0c56a_1332_27ef8a9e_94a66b19-m.jpg  

決して「美味しい!」とは言いがたい子供の頃の学校給食。でも何だか懐かしくなることってありますよね。どんな献立にもついてくる牛乳や、ポソポソしたコッペパン、ビニール袋に入っているソフト麺やきな粉がまぶしてある揚げパン。ふと思い出したりしませんか。

実は今、給食レシピが本にまとめられたり、給食が食べられる飲食店があったりと大人気。

それもそのはず、今の子供たちはママ世代とは違って、本当に美味しい給食を食べている学校がほとんど。その理由についてご紹介いたします。

懐かしい!それとも、知らない? 給食の進化

子供のころ食べた、なんとなくパッとしない給食。そもそも給食は明治22年から山形県の私立小学校で貧困児童のためにスタートしました。当時は栄養バランスよりも、おにぎりに漬物、塩シャケといったお腹を満たすための食事を提供していました。

その後昭和27年から、全国の小学校で給食がスタートしたのです。その後昭和50年ごろからは給食全体を管理する「学校栄養職員」という役職がでてき、給食の“質”を上げるように多々検討されてきました。

さらに、平成13年ごろから、地産地消で、地元野菜を取り入れる学校が増えてきて、鮮度良い野菜を食べることが可能となっています。

主食が「ご飯」になったのは、割と最近!?

今ではパン、麺、ご飯、様々な主食がありますが、昭和28年前ころまでは多くの学校は、パンのみ。その後関東を中心にソフト麺が広がり、そして、昭和51年ごろにご飯給食が始まりました。

また、平成に入ってからはお米も学校規定のものではなく、自由に購入できるようになったことも美味しさが変化した理由となります。

牛乳はビンだった? 三角パックだった?

そして、給食には欠かせない“牛乳”。まずい!と思っているママさんもいますよね。

実はこの牛乳も変化しているのです。昭和55年ごろまでは三角パック牛乳でしたが、四角いパックへと変化を遂げ、保管性に優れて、美味しい牛乳を提供できるようになっているのです。

羨ましい!提供方法のオシャレな進化

昭和60年ごろからは、少子化にともない、空き教室も増え、その教室を活用して“ランチルーム”という場所ができるところも多くなり、校長先生と食べたり、違う学年の人と食べたり、給食の時間がコミュニケーションの時間にもなりました。

さらに、バイキング形式や複数の献立から選べるセレクト形式など、食を楽しんで食べる環境が整いだしてきました。

より安心して食べられる美味しさに

平成に入り、食中毒など安全面も規定が強化され、より衛生面が良くなってきています。

食育という言葉も普及し、平成17年に、栄養教諭という、食の指導と給食管理全体を行う新しい制度ができ、給食管理が良くなってきました。

こんな変遷が学校給食を美味しくさせてきてくれているのですね。

時代が変われば美味しいメニューも変わる!? 好きな給食ランキング

昭和のころの給食は成長に必要な栄養素を摂れるということはもちろんのこと、“お腹を満たす”ための給食でもありました。しかし、現代の子は約10%に肥満が見られるとのことから“過剰摂取しない”ように工夫もされています。

そんな今と昔、好きな給食メニューはどう違うのでしょうか。生活協同組合「パルシステム」が、小学校に通う子どもをもつ30~49歳のお母さん1000人におこなった「給食に関する調査」をもとにご紹介いたします。

ママさん世代が好きな給食

■1.揚げパン

甘~く砂糖がまぶしてあるパンは子供のころとっても嬉しかった覚えがありますよね。この揚げパンは、昭和27年東京都大田区の小学校の調理士さんが、休んでしまった子の分の硬くなった残りパンを油で揚げて砂糖をまぶし、自宅に届けていたことがきっかけとなり、学校給食でも提供されたのが始まり。

今よりもパンの質が悪いので、あの素朴な同じ味わいの揚げパンを作るのは難しいですが、高温の油で揚げて砂糖をまぶせば、似たような揚げパンができます。

■2.カレーライス

どんな世代にも大人気のカレーライス。当時は、カレーパウダーを使って水溶き小麦粉でとろみを付け、じゃがいも・玉ねぎ・にんじん、こま切れ肉が一般的なカレーライスとして提供されていました。

■3.ソフト麺

正式名称は「ソフトスパゲッティー式麺」。強力粉、塩、水で作られ、小麦粉にはビタミンB1、B2が強化されています。通常の麺に比べ、伸びづらく消化がよいのが特徴。現在では、「ゆで中華麺タイプ」もあるようです。

子供世代が好きな給食

■1.鳥の唐揚げ

鳥のもも肉を使って、塩・こしょう、酒、にんにく、しょうがの絞り汁をまぶした、典型的な家庭風唐揚げが一番人気!

■2.ハンバーグ

多くの給食はひき肉と豆腐を半々入れ、ヘルシーに仕上げている学校が多いようです。中には子供が苦手なピーマンを刻んでいれたりする工夫もされています。

ソースは、ケチャップや甘辛たれ、きのこソースデミグラスソースなどバリエーション豊かになっています。

■3.カレーライス

現代も、市販のカレールウを使わずに、カレー粉から手作りなのが、給食の味。豚ガラからとったスープなど、手がこんでいるのも美味しい秘訣。


やはり、給食で人気のメニューは、子供が好きな“洋食”が目立ちますね。特にカレーライスは、今も昔も人気!

実は、昭和57年1月22日、全国統一メニューとして、全国の小・中学校の給食で、“カレーライス”が一斉に提供され、今では1月22日は“カレーの日”とされています。

地域別、オモシロ給食メニュー

近年は地産地消の傾向から、北海道ではイカメシ、秋田ではきりたんぽ鍋、山梨ではほうとう、大阪ではたこ焼き、和歌山ではみかんチャーハン、沖縄ではミミガーなど、地元の特産品や地元ならではの料理を給食に出すところも多くなっています。

また、福井県の中学校では、福井県で水揚げされた雌のズワイガニ「セイコガニ」を一人一杯食べられる贅沢な給食。

さらに三重県松阪市では、年に1度、市内の全ての学校で松阪牛を使った給食が提供されるという贅沢な給食があるのです!

なんとも羨ましいですよね。

日本一の給食を紹介!

地場産物を活かした自慢の学校給食を競う大会「全国学校給食甲子園」で2,054校・施設の頂点となる優勝を果たした群馬県の“みなかみ町月夜野学校給食センター”。こちらが提供しているものは、「みなかみ町産100%の学校給食」を目指している、地域の食材をふんだんに使った給食。

児童たちにも、朝集会や授業などで地産地消について教育もしている熱心ぶり。昔は食べるだけの給食も、今や食について学びながら食べるという良い環境になっているのですね。

いかがでしたか。今回は懐かしの給食と、今の美味しい給食についてご紹介いたしました。味も形態も時代とともに変遷してきましたが、給食は常にその時代の子供の成長を考えられて作られているもの。

もし、お子さんの食事に悩んだら、給食の献立を参考にしてみるのもいいですね。