大盛りあがりGO 2016年02月01日
FC2ブログ

恵方巻きは”セクハラ起源説”だった?それでもコンビニがゴリ押しするワケ

土用の丑の日にしろ、ウナギを売るためのイベントだったわけだし…
起源がエロでも、いいんじゃないっすかね。

季節の風物詩として定着した「恵方巻き」に賛否両論が…

 2月3日の「節分」の夜に毎年の縁起が良いとされる方角(2016年は南南東)を向いて巻ずしを頬張る「恵方巻き」。すっかり季節の風物詩として定着しているが、商業的な側面が強いことや由来が破廉恥であるとの説があるために「反対」を表明する人々も少なくない。ネット上では「恵方巻き撲滅」を掲げて活動するユーザーたちもおり、賛否両論を巻き起こしている。

■古くからの伝統? ただのセクハラ遊び?

 元来は関西地方を中心とする伝統的風習だったという恵方巻き。近年は全国的に大々的に売り出され、特にコンビニは店内にデカデカと予約受付のチラシを貼ったりノボリを立てたりと異常なほどの「恵方巻き推し」を展開している。

 しかし、古くからの伝統だったというのにコンビニが売り出すまで「聞いたこともない」という人が大半だった。

 その由来は諸説あり、最も知られているのが江戸時代末期に関西の商人たちが商売繁盛と厄除けを祈願する風習として始めたという説。この風習は戦後に廃れてしまったが、1970年代に大阪の海苔問屋組合と寿司店が協力して「幸運巻ずし」として販売促進キャンペーンに乗り出したことをきっかけに復活した。

 それでも一部で行われている程度の風習だったが、決定打になったのは大手コンビニ「セブンイレブン」の存在。1990年代に新たな季節イベントとして着目し、恵方巻きを全国的に売り出すようになった。これにコンビニ他社が追随したことで定着したとされている。

 由来に諸説あると前述したが、数年前からネット上で話題になっているのが「セクハラ起源説」だ。

 昭和初期、大阪の旦那衆の間で若い芸妓に太巻きを頬張らせる「お大尽遊び」が流行っていたのが起源との説があり、恵方巻を男性器に見立てたセクハラだったという。特に少女くらいの年齢の初々しい芸妓がノドに詰まらせて苦しんでいるのを見るのが旦那衆の“楽しみ”だったというのだから、本当ならかなり卑猥で下衆な行為だろう。

 あくまで諸説あるなかの一つではあるが、実際に寿司店が芸妓から恵方巻きの存在を教わったというエピソードが伝わっていたり、大正時代から大阪の花街では「旦那さんのモノに見立てて太巻きを食べる」という風習があったとされ、それなりの信ぴょう性はあるようだ。

■「恵方巻きを撲滅しろ」と激昂するネットユーザーも

 この商業イベント感とセクハラ起源を嫌悪するネットユーザーが少なからずおり、以下のような批判が巻き起こっている。

「下品で卑猥!セクハラ恵方巻は撲滅するべき」
「セクハラでしかない恵方巻が日本の伝統文化だと外国に勘違いされたらイヤだ」
「伝統でも何でもない。広告代理店がつくった流行に踊らされたくないよ」
「ただの業界の陰謀で何のありがたみもない。こんなのに乗せられる人間はバカ」

 その一方で「土用の丑の日だって同じ」「経済が回ってコミュニケーションにも役立つならいいでしょ」「批判してる人は宣伝とかキャンペーンが理解できないんだろ」といった意見も発生。賛否両論の状態になっている。

「現在は伝統よりも販売促進キャンペーンの意味合いが強い。近年に復活したのは1〜2月期がコンビニの売上が落ち込む閑散期にあたるため、バレンタインに続く2月の定番イベントにしたいという思惑があったから。特に大手広告代理店が普及に乗り出してから一気に広まった。発祥が古いのは間違いないんでしょうが、あくまで商業イベントですね。ただ、土用の丑の日のようにキャンペーンで風習を作り出すこと自体が日本の伝統文化といえるかもしれません」(広告業界関係者)

 結局、流行に乗っかるかどうかは個人の判断。とはいえ、これだけテレビやコンビニ店頭などで「伝統」として大きく扱われていると不快感を抱く人は多く、今後も物議を醸しそうだ。

佐藤勇馬(さとうゆうま)
個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、ネットや携帯電話の問題を中心に芸能、事件、サブカル、マンガ、プロレス、カルト宗教など幅広い分野で記事を執筆中。歌舞伎町や新大久保をホームグラウンドに飲み歩くのが唯一の楽しみ

http://dailynewsonline.jp/article/1081191/?page=all

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

男性が結婚相手の外見を重視する県TOP10

91DH6wfgo5L__SL1500_.jpg
人は見た目が100パーセント(1) (BE・LOVEコミックス) [Kindle版]

