とろとろがたまらない!「穴に卵」  朝はパン派という人、トースターで焼いて、バターやジャムを塗って終わり…そんな食べ方ですませてませんか? 実は、焼き加減や切り方を変える、のせるもの・塗るもの・挟むものを変えるだけで、いつものパンが劇的に美味しくなるのをご存じでしょうか? そんな、目からウロコなパンの楽しみ方を紹介した『食パンをもっとおいしくする99の魔法』(池田浩明/ガイドワークス)が発売されまひた。本書は、パンを食べる研究を専門に行う「パンラボ」が、長年の研究の成果をまとめたもので、(1)誰でも簡単に! (2)どこでも手に入るもので! (3)体にいい素材! (4)どこの家にもある道具を使って! という4つの条件を満たした99の魔法を紹介しています。今回はこの中から、焼く魔法と塗る魔法を使った2品を実際に作ってみました。

1、とろとろがたまらない!「穴に卵」(P.30)

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ


 食パンの中央に穴を開けます。そこに卵を割り入れ、食パンに霧を吹いたら、アルミホイルで覆って、オーブントースタで焼けば完成です。

 こちらは、いつもの焼く作業に、ちょっとした魔法をかけた一品です。焼いたトーストに目玉焼きをのせたものはよくありますが、ここでは食パン自体に卵を流し込み、それを蒸し焼きにすることで、黄身がとろとろになり、半分に割った時に滝のように流れ出す景色は圧巻です。この流れ出た黄身をサクサクな食パンにつけて食べるのがまた美味しい。とってもシンプルな味付けだけれど、贅沢な気持ちになれるトーストでした。

2、濃厚な味わいの「きなこクリーム」(P.71)

 きなこ、はちみつ、牛乳を混ぜ合わせ、好きな焼き方でトーストした食パンに塗れば完成です。

 はちみつを混ぜ込むことで、優しい甘さになり、また、牛乳が入っていることで、とってもクリーミーなスプレッドになりました。食べた瞬間にきなこの香りが口いっぱいに広がり、ほっこりした気分を味わえます。また、栄養面からも体に良いものをたくさん含んでいるので、食欲がない朝でもこれだけは食べておきたい一枚です。

★いつも食パンをストックしておきたくなる1冊

1枚の食パンさえあれば、これほどまでにいろいろなバリエーションを楽しめるのかと関心してしまうほどレシピが豊富で、1日ごとに違った味を試したくなります。とりあえず、食パンさえあれば、必ずどれかの魔法は使えるので、ぜひお気に入りの食パンをストックしておきましょう。

文=JUNKO