大盛りあがりGO 2017年03月14日
FC2ブログ

グラドル久松郁実「すっぴん時は居留守」発言に宅配業界から怒号の嵐

20170313_asagei_hisamatsu-250x250.jpg
 わざわざそれをテレビで言う必要があるのかと、大批判だ。

 3月5日に生放送された情報バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、ネット販売の普及により、再配達が増えるも不在で届けられないといった宅配業界が直面する問題について取り上げられた。

 レギュラー出演者である西川史子が「宅配ボックスは個人でも用意出来るので活用するべき」といたって真剣なコメントをするなか、ゲスト出演したグラドル・久松郁実の発言でスタジオに微妙な空気が流れる場面があった。

 久松は、月に5回はネット通販で買い物をしているというのだが、すっぴんや服の下にアンダーウェアをつけていないときは居留守を使うこともあると、ボディで売るグラドルらしい大胆なカミングアウトをした。

 その後、「本当に欲しいものが来たときは、こうやって浮かせて(洋服の胸元の部分もつまむしぐさをして)出たことがあります」と、届くモノによっては、配達員に下に何も着けてないことがわからないようにして荷物を受け取ると説明した。

 しかし、この“男たちを喜ばせる”と思われた発言は、スタジオには微妙な空気を流すことしかできなかった。

「送料が無料なことをいいことに、久松と同じように居留守を使う女性も実際に多いとは思いますが、運送関係者からすればたまったものじゃありません。誰かわからなければ、すっぴんでも問題ありませんし、アンダーをつけていないなら上着でも着て行けばいいだけですからね。わざわざぶち込む必要のあったエピソードではなかった気がします」(エンタメ誌ライター)

 宅配や運送業をしている視聴者を中心にネット上では「こっちの労力も知らずに、こういう自意識過剰な女は腹が立つ」「すっぴんかどうかはまったく気にならない」「配達物を届けることで歩合が付くことが多い。こういう居留守話は本当に迷惑」と怒号のようなコメントが殺到した。

 グラドルのテレビでの発言はえてして自己アピールが過ぎて“お呼びじゃない”ものが多いが、テーマによっては今後はもう少し影響力を考えたうえで発言したほうが今後の仕事にもプラスになるはずだが‥‥。

(本多ヒロシ)

http://www.asagei.com/excerpt/77096

関連記事

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

マネージャ―時代にジャニーさんがスカウトした元アイドル

68677253.jpg
 現在は、ジャニーズ事務所の社長を務めるジャニー喜多川さん。就任前は、川崎麻世のマネージャーだった。当時から今と変わらず、次代のスター発掘に精力的。みずから獲得に動くことが、珍しくなかった。

 有名なところでは、元光GENJI・諸星和己。スカウトしたのは、まさかの東京・代々木公園だった。諸星は中学生のとき、地元の静岡県から家出。竹の子族を観るために代々木公園に向かったが、平日だったためあいにく実施されていなかった。仕方なく、そのまま野宿していると、13才の諸星にジャニーさんが、「ジャニーだけど」と声をかけた。所持金がわずか1,200円しかなかった諸星は、もらった名刺に書かれていた電話番号に連絡。衣食住を確保するために、合宿所生活がスタート。気づけば、スーパーアイドルになっていた。

 同じく、代々木公園でスカウトされたのは、元たのきんトリオ・野村義男。現在は日本を代表する名ギタリストだが、12歳でジャニーさんにスカウトされた。その日のジャニーさんは、担当していた川崎ら数名のジャニーズJr.たちを、公園内のゴーカートで遊ばせてあげようとした。そのとき、野村が視界に飛び込んだ。ジャニーさんは咄嗟に、生まれ育ったアメリカの公用語(英語)で話しかけたが、普通の小学生が理解できるはずがなく。その後に名刺を渡して、とんとん拍子で話が進んだ。

 数々の“ジャニーさんのひとめぼれ”のなかでも究極なのは、少年隊・東山紀之だ。ギャンブル好きで、借金もあった父に愛想を尽かして、母は2人の子どもを抱えて離婚。NHKの職員専用の理髪店で働くシングルマザーになった。その縁で、東山は小学校の春休みを利用して、アイドル番組『レッツゴーヤング』(NHK総合、74年~86年まで放送)の番組収録を、友人と一緒に観覧した。

 終演後、会場となった東京・渋谷のNHKホール前の交差点で信号待ちをしている姿に、ジャニーさんがホレた。川崎を乗せた移動中、車の窓から東山を見つけて、急いで降車して、声をかけたのだ。

 諸星、野村、東山に共通しているのは、偶然とひらめき。ジャニーさんのファーストインプレッションで、スターが誕生している。山が動くとき、きっかけは意外で些細なのだ。

http://npn.co.jp/article/detail/68677253/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

いま、人気急上昇!「生ける伝説」出川哲朗が愛される理由

1488958687201715.jpg
 お笑いタレントの出川哲朗(53)が2月24日、横浜市内で会見を開き、自身初となる冠レギュラー番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)が4月15日にスタートすることを発表しました。同番組の内容は電動バイクに乗って目的地を目指す、“ガチ”の旅番組で、出川はずっとやりたいと言っていたレギュラー冠番組の実現に「感無量」「勝負に出てくれたテレ東に感謝」と、語りました。

 かつては雑誌『アンアン』(マガジンハウス)の「嫌いな男ランキング」で5年連続1位を獲得するなど、女性に嫌われるタレントの代名詞的存在だった出川ですが、今やバラエティ番組に欠かせない存在となっています。競争の激しい芸能界において、第一線でこれだけ長年活躍できるというのはすごいことです。というわけで、そんな出川の、気になる人気の秘密に迫ってみたいと思います。

