴者はすでに飽きていますね。主演作の評価が高くても、それは豪華な共演者や巧みな脚本のおかげだと考えている視聴者は少なくありません。業界内でも現在、木村を俳優として高評価している関係者は少ないはずです」(週刊誌記者)

 その演技力が笑いの対象にされてしまう段階にまで達している木村だが、過去には“月9の帝王”とまで言われていたことも事実。絶頂期には脚本家の三谷幸喜が「もともと芝居が上手な方」と褒めたたえ、映画監督の山田洋次氏は「天才的なところがある」と絶賛していた。いったい何が原因で、演技力の成長が止まってしまったのだろうか?

「ドラマで軒並み高視聴率を連発したことにより、俳優としての木村が業界内で神聖化。そのため誰も演技について指摘できなくなったのです。近年の演技には明らかに伸び悩みが見受けられますが、厳しい指摘をできない状況は今も変わりません」(前出・週刊誌記者)

 初主演舞台の「盲導犬」(89年)では、まだ17歳だった木村に演出家の蜷川幸雄氏が罵声交じりの厳しい指導を浴びせていた。そのストレスで木村の頭に白髪が生えたと言われるほどだったが、当の木村は街中で出会った蜷川をオジサン呼ばわりするなど、緊密な師弟関係を築いていったという。

 木村が今後、自身を成長させたいのであれば、蜷川氏のような厳しい業界人と仕事をすることが不可欠と言えるのではないだろうか。

(浦山信一)

http://www.asagei.com/excerpt/79936

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

渡辺謙不倫騒動が蒸し返した若村麻由美との過去の関係

モテるから仕方ない…もしくは女性にマメなのか、節操がない女好きなのかwwww

18704684.jpg
提供:週刊実話

 『週刊文春』が報じた、俳優の渡辺謙(57)と大阪北新地のクラブの元ホステスA子さんとの“不倫スキャンダル騒動”が、過去に渡辺との不倫が噂された女優の若村麻由美(50)に飛び火している。

 渡辺は急性骨髄性白血病から完全復活した'95年から2002年までフジテレビの時代劇ドラマ『御家人斬九郎』シリーズの主演を演じ、若村は斬九郎に思いを寄せる芸者、蔦吉役を務めた。
 「番組が始まった頃から2人の関係は怪しいと囁かれていたんです。“糟糠の妻”と言われた前妻のU子さんは不倫を疑い、以前から入信していた新興宗教団体に相談していたといいます」(女性誌記者)

 '01年、渡辺は所属していた劇団から大手プロに移籍したが、その直後、U子さんの5億円以上とされる借金が発覚。
 「それ以前から、夫婦関係は渡辺の女性関係が原因で悪化していたのですが、その借金トラブルで別居状態になった。その後、渡辺が離婚を求め裁判となったのです」(元ワイドショー関係者)

 裁判でU子さんの弁護士は「若村と結婚したいから別れてくれ、と言いましたよね」と質問。渡辺は否定したが、弁護士はさらに不倫の噂があった高島礼子、荻野目慶子、斉藤由貴、池上季実子らの名前を実名で挙げたのだ。
 一方、裁判で名指しされた若村は、渡辺の離婚裁判中の'03年にU子さんが入信していた宗教団体の当時会長(故人)と電撃入籍し世間をアッと驚かせた。
 「これに偽装結婚という疑惑が上がったんです。会長とすれば、若村が広告塔になって信者が集まる。若村は渡辺との不倫疑惑が消え、渡辺の離婚裁判が有利に展開する。事実、噂は消えて離婚裁判も渡辺が勝訴したんです。そんな忘れ去られた過去がいま、渡辺のスキャンダルで蒸し返されているんです」(ドラマ関係者)

 火遊びが過ぎた?

http://npn.co.jp/article/detail/18704684/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ドリカム中村正人「いつもクビ寸前」吉田美和との人間関係に愚痴!?

