【心理テスト】看病しにきた人は誰? 答えでわかるあなたの心のさけび

 心の中で強く思っていても、外には吐き出せない心のさけび。本当は言いたいのに、心の奥底で思っていること。あなたはどんなことを心の中でさけんでいますか? 心理テストでみてみましょう。

【質問】
 アパートで1人暮らししているあなた。高熱が出て、風邪で寝込んでしまいました。つらくて動けない……そんな時に看病に来てくれた人は誰?

A:親
B:恋人
C:友達
D:アパートの大家さん

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
「あなたの心のさけび」
 身動きが取れないときほど、訴えたい気持ちが強くなります。つらくて動けない、助けがほしい状態の時に来てくれた人の立場やイメージから、あなたが今さけびたい心の声を暴いていきます。

■A:親……甘えたい、ひたすら寂しい
 人生の中で一番関わりが多い親。小さいころにかわいがってくれて、どんな時もずっと一緒にいてくれた存在です。あなたは、ひたすら甘えたい、寂しいと心の中でさけんでいるのではないでしょうか。優しい言葉をかけて、誰からも褒めてもらいたいのです。それだけ、周りが自分の頑張りを認めてもらえていないと思っているのです。

■B:恋人……刺激がほしい、現状から抜け出したい
 恋愛は、刺激や潤い、心の豊かさを与えてくれます。Bを選んだあなたは、刺激がほしい、現状から抜け出したいと心からさけんでいるのです。あなたが置かれている今の状況は、とても穏やかで、よくも悪くも「なにもない」。だからこそ、この状況から抜け出して、メリハリのある生活、人間関係を求めたいと思っているのです。

■C:友達……誰かに頼りたい、自分の話を聞いてほしい
 腹を割って話せて、いざという時に頼りになる友達。Cを選んだあなたは、心の中で、誰かに頼りたい、自分の話を聞いてほしいと思っています。仕事で頑張っても、誰かと一緒にいても、孤独を感じてしまっているため、一人で抱えきれない思いを誰かに伝えたいと、心の奥でさけんでいるのです。

■D:大家さん……自分のことを見てほしい、気がついてほしい。
 住人の様子をそっと見守る大家さん。Dを選んだあなたは、心の中で自分の存在を強く訴えています。自分のことを見てほしい、気がついてほしいとさけんでいるのです。今の自分は、周りと比べてパッとしない、ダメなところばかりだと思っているのでしょう。周りの人達が、自分のことを相手にしていないと感じているのです。

 心のさけびをため込んだままでいると、精神的にまいってしまいます。かといって「その場の空気が壊れる」「人間関係が崩れてしまう」と思うと、なかなか本音をぶちまけることができません。少しでも自分の思いを吐き出せるように、自分に素直になり、思いをぶつける覚悟と勇気を持ちましょう。
(咲羅紅)