 最初のブレイクのキッカケは、1989年に『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)に出演したこと。ダチョウ倶楽部らとともに、一躍“リアクション芸人”として人気者になりました。以降、バラエティ番組に引っ張りだこで、2011年からは、子ども向け番組『大!天才てれびくん』(NHK)に出演したことで、子どもたちからも人気を得ます。体を張った芸風で有名な出川ですが、実は、実家は横浜で120年ほど続く老舗のり問屋の蔦金商店。子どもの頃は、幼稚園の送り迎えをベンツでしてもらい、家にお手伝いさんが5人もいたというから、なかなかのお坊ちゃまです。

 しかし、出川が高校生の頃、父がサイドビジネスに失敗、実家ののり問屋が倒産寸前になってしまいます。家族を支えるため、出川は親戚の紹介で老舗料亭に仕事を決め、その精神修行のため、尼寺で半年住み込みで働いたこともあるそうです。そして、その修行の最中、以前から進みたかった芸能の道を諦めきれず、当時横浜にあった映画専門学校に入学。その専門学校で同級生だったのが、なんと後のお笑いコンビ、ウッチャンナンチャンでした。彼らと劇団SHA・LA・LAを立ち上げ、活動していましたが、ウッチャンナンチャンが先に芸能界でブレイク。徐々に出川もテレビ出演が増えていったそうです。

 “ポンコツ”キャラとして芸人の後輩たちからイジられることもありますが、出川の仕事に対する姿勢に尊敬の念を抱いている仲間は多いようです。ケンドーコバヤシ(44)は、以前バラエティ番組で、厳寒の野外ロケで若手芸人を励ましたり、体を張る危険なロケでは、ケガをしないようアドバイスをする出川に、感動したと語っていました。千原兄弟の千原ジュニア(42)も、出川の「最終的には番組で死んでもOK」という言葉に心を揺さぶられたことがあったそうです。

 大人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でも、ペットボトルのロケットで飛ばされるなどの過酷なロケや、出川が海外へ行ってミッションをクリアする人気企画「出川哲朗はじめてのおつかい」シリーズが好評です。このシリーズでは、ほとんど単語だけしか英語が話せない出川が、間違った英語や、ときには日本語を英語風の発音で話しつつ、積極的に外国人とコミュニケーションをとる様子が面白いと話題です。遠回りしつつも、毎回最終的に目的を達成してしまうところにも、視聴者はくぎづけ。英語が分からなくてもものおじしない、その姿勢が共感を集めているようです。

 体も張れてプロ意識も高く、コミュニケーション能力もバツグン、芸人仲間からも視聴者からも愛される出川哲朗。冠レギュラー番組の開始で、今後ますますお茶の間の人気者になりそうですね。

http://taishu.jp/detail/26943/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

中居正広「俺やらない」番組スタッフの編集内容に激怒!?

1489029011074037.jpg
 3月7日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、元SMAPの中居正広(44)が、番組に対する不満を激しい口調で告白。お笑いタレントの出川哲朗(53)や、劇団ひとり(40)を慌てさせる場面が見られた。

 今回の番組は20代から60代まで、年齢ごとに5チームに分かれた解答者たちが、さまざまなテーマの世代別ランキングを当てたり、リズムに乗って言葉の韻を踏むリズムゲームに挑戦した。そのオープニングで、清水俊輔アナウンサー(36)のルール説明が終わると、中居が「あのさ、いいですか?」と、番組の進行を止めてしまった。そして中居は、収録ではいつも各世代のチームを全員イジッているのに、実際の放送を見たところ、ルール説明後に解答者を紹介したらすぐ問題に入り、自分のトークが使われていなかったと暴露。続けて「(出演者たちの)アイドリングが必要だと思ってんのに、なに?」と、激しい口調で不満を述べた。

 中居はさらに、いつも通り進行するように促したスタッフの態度が気に入らなかったのか、ますますヒートアップ。「じゃあ、俺やらない」と司会進行をボイコット宣言してしまい、観客席から「え〜っ」と不満の声が上がると、「うるせ〜、“すご〜い、イエ〜イ”とか言ってればいいって雰囲気で、おまえらここ(司会席)に立ってしゃべってみろよ」と、観客にまで当たり散らしていた。

 そんな中居を、解答者の出川が「いやいやいや」と困り顔でなだめようとしたが、それでも不満は収まらなかった。だが劇団ひとりから「早くクイズやれ!」とツッコミが入ると、さすがに中居も怒る気が失せたのか、笑いながら司会席に戻り、しっかりと番組を進行していた。

「この番組は4月からゴールデンタイムに昇格することが決まり、番組内容も以前とは大きく変更されました。当然、中居も気合が入っていて、頑張った部分がカットされていたのが残念だったのでしょう。ただ、ここまで中居が入れ込んでいるところを見ると、ゴールデンに移ってからも、期待できますね」(芸能誌記者)――これもプロのプライド!

http://taishu.jp/detail/26961/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

久松郁実 水着・グラビア画像53

久松郁実 水着・グラビア画像53 (4)
久松郁実 水着・グラビア画像53 (7)
久松郁実 水着・グラビア画像53 (6)
久松郁実 水着・グラビア画像53 (18)
久松郁実 水着・グラビア画像53 (5)
久松郁実 水着・グラビア画像53 (3)
久松郁実 水着・グラビア画像53 (1)
61o5yVhFR8.jpg
久松郁実 2017カレンダー

久松郁実 水着・グラビア画像53の続きを読む

続きを読む

関連記事

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

これぞ究極!極撰競馬投資法~私が競馬で安定して稼ぎ続けている方法

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