1492762090645338.jpg
 4月18日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)に、DREAMS COME TRUEの中村正人(58)が出演。ボーカルの吉田美和(51)との複雑な関係を打ち明け、マツコ・デラックス(44)を驚かせる場面があった。

 今回、中村は“吉田美和ビジネスに人生をかけた男”として登場。「ドリカムを好きな人は幸福の象徴のひとつ」だと語るマツコに対して、中村は「そこが違うんです!」と反発し、“夢はかなう”という意味のDREAMS COME TRUEだが、「ドリカムは決して幸福ではないんです」と語り、マツコをあぜんとさせた。

 ドリカム結成当時について中村は、当時30歳だったこともあり、契約していた事務所から「早くやめろ」と言われていたと発言。当時24歳だった吉田と、25歳だった西川隆宏(52)だけでデビューする可能性があったと話した。また、結成時の三人の頭の中は三者三様で、吉田は歌うこと以外考えておらず、もともと吉田の歌のファンだった西川は「吉田のためなら何でもやる!」だったが、中村は「売れたい! モテたい! 儲けたい!」だったと告白し、マツコから「きな臭い」と冷たい目で見られていた。

 続いて、中村が吉田の素顔について、世間からはポジティブといわれているが「本当の吉田はダーク」なキャラクター。初めて出会った頃の吉田は「いつも真っ黒な服を着ていて、まったく無口」だったとし、もともと「異常な人見知りで、テレビが苦手だ」と、テレビ出演が少ない理由を説明した。また、バンド名を決めるときに吉田は反対していたそうで、中村は「DREAMS COME TRUEという名前が、ずっと彼女は苦手だった、“私はそういうタイプの人間ではない”って」と、世間のイメージとは違う吉田の素顔について語った。

 また、中村は吉田とのこれまでの関係は「本当に厳しい闘争の歴史」で、元メンバーの西川がいたときは「彼が仲を保ってくれていた」とし、西川への感謝の言葉を述べた。そしてCDの制作現場で中村と吉田が激しい口論している姿が紹介されると、中村は「吉田さんはアーティスティックに考えて、僕はビジネス的に考えちゃうので、そこがキツイ戦いなんですけど」と、二人の考え方が違うため、衝突が起こるのだと解説した。

 加えて中村は、ドリカムは「365日解散危機」だと明かし、マツコに小声で「大丈夫?」と心配されてしまう。しかし中村は「僕はクビになるわけにはいかないんですよね」「(ドリカムは)解散じゃない。僕がクビになる」「吉田は一人になってもドリカム」「僕、ギリギリなんです、今」とバンドリーダーらしからぬ気弱な発言を連発し、マツコから「5分ぐらい愚痴ですよ」と冷静なツッコミを入れられていた。

「中村はDREAMS COME TRUEが吉田一人のグループのような発言をしていましたが、ヒット曲のほとんどは中村の作曲ですし、音楽性を含んだ、ドリカムのイメージを作ったのも中村です。もちろん吉田の存在は大きいわけですが、中村とぶつかりあう中から素晴らしい楽曲が生まれてきたわけですから、どちらか一人では、ドリカムとは言えませんよね」(音楽ライター)――つらいかもしれないけれど、ファンのために頑張って!

https://taishu.jp/detail/27579/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

逢沢りな 水着・グラビア画像35

逢沢りな 水着・グラビア画像35 (6)
逢沢りな 水着・グラビア画像35 (1)
逢沢りな 水着・グラビア画像35 (2)
逢沢りな 水着・グラビア画像35 (4)
逢沢りな 水着・グラビア画像35 (3)
逢沢りな 水着・グラビア画像35 (5)
逢沢りな 水着・グラビア画像35 (8)
cover.jpg
<MORE digital photo book>逢沢りな「24歳のナツヤスミ」 MOREデジタル写真集

逢沢りな 水着・グラビア画像35の続きを読む

続きを読む

関連記事

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