 Facebookを利用した恋愛・婚活マッチングサービスを提供する「pairs」は「pairs」の男性会員を対象に「結婚相手を選ぶポイント」についてアンケート調査を実施。日本全国の男性会員を対象に「結婚相手を選ぶポイント」を聞いた結果、「外見・容姿」と回答したのは全体の16%ほどであることがわかった。また、人口の多い東京都や神奈川県、大阪府は平均より若干高かったものの、20%未満という結果に。一般的に外見・容姿が重視されると思われがちだが、一概にそうとは言えないことがわかった。

「結婚相手を選ぶポイント」についてアンケート調査

【男性】結婚相手の外見・容姿を気にする県ランキング
1位 :宮崎県(23.08%)
2位 :香川県(22.92%)
3位 :山形県(22.45%)
4位 :長崎県(21.43%)
5位 :岡山県(21.15%)
6位 :大分県(20.22%)
7位 :栃木県(20.17%)
8位 :群馬県(20.00%)
9位 :京都府(20.00%)
10位:佐賀県(19.51%)

 1位は太陽の恵みあふれる宮崎県という結果に。とは言え、全体の2割程度。結婚相手の容姿・外見を重視するという意見は意外に少ないことがわかった。

【男性】結婚相手の外見・容姿を気にしない県ランキング
1位 :高知県(9.26%)
2位 :鳥取県(12.50%)
3位 :沖縄県(13.33%)
4位 :秋田県(13.64%)
5位 :熊本県(14.29%)
6位 :山口県(14.71%)
7位 :岩手県(14.81%)
8位 :島根県(15.05%)
9位 :徳島県(15.25%)
10位 :福島県(15.38%)

 1位に輝いた宮崎県と、最も重視しない結果となった高知県との差は約14%。日本人の恋愛傾向と一口で言っても、都道府県によって全く異なる結果となった。

■結婚相手の容姿を気にすると回答した男性の意見

「きれいにしようという意思がない人は無理」(18~24歳・会社員・千葉)
「これからの人生をともにするうえで、見た目が好みであることが第一。それにともなって性格や人柄に共感でき、ともに趣味を楽しめるとベスト」(25~29歳・公務員・大阪)
「容姿端麗で健康なら、幸せな家庭生活を送れると思う」(30~34歳・会社員・神奈川)
「笑顔が好きなので、容姿は大事。笑わせたいから価値感も人柄も重要」(30~34歳・公務員・千葉)
「外見も内面も可愛い人が好きだから」(30~34歳・IT関連・新潟)
「見た目が好みでないと、興味が持てない」(18~24歳・学生・兵庫)
「外見にも、その人の内面が出てるものだと思ってます」(30~34歳・会社員・東京)

【調査概要】
調査対象:「pairs」に登録している男性会員
調査地域:全国
有効回答数:男性:2671名
調査期間:2015年1月20日~1月27日

 


http://news.livedoor.com/article/detail/11128025/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「おいこの台本書いたやつ出てこい」「ざっけんな」まいんちゃんのキッスに大きなお友達発狂!!

41cs+3QylDL.jpg
福原遥 ファースト写真集 はるか

1601_main.jpg

『福原遥』オフィシャルブログより。

 NHKの教育番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』に、小学5年生の時から4年間、主役の柊まいん役として出演し、多くの“大きいお友達”を獲得した、まいんちゃんこと福原遥(17)。今回、彼女がドラマでキスシーンに挑戦したことで「わあああああああああああ いやだあああああああ」「やってくれましたなああああああ!!!!!」とファンが悲痛の叫びをあげている。

 問題となったのは、2月12日にスタートするネット限定ドラマ「グッドモーニング・コール」(Netflix)でのワンシーン。仮面ライダーウィザードで主役を演じたイケメン俳優・白石隼也(25)がベッドで横になっているところに、まいんちゃんが上から覆いかぶさるようにキスをするというもので、これをみたファンは「ざっけんなこの男」「おいこの台本書いたやつ出てこい」と怒り心頭。あまりのショックに「みんな安心しれ。完全CGやで」「おれ世界に絶望し暗黒面に落ちた。悲しみと憎しみのダークヒーローに生まれ変わりそう」と現実逃避するものまで現れた。

 まいんちゃんの熱狂的なファンではなくても「思ったよりショックだった」と口にするものもいたが、それはやはりまいんちゃんの小さな子供時代を知っているからだろう。子役としてデビューしたものは、必ずいつしか年を取り、子役から、俳優、女優になる。その時にはもちろん、キスシーンといった子役時代にはあり得なかったシーンも撮影し、それを見た視聴者は何とも言えない複雑な気持ちになってしまう。

