大盛りあがりGO 2016年01月26日
FC2ブログ

500年守られてきた“最古の銘酒”『剣菱酒造』――「止まったままの時計でいる」という先代の言葉

日本は世界一の“老舗大国”だという。その中でも特に古い、500年以上の歴史を持つ「超・老舗企業」を紹介。その持続可能な経営の秘密とは!?

家から家へとバトンを繫ぎ、守られてきた“最古の銘酒”『剣菱酒造』
~(神戸市東灘区)1505(永正2)年創業~


“最古の銘酒” 剣菱酒造

『東海道五十三次』の浮世絵にも、剣菱のロゴマークが残されている

 銘酒「剣菱」は、M&Aを繰り返しながらその伝統を守ってきた日本酒だ。1505年に稲寺屋が伊丹で「剣菱」の醸造を開始した。その後、津国屋・稲野家・池上家が酒造りを継承。昭和3年には現在の白樫家が受け継いだ。以降も水害や戦時中の空襲と物資不足、阪神・淡路大震災などの難局が訪れるも、頑に当時と変わらぬ「剣菱」の酒を造り続けている。

 白樫家には「お客様からいただいたお金は、販売や宣伝に使うのではなく、さらに良い酒を造ることに使うこと」という家訓がある。500年にも及ぶその信頼を守り続けるため、営業部もつくらずに、利益は原材料や酒造りの手間に惜しまずつぎ込んでいる。

“最古の銘酒” 剣菱酒造「『止まったままの時計でいる』という先代の言葉を大切にしています。流行を追っていたらいつまでも時計の針は合いませんが、止まったままなら必ず正しい時間を指すときがくる。高品質のお酒を愚直に造り続け、お客様に飲んで楽しんでもらうことが私たちのいちばんの喜びです」(白樫政孝専務)

 10月から4月にかけて、主に北陸地方から蔵人が剣菱酒造に集まる。昔ながらの酒造りをするためには、その道具を造る職人も必要。剣菱は道具造りの職人育成・技の継承にも力を入れている。リユースやリサイクルが可能な、環境負荷の低い瓶にもこだわり続ける。

【剣菱酒造】 
兵庫県神戸市東灘区御影本町3-12-5 
電:078-451-2501
http://www.kenbishi.co.jp/
https://www.facebook.com/kenbishisake 
※酒の販売・蔵の見学は行っていません
― 創業500年以上の日本企業 ―
http://nikkan-spa.jp/1024193

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「ネット依存」はネットだけの問題じゃない! やめたいのにやめられない人がやるべきこととは?

71yA9feyIUL.jpg
脱ネット・スマホ中毒: 依存ケース別 SNS時代を生き抜く護身術!

 今、電車の中を見渡すと、スーツを着たサラリーマンも赤ちゃんを連れたお母さんも自分の親くらいの高齢者もせっせと首をかがめてスマホを見ている。電車の中の暇つぶしならまだいいが、朝から晩までスマホを手放せない、友達のログイン状況や自分のつぶやきへの反応が気になって数分おきにチェックしてしまう、うっかり出先でスマホの電池が切れてしまうと狂おしいまでにイライラする……とまでくると、もはや禁断症状だ。『脱ネット・スマホ中毒』(誠文堂新光社)の著者でもあり、ネット依存に取り組むangels-eyes代表、遠藤美季氏にネット依存の現状と、対応策について話を聞いた。


■「やめたいのに自分の力ではやめることができない」=依存

――私がネットを始めたのは大学生だった2000年前後ですが、当時はSNSもブログもなく、スマホも一般的には普及しておらず、ごく一部の好事家がHTMLでホームページを作っていた、のどかな時代でした。

遠藤美季氏(以下遠藤) パソコン、スマホとここまでハードが便利になると、依存する人が増えても当たり前かなと思いますね。ただ、今の学生はスマホから入るためパソコンが使えない人が多く、大学でパソコンの基礎的な操作を教える授業があるようです。

――私が学生のころもパソコンの授業がありました。IT技術は15年でものすごく発展したはずなのに変わらないんですね。

遠藤 使う側の使いやすさは洗練されましたが、使える人は増えていないんです。家族全員がそれぞれスマホを使っていて、パソコンがない家も多いですよ。

――angels-eyesへのネット依存の相談は、「本人」「周囲から」のどちらが多いのでしょうか?

遠藤 一番多いのは家族からですが、「やめたいのに自分の力ではやめることができない」と本人から相談が来ることも少なくはないですね。この状態がまさに依存だと思います。親が子どものネット依存を心配して相談してくるケースが多いですが、夫が妻の、妻が夫のネット利用を相談してくることもありますね。

 ただ「子どもがネット依存だ」と相談してくる親の中には、子どもに対し過干渉な親もいます。なので、子どもがネットに依存してしまう気持ちもわからなくもない。親が変わらない限り、子どもは変われないだろうな、というケースもあります。

 そんな親にネットだけの問題ではないのでは? と言ってみても、返信が来なくなるか、「そうですね」と答えつつも、まったく届いていないだろうなと感じます。子ども相手より大人相手の方が難しいです。

 また、メール相談では、「このメールを読んだらほかの依存の掲示板などをさまよわず、一度ネットから離れてください」というのは、一貫して伝え続けています。ネットにはさまざまな意見があるので、それを延々と探し回ってしまいがちになりますので。

――事態の改善よりも、今の自分に耳あたりのいい言葉を求めさまよっている人は多そうですね。


■朝起きて最初にするのが動画サービスへのログイン

遠藤 私はネット利用の講座で中学校に行くことが多いのですが、動画にはまっている小・中学生は多いですね。動画に対しリアルタイムでコメントをしあったり、中にはYouTubeに動画をアップする子もいます。ニコ生配信のようなLIVE機能がスマホひとつで手軽にできるなど、いろいろな動画サービスが増えています。

 動画にはまっている小・中学生は、朝起きたらまず普段使っている動画サービスにログインするんです。そこには「これから学校いくー」「いってらっしゃい」「放課後どうするの?」みたいなコメントがリアルタイムであふれていて、ほかの子たちも朝からログインしている子が多い。その中には学校の友達だけでなく、ネット上だけのつながりの人もいます。当然生放送なので、何かやらかしてしまったら取り返しがつきません。

――学校もあるのに朝からそんなにつながって息苦しくないのかと思ってしまいますが、確かに中学生くらいですと友達とのコミュニケーションが楽しい時期でもありますよね。

遠藤 リアルの家族や、友達とうまく関係が築けずに、居場所のない子がネットで人とつながりができるということもありますので、ネットの人間関係の全てが悪いと言ってはいけないと思うんです。でも、会ってみて、話してみないとわからない点というのはとても多いですよね。

――ネット上の人格は、特に匿名だと偽悪的になりがちですし、あてになりませんよね。angels-eyesは2002年設立ですが、当時はまだfacebookやTwitterもありません。そのときからすでにネット依存問題を感じていたのでしょうか?

遠藤 当時はチャット依存が問題になっていました。チャットにはまって会社をつぶしてしまった人さえいました。ただこれも、チャットにはまったから会社がつぶれたのか、会社が傾き始めたからチャットに逃避したのか、経過を追わないといけませんが。


■国もネット利用を後押ししている~一億総スマホ活躍(依存)時代到来

遠藤 今朝国会を見ていたのですが、今の政権は国民にスマホの利用を推奨しています。一億総スマホ時代になるのかもしれませんね。

――災害時、緊急時に通信手段があるのは便利ですが、発言の出所が特定しやすくなると考えると怖い面もありますね。ただ、政府が後押しする以上、便利なツールは増え、やめたいのにやめることができない人もますます増えていくのかなと思います。

遠藤 今、社会のつながりはSNSなどを通じ広くはなりましたが、一方で一人の相手と向き合う関係は浅くなっています。その中で、子どもは特に安定感を求めてしまう。自己肯定感の高い子なら一人でやっていけるでしょうが、そうではない子は不安だから、人とつながって、安心、安定できる居場所を求めてしまう。それがネット依存という形となって出てきているのかなと思います。

――不安だからつながるのは、子どもだけでなく大人にも多そうですね。ネット依存の相談には、どうアドバイスしているのでしょうか?

遠藤 子どものネット依存で親が相談に来た場合は、まず家庭環境や学校などに問題がないか探りつつ、親子間で十分に会話をして、まず信頼関係を作ること、そして親が子どものネット利用を頭ごなしに否定せず、関心を持つことを薦めています。ある程度いい関係ができてきたら、子ども側にルールを決めさせます。「○時以降はネットをしない」などですね。

 本人から相談が来た場合も同じです。まずは頭ごなしに押し付けず、利用状況を聞いて、そこからルールを自分自身で作っていく。また、ネット以外に夢中になれるような対象をみつけていくことは、あきらめずにやっていったほうがいいですね。

 ネット依存の中学3年生の子は、自分でルールを作って、手書きのルールを部屋に貼り、実践していくとともに、高校進学など環境の変化もいいように働いて、すっぱり深夜のネットはやめられるようになったんです。親は子どもの依存が延々と続くと思いがちなんですが、子どもは結構一過性も多いんです。彼氏や彼女ができてぴたっとネットを見なくなるという子もいますよ。ただ、もう大人で環境の変化も乏しく、やりたいこともお金もなくて、ネットしかやることがない、という人からネットを取り上げたら途方にくれてしまうだけですので、難しい問題です。

「やめたいのにやめられない」というネット依存をなんとかしよう思う場合は、「ネットをやめよう」ではなく、「何でネットに逃避してしまうのか」を考えてみることが大切ですね。


脱ネット・スマホ中毒
(文/石徹白未亜[http://itoshiromia.com/])
http://dailynewsonline.jp/article/1080306/?page=all

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

豆知識! 日本のはんこ文化はいつからあるの?

豆知識! 日本のはんこ文化はいつからあるの?

日本では成人になると「はんこを作りましょう」なんていわれます。自分の「実印」、銀行用の「銀行印」、そして簡単な「認め印」、この3種類を用意した方がいいといわれることが多いですね。会社でも自分の「認め印」が支給されたりします。今回は、この「はんこ」のお話です。

■他の国ではサインで済むのに……

日本でははんこ、難しい言葉でいうと「印章」が広く使われています。自分の意志、また会社の意志を示すための正式な文書には、必ず自分の印章、会社の印章を押すことが求められますね。実印は市区町村に「印鑑登録」して、その公的な力を保証しておくことが必要になったりします。

このようにはんこが実効力を持っている国は現在では日本だけ、などといわれます(台湾では日本と同じように大事にされています:後述)。世界各国、特に先進国でははんこではなく、サインで用が足ります。誰でも同じ印影を作れるはんこよりも、その人固有の特徴が表れるサインの方がより確かなものとして扱われます。

持ち運びが面倒だったり、また盗まれないよう保管に気を使う必要があったりしますので、はんこを古い時代から続く厄介なものと考える人も多いのではないでしょうか。

■あの「金印」が日本に現存する最古のもの!

では、日本のはんこ文化はいつからあるのでしょうか?

日本とはんこの関わりについての歴史書の記述で、最も古い(時代を扱った)のは教科書で習った「漢委奴国王」の、あの金印についてです。中国の『後漢書』「東夷伝」に、光武帝が金印を贈った旨が記述されています。これが日本に現存する最も古い印章です。

また、『三国志』「魏書 烏丸鮮卑東夷伝倭人条」(いわゆる『魏志倭人伝』)には、魏の国から邪馬台国の卑弥呼に印章が贈られたことが記載されていますが、これはまだ発見されていません。もしかしたらいつか見つかるかもしれませんね。

*……『後漢書』は成立が宋代の5世紀、『三国志』は成立が3世紀です。

日本の書物ではんこについての最古の記述は『日本書紀』に見つけることができます。持統天皇に木製の印章が献上されたという記述(持統6年:692年)があり、恐らくこれが日本最古の印章なのではないかといわれています。残念ながらこちらも現存しません。

もちろんそれ以前に日本ではんこが使用されていた可能性はありますが、いつから使われていたかを示すはっきりした証拠はないのです。

■はんこが庶民に広く使われだしたのは……

日本で広くはんこが普及したのは、江戸時代の中期になってからとされています。そのころには、商人、(下層の)武士もはんこを使うようになりました。特に商人の場合は、取引の際に使いますので、より一般的になっていきました。

江戸時代には実印を登録する印鑑帳が作られたりしています。これなどは現在の印鑑登録につながるもので、そのはんこを押すことの公証性を担保するシステムがすでに江戸時代にあったわけです。

明治時代になってからさらにはんこの使用が広がります。近代の郵便制度や銀行制度などで、自分の名前を書く代わりにはんこを押す場面が広まったためでもあります。現在の日本のはんこ文化の基礎は江戸時代にでき、近代化とともに歩んできたわけです。サイン文化に移行せずに現在に至っているのは面白い点ですね。

■台湾でははんこ文化が生きている!

はんこなんか使っているのは日本だけ、なんていわれることが多いですが、実は台湾でもはんこ文化が生きています。日本と同じように個人を証明するものとして、印鑑登録してそのはんこを使うということが行われているのです。

ただし、日本と違うのははんこにフルネームが入っていることです。また、台湾のはんこは日本のように丸形ではなく、角形が多いようです。さらに、台湾では印鑑は開運アイテムとしてとても大事にされます。そのため書体や印影にこだわって作られるのです。

台湾に旅行すると、印章屋さんが多いことに気付くでしょう。お土産に台湾で自分のはんこを作ってみるのもいいでしょう。台湾にははんこ作りに向いた硬い石がありますので。

(高橋モータース@dcp)


https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/14619

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

温泉と医学の融合…温泉医学ってどんなことを研究してるの?

「Doctors Me(ドクターズミー)」コラム画像

皆さんは「温泉医学」という言葉を聞いたことはありますか?
あまり聞きなれない言葉だとはおもいますが、なんとなく「温泉と体の治癒ということ…?」イメージできるのではないでしょうか。世間でいわれる湯治場(とうじば)もそういった温泉医療と分類されます。

温泉医学は民間医療のような印象を持つかもしれません。いわゆる現代医療である西洋医学とは異なります。われわれ日本人としてはなじみが深く、ルーツをたどると大昔ヤマトタケルノミコトが、東方遠征の帰りに草津に立ち寄って温泉で傷を癒した……という時代まで遡る話もあるくらい、実はかなり歴史の古い医学なのです。

今回はこの温泉医学について、医師に解説していただきました。 温泉療法は先端医療でも治せない病を癒す代替医療? 現代は高度先端医療が世間では求められるようになっています。しかし、先端医療でも治療不可能であるとされる人も現実に存在しています。
そういった西洋医学では限界のある人を癒すために代替医療として温泉療法などが一部で見直されているようです。

私個人の見解としては、基本的には温泉療法はリハビリテーション医学の重要な分野であると考えており、水治療温熱療法に分類されます。

つまり、温泉水の持つ物理療法的要素である浮力・温熱・水抵抗などを利用して、理学・物理療法や水中運動が行われています。 温泉医療ではどんなことを行うの? たとえば
変形性関節症慢性腰痛症の方は、陸上での理学療法には疼痛(とうつう)のために限界がある方が多くいます。
そこで、温泉内で行われることで体に浮力が働いて陸上よりも負荷をかけることが可能となったり、温熱効果にて筋肉が弛緩してリハビリテーションの際の関節可動域も上がって、その効果を最大限に発揮することができるという効能が提唱されています。

このリハビリテーションという分野では、温泉医学がただの民間療法であると断言することはできず、実際に九州大学などの研究機関をあげて「温泉医学」を科学することを目標に学会も設立されています。現在も
「日本温泉気候物理医学会」として活動が継続されています。
温泉による基礎疾患の治療や予防が可能という研究結果も! 「日本温泉気候物理医学会」では年に一回学術集会を行っていて、様々な医療に携わるパラメディカルから経験を発表することがされており、2016年は群馬県渋川市伊香保温泉で行われるようです。

2015年に開催された内容をいくつか紹介します。
・癒しの循環器治療 ~温浴と森林浴~
・温泉気候療法による糖尿病の予防と初期治療について
・温泉療法による糖尿病患者の抗動脈硬化作用について

このように、温泉によって基礎疾患を治療・予防することができることが発表されておりました。 【医師からのアドバイス】 温泉医療が西洋医学とは異なることは、以下の2点と考えられます。
・基礎疾患に対する治療などについて効果が現れる方もいれば全く効果が出ない方がいる
・長期間継続することでようやく効果を経験することができるようになる

前述したとおり、リハビリという目的については私個人としては単純なリハビリと比較して、効率が良いと考えています。一考の意義はあるのではないかと思います。

興味のある方は学会ホームページなどを参考にしてみてはいかがでしょうか。



(監修:Doctors Me 医師)


http://dailynewsonline.jp/article/1080315/?page=all

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