 特にまいんちゃんに関しては、子供の頃の圧倒的な可愛さ、そして純真さが印象的で、子役タレントではあるが、ジュニアアイドルのような扱いも受けていたため「あのまいんちゃんが…」とファンが悲しむのも当然だろう。今までも、少し化粧が濃くなると「ケバくなって終了」「これじゃない」と過剰に反応されてきていただけに、今回のキスシーンがどれほど衝撃的だったかは容易に想像ができる。

 しかしまいんちゃんは、インタビューで将来の夢は「女優さんになりたい」「今はそのために必死に演技を勉強している」と語っており、まいんちゃんと同じく子役出身の井上真央を目標とする人物に掲げている。去年7月からは所属事務所を「NEWSエンターテインメント」から大手プロダクションの「研音」に移し、本格的に女優の道を歩もうと、一歩目を踏み出したところだった。

 子役、ジュニアアイドルにとっては成長とともに、自身についた世間のイメージをうまく変えることができるかどうかが、永遠のテーマとなっていて、今回のキスシーンも彼女なりのイメージ脱却作戦のひとつだったのかもしれない。

 一般に子供だった芸能人が成長すると「劣化した」「可愛くなくなった」と散々なことを言われるが、まいんちゃんは「今の方が全然良いやん」「育成成功」「美人さんですな」と絶賛されている。この調子でまいんちゃん、いや、福原遥には女優としての新たな人生を歩んでもらいたい。しかしラブシーンを演じた日には、これだけの騒ぎではすまないだろう。


http://otapol.jp/2016/01/post-5492.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

“ドロ沼の父子確執”を繰り広げる長嶋茂雄と一茂親子がついに完全決裂か! 一茂が巨人からも追放されていた

nagashimakazushige_160131.jpg

遂に球団との関係まで切れてしまった長嶋一茂(映画『ハッピーランディング』公式サイトインタビューより)


 確執が伝えられてきた長嶋茂雄・一茂親子だが、その細い絆も遂に断たれてしまったようだ。一茂が父親との関係で持っていた「野球振興アドバイザー」という読売巨人軍球団職員の肩書きが剥奪され、既に職員でもなくなっているという。

「週刊現代」(講談社)2月6日号によると、一茂は2004年に脳梗塞で倒れた父親であるミスターと球団の橋渡し役、スポークスマンとして巨人から「球団代表特別補佐官」に任命され、その後は「野球振興アドバイザー」の肩書きが付与されていた。しかし、既に職員名簿から一茂の名前は削除され、球団との関係が切れているという。

 球団との訣別は、すなわち終身名誉監督である父親との完全訣別をも意味するものだ。

 しかし今回の訣別劇も当然のことだったのかもしれない。長嶋親子を巡っては一族を巻き込んだ長年の骨肉の争いがあった。

 その発端は09年6月、それまでミスターの肖像権の管理やマネジメントを行っていた長男・一茂の個人事務所「ナガシマ企画」から、現在フリーキャスターの次女・三奈が代表を務める「オフィス・エヌ」に移行したことだった。一茂が父親の仕事に過度に介入し、軋轢が生じたことが原因と言われる。この際、ミスターは、スポンサーや関係者にその通知書を送付。自分に関係するビジネスから一茂を排除したことに大きな衝撃が走った。

 これをキッカケに長嶋親子の確執は表面化、一部週刊誌でも報じられる事態となっていく。「フライデー」講談社)09年7月3日号では、一茂外しの裏に妹の三奈、そしてミスターの妻・亜希子夫人の弟の妻であるAさんの存在があると指摘、また「週刊文春」(文藝春秋)09年7月2日号では、一茂が「長嶋茂雄」の商標権を獲得したが、これに対してミスターは「一茂から騙しうちにあった」として無効を主張していることなどが報じられていく。さらに、田園調布の長嶋邸に保管されていたミスターゆかりのグッズを一茂が無断で処分したなど、その骨肉の争いが伝えられていった。

 長嶋一族のトラブル・確執とは、父親の権利を独占しようとする一茂に対し、その暴走を快く思わない「ミスター&次女・三奈&義妹A子さん」連合のバトルという「長嶋茂雄利権」を巡る一族の闘争でもあったのだ。


http://lite-ra.com/2016/01/post-1935.html

“ドロ沼の父子確執”を繰り広げる長嶋茂雄と一茂親子がついに完全決裂か! 一茂が巨人からも追放されていたの続きを読む

続きを読む

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